ArcGIS Configurable Apps テンプレートの選択

ArcGIS Online には、ユーザーにストーリーを生き生きと伝えられるアプリ テンプレート (ストーリーなど) を提供する Configurable Apps が含まれています。 ほとんどのアプリ テンプレートでは、マップを作成するだけで作業の大半が完了します。 テンプレートを使用していくつかのオプションを選択すると、ユーザーがマップの特定の操作をできるようになります。 ユーザーが誰であるのか、そのユーザーがマップをどのように使用するのかを明確にすることで、最適なアプリを選択して、ユーザーに必要なメッセージを伝えることができます。

どのアプリ テンプレートを使用するかを決定する際に考慮すべき事項を以下に示します。

  • 目的 - 最も重要な考慮事項はアプリの目的です。この目的には、対象ユーザーが含まれます。誰がアプリを使用するのか、ユーザーに経験から学んでほしい重要ポイントは何かということです。
  • 機能 - その目的のために必要な必須機能は何か。
  • 美的価値 - どのようなアプリのレイアウトや配色が、自身のブランドやメッセージに合うのか。
    メモ:

    組織によっては、組織のメンバーが作成したアプリに対して、指定したブランドの色やロゴを適用する場合があります。 これらの共有テーマ設定をサポートするアプリを作成する場合、アプリのデフォルトのテーマの代わりに、指定した設定が適用されます。

Configurable Apps ギャラリーにある注目のアプリ テンプレートを以下に示します。目的に応じてカテゴリ別に分けられています。 複数のカテゴリに分類されているものもあります。 各カテゴリ内のアプリの説明を読むと、そのカテゴリ内のどのアプリを選択すればよいかがわかります。

メモ:

組織に構成済みのカスタム ギャラリーがある場合は、これらのアプリ テンプレートは表示されません。

ストーリーの構築

以下のアプリを使うと、信頼できるマップに注釈のテキスト、画像、およびマルチメディア コンテンツを組み合わせることでストーリーを伝えることができます。 マップによるストーリーテリングの詳細については、ArcGIS StoryMaps Web サイトをご参照ください。

  • 基本ストーリー マップ - 必要最低限のユーザー インターフェイスでマップを表示します。 タイトル バーとオプションの凡例を除けば、マップが画面全体を占めます。 マップを見せることがアプリの主な目的である場合に適しています。
  • ストーリー マップ カスケード - 注釈テキスト、マップ、シーン、画像、ビデオを使用して、没入型の全画面表示のスクロール型ストーリーを作成できます。
  • ストーリー マップ ジャーナル - 記事の各見出しを構成し、説得力のあるマップベースのアプリを作成します。 特に大量のテキストや豊富な多数のコンテンツがある場合に、テキスト、マップ、画像、およびビデオを組み合わせたマルチメディア ストーリーの作成に適しています。
  • ストーリー マップ シリーズ - さまざまなマップまたはメディアを提供します。 タブ、番号付き箇条書き、または展開できるサイド アコーディオンを使用できるようアプリを構成できます。 ストーリーを伝えやすくするために、画像、ビデオ、および Web コンテンツをサイド パネルに含めることもできます。
  • ストーリー マップ ショートリスト - 使いやすい複数のタブに対象地域を整理して表示できます。
  • ストーリー マップ スワイプおよびスパイグラス - 2 つのマップを比較したり、1 つのマップ内で 2 つのレイヤーを比較したりします。 変更前と変更後の画像や、時間の経過に伴うその他の変化を表示する場合に適しています。
  • ストーリー マップ ツアー - 動的なマップと連動し、ジオタグが付いた各写真と説明の構成で、その場所を説明するアプリを作成できます。 徒歩旅行またはユーザーに順番に辿らせたい場所の表示に適しています。

データの収集と編集

このカテゴリのアプリは主にデータ収集に使用されます。 データ ソースは、特定の専門家から提供される場合もあれば、一般ユーザーから提供される場合もあります。

  • Crowdsource Manager - クラウドソーシングされた情報を確認し、ステータスやアサインメントなどの属性を更新する機能を提供します。 Crowdsource Reporter や ArcGIS Survey123 などのアプリを使用してデータが収集されるため、複数のレイヤーおよびマップでクラウドソーシングされたデータを収集するのに適しています。 編集可能なフィーチャ レイヤーを含む 1 つ以上のマップで構成されるグループが必要です。
  • Crowdsource Polling - 一連の提案、計画、またはイベントに関する意見を収集し、それらに関する世論を評価する機能を提供します。 添付ドキュメントなど、各提案、計画、イベントの詳細を含むフィーチャのリストとマップがユーザーに提供されます。 これらのユーザーは、投票およびコメントの形式で意見を送信できます。
  • Crowdsource Reporter - 1 つのアプリ内のクラウドソーシングされたさまざまな問題または観測を収集する機能を提供します。複数のレイヤーおよびマップでクラウドソーシングされたデータを収集するのに適しています。 編集可能なフィーチャ レイヤーを含む 1 つ以上のマップで構成されるグループが必要です。 では使用できません。
  • GeoForm - マップのポップアップではなく、フォームを使用してデータを入力する形式を提供します。 データを入力する際に、ポップアップよりもフォームの方が直感的でやりやすいと思うユーザーに適しています。
  • 基本ビューアー - 一般的な目的で使用するマッピング アプリにおける編集機能を提供します。これは、ユーザーの編集作業をサポートするために、ユーザーがマップに関する別のツールや情報を必要としている場合に適しています。

