レイヤーの保存と複製

マップ作成者は、マップ内のレイヤーのプロパティを各自のニーズに合わせてカスタマイズできます。 たとえば、レイヤーのスタイルを変更したりレイヤーのポップアップをカスタマイズしたりすることができます。 フィーチャ レイヤーのプロパティに変更を加えてから、フィーチャ レイヤーをアイテムとして [マイ コンテンツ] に保存すると、自分のレイヤー構成を他のマップで利用できるようになります。

別の方法を使用してフィーチャ レイヤーのデータを同じマップ内で視覚化するには、レイヤーを複製してから、複製されたレイヤーに対して別のプロパティを構成します。 たとえば、鬱病比率がスタイル設定された病院の医療提供地域のフィーチャ レイヤーがマップに含まれているとします。 同じフィーチャ レイヤーのデータを使用してアルツハイマー病の比率を視覚化するには、このレイヤーを複製し、アルツハイマー病の比率を表示するように複製レイヤーのスタイルを構成できます。 これにより、同じフィーチャ レイヤーのデータを使用して、鬱病の比率とアルツハイマー病の比率の両方を同じマップで視覚化できます。

Map Viewer でフィーチャ レイヤーを保存または複製するには、次のオプションを使用します。

  • [保存] 保存 - 既存のレイヤー アイテムに対する変更を保存します。 このオプションは、レイヤー アイテムを所有しているか、レイヤー アイテムを編集する権限を持っている場合に使用できます。
  • [名前を付けて保存] 名前を付けて保存 - マップ内のレイヤーから [マイ コンテンツ] に新しいアイテムが作成されます。 新しいアイテムにレイヤーのプロパティが保存され、そのアイテムがマップ内のレイヤーのソースになります。
  • [複製] 複製 - マップ内の既存のレイヤーからマップに新しいレイヤーが作成されます。 複製されたレイヤーはソース レイヤーのデータを参照します。

注意:

レイヤーを複製するオプションは、ホスト フィーチャ レイヤー、ArcGIS Server フィーチャ サービス、イメージ レイヤー、タイル イメージ レイヤー、およびストリーミング フィーチャ レイヤーでのみ使用できます。 レイヤーを保存するオプションは、ホスト フィーチャ レイヤー、ArcGIS Server フィーチャ サービス、イメージ レイヤー、タイル イメージ レイヤー、ストリーミング フィーチャ レイヤー、グループ レイヤー アイテム、ルート レイヤー、およびテーブル レイヤーでのみ使用できます。 それ以外のレイヤー タイプでの複製と保存のサポートは、Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。

レイヤーの保存

フィーチャ レイヤーの構成を他のマップで使用できるようにするには、レイヤーをアイテムとして [マイ コンテンツ] に保存します。 既存のフィーチャ レイヤーのプロパティに変更を加え、ソース レイヤーのプロパティを変更することなく変更内容を保存するには、レイヤーを新しいアイテムとして保存します。 レイヤーのプロパティは、Map Viewer またはレイヤーのアイテム ページの [ビジュアライゼーション] タブで変更し、そのプロパティの変更を保存できます。

Map Viewer でレイヤーを保存するには、以下の手順を実行します。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. 保存するレイヤーを含む、所有しているマップを開くか、Map Viewer で新しいマップに必要なレイヤーを追加します。
  3. [レイヤー] ウィンドウで、保存するレイヤーの横にある [オプション] オプション をクリックしてから [名前を付けて保存] 名前を付けて保存 をクリックします。
    ヒント:
    レイヤーの保存は、[プロパティ] プロパティ をクリックし、[情報] セクションを展開して [名前を付けて保存] 名前を付けて保存 をクリックすることでも行えます。
  4. 新しいアイテムについて次の情報を入力します。
    • タイトルを入力します。
    • レイヤーの保存先となる [マイ コンテンツ] 内のフォルダーを選択します。
    • 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、レイヤーを検索しやすくするためにカテゴリを選択します。
    • タグとレイヤーを説明するサマリーを入力します。
  5. [保存] をクリックします。

    現在のレイヤー プロパティが [マイ コンテンツ] 内の新しいアイテムに保存されます。 新しいアイテムがマップ内のレイヤーのソースになります。

  6. レイヤーに対する追加の変更を保存するには、[オプション] オプション をクリックし、[保存] 保存 をクリックします。
注意:
Map Viewer でレイヤーを保存したら、Map Viewer Classic でレイヤーの変更を保存できません。

レイヤーの複製

マップ内のフィーチャ レイヤーの追加の構成を保存するには、フィーチャ レイヤーを複製してから、複製されたレイヤーに対して別のプロパティを構成できます。 複製されたレイヤーはソース レイヤーのデータを参照します。

レイヤーを複製するには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. 複製するレイヤーなどの所有するマップを開くか、Map Viewer で新しいマップに必要なレイヤーを追加します。
  3. [レイヤー] ウィンドウで、複製するレイヤーの横にある [オプション] オプション をクリックしてから [複製] 複製 をクリックします。

    ヒント:
    レイヤーの複製は、[プロパティ] プロパティ をクリックし、[情報] セクションを展開して [複製] 複製 をクリックすることでも行えます。

    複製されたレイヤーが [レイヤー] ウィンドウに追加されます。 これで、このレイヤーのプロパティを構成し、必要に応じて [マイ コンテンツ] にそのレイヤーを新しいアイテムとして保存できるようになりました。 複製されたレイヤーを新しいアイテムとして保存した場合、複製されたレイヤーの構成を変更しても、ソース レイヤーの構成には影響ありません。

検討事項

レイヤーを保存または複製する前に、次の点を考慮してください。

  • レイヤー プロパティはマップまたはソース レイヤーに保存できます。 複製されたレイヤーの各プロパティは、プロパティがソース レイヤーに保存されているのと同じ方法で保存されます。 たとえば、ソース レイヤーのポップアップがマップではなくソース レイヤーに保存されている場合、複製されたレイヤーのポップアップもソース レイヤーを参照します。 複製されたレイヤーでポップアップを構成してマップを保存した場合、ポップアップはマップに保存されます。 詳細については、「レイヤー プロパティの設定」をご参照ください。
  • ソース レイヤーに対する将来のすべての変更が、複製されたレイヤーに反映されるようにする場合は、複製されたレイヤーの構成変更を破棄して、複製をソース レイヤーのプロパティにリセットできます。 レイヤーをマップでの表示どおりに保存し、ソース レイヤーから将来の変更を継承しない場合は、それらのレイヤー プロパティを接続解除できます。 詳細については、「フィーチャ レイヤーのプロパティの管理」をご参照ください。
    注意:

    ストリーミング フィーチャ レイヤーとグループ レイヤー アイテムでは、重複レイヤー プロパティをソース レイヤーから切り離すことはできません。

  • 編集可能なフィーチャ レイヤーを複製する場合、複製されたレイヤーも編集可能になります。 複製に対して行われた編集によって、ソース データが変更されます。