グループからのアプリの作成

ArcGIS Instant Apps または ArcGIS 構成可能なアプリ テンプレートにコンテンツの共有グループを配置することで、Web アプリを作成できます。 これらのグループ ベースのアプリにはグループ内のアイテムと、グループに関する詳細 (名前や説明など) が表示されます。 テンプレートでは、アプリの外観や動作をカスタマイズするさまざまなオプションが提供されます。一部のアプリでは、グループ内のマップ、シーン、およびアプリが表示されます。 また、マップのみを表示するアプリもあります。 これらはグループ内のアイテムのコレクションを表示するため、ギャラリー アプリと呼ばれる場合があります。 使用するアプリ テンプレートが決まったら、アプリを ArcGIS Online に公開します。 アプリを ArcGIS Online に公開するには、コンテンツを作成する権限が必要です。

グループまたはグループ内のアイテムに対する変更は、アプリに反映されます。パブリックに設定されているアイテムまたはグループで共有されているアイテムがプライベートに設定されるか削除された場合、そのアイテムはアプリに表示されなくなります。アプリを別の組織またはパブリックで共有するには、グループとグループ内のすべてのアイテムをパブリックに共有する必要があります。 グループがプライベートの場合、アプリのアイテムは Web サイトにサイン インしているグループ メンバーだけに表示されます。グループの所有者としてアプリを最大多数のユーザーと共有したい場合は、グループとそのアイテムをすべてのユーザー (パブリック) が利用できるようにすることを検討してください。

グループ ページからのアプリの作成

グループ ページからアプリを作成するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていること、およびコンテンツを作成して共有する権限があることを確認します。
  2. アプリの作成に使用するグループを開きます。
  3. [概要] タブで、[Web アプリの作成] をクリックします。
  4. サムネイルをクリックしてアプリの説明を表示し、[Web アプリの作成] ボタンにアクセスします。
  5. [Web アプリの作成] をクリックすると、アプリの構成が開始されます。
  6. アプリのタイトル、タグ、サマリーを入力します。
  7. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アプリの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  8. 必要に応じて、アプリの保存先として、[マイ コンテンツ] 内の別のフォルダーを選択します。
  9. [終了] をクリックします。

    アプリが ArcGIS Online で公開され、共有されていないアイテムが [マイ コンテンツ] に追加されます。 (他のユーザーがアプリにアクセスできるようにするには、アイテムを共有する必要があります)

  10. アプリ内の構成可能なコンポーネントを変更します。
    注意:

    組織によっては、組織のメンバーが作成したアプリに対して、指定したブランドの色やロゴを適用する場合があります。 これらの共有テーマ設定をサポートするアプリを作成する場合、アプリのデフォルトのテーマの代わりに、指定した設定が適用されます。

  11. Instant Apps テンプレートを選択した場合は (高速セットアップまたは完全セットアップを使用)、[公開] をクリックして、変更内容を保存および公開します (または、アプリのアイテム ページから構成に戻り、下書きに変更を加えて後から公開します)。 それ以外の場合は、完了したら [保存] をクリックし、[閉じる] をクリックします。