マップとレイヤーの比較

これらのアプリは、地理的現象の比較に使用します。どの現象を比較対象として選択するかは、目的によります。

  • 比較 - 2 つのマップ、2 つのシーン、またはマップとシーンを横または縦に並べて比較します。 たとえば、このアプリを使用して、さまざまな異なる分析方法から得られた結果、複数の場所における世帯収入の違い、1 つの場所における世帯収入と不動産価値の違いなどを表示できます。 また、このアプリは、価値を比較できるよう、各マップまたはシーンで同じフィーチャに対して複数のポップアップを開く機能も提供します。
  • ポートフォリオ (ベータ) - 一連のマップやアプリ、その他のコンテンツ (画像など) を提示します。 トピックが共通する多数のマップとアプリのシンプルなインタラクティブ表示を作成するのに最適です。
  • ストーリー マップ シリーズ - 表示するマップまたは位置が多数ある場合や各マップにテキストなどのコンテンツを含めたい場合に適しています。
  • ストーリー マップ スワイプおよびスパイグラス - 2 つのマップの違い、または 1 つのマップ内の 2 つのレイヤーの違いを表示します。 たとえば、現在の海面と予測される上昇海面の差を表示したり、あるエリアの竜巻発生の前後の状況の違いをマップ ビューで大縮尺で詳しく調べたりするのに適しています。 ここでは、スワイプまたはスパイグラス オプションの使用がサポートされています。1 つのマップでスワイプ レイヤーを構成するか、比較用に 2 つのマップを設定します。

シーンの表示

3D ビューアー アプリを使用して、シーンを対話的に操作します。 スライドや検索など、シーンをナビゲートするためのオプションのツールで、対象エリアをデュアル表示します。

データの探索と集計

このカテゴリ内のアプリを使用すると、ユーザーは、属性 (場合によってはその他のサービスも含む) を操作し、マップのコンテンツをより詳しく調べることで、表示が対話的で視覚化されたデータを作成することができます。

  • 添付ファイル ビューアー - ユーザーに没入型の体験をもたらし、ユーザーはページを移動してレイヤーのフィーチャを一度に 1 つずつ参照し、画像、ビデオ、および PDF の添付ファイルを閲覧することができます。 このビューアーは、ArcGIS CollectorArcGIS Survey123 などの ArcGIS アプリを使用して収集したデータと画像を表示するのに適しています。 このアプリは、デスクトップ ブラウザーとモバイル ブラウザーのどちらでも使用できるように最適化されています。
  • 標高グラフ - マップ内の選択されたライン フィーチャ、または計測ツールを使用して描画されたラインに基づいて、標高グラフを生成します。 山道またはルートに沿った標高の変化を表示するのに適しています。
  • ジオ リスト (ベータ版) - 属性の最大値または最小値に基づいて並べられたフィーチャのリストを表示します。 リストのフィーチャは、一度に 1 つずつ参照できます。
  • 対話形式の凡例 - 凡例に定義されている目的のカテゴリまたは範囲をクリックして、マップ内に注目のフィーチャ レイヤー ビューを作成します。 これにより、ユーザーは包括的にマップを探索したり、最も関連性の高いカテゴリに注目したりすることができるようになります。

画像の解釈

これらのアプリを使用し、検索、視覚化、解析、観測記録のためのツールを使用して、画像を解釈します。

  • Image Mask - 経時的な変化があった画像領域や、計算されたインデックスに対してユーザーが設定した閾値を満たす画像領域を特定します。
  • Image Visit - 事前設定された画像内の一連の位置の属性を確認します。
  • Imagery Viewer - 時間と空間を経て画像を視覚化し、探索します。

ギャラリーの作成

これらのアプリを使用すると、あらゆる地理コンテンツへの便利なアクセス ポイントとして使用できるマップ、アプリ、その他のコンテンツのギャラリーが作成できます。 これらのアプリにはグループが必要です。

  • カテゴリ ギャラリー - アプリ、マップ、レイヤーのギャラリーを作成して、対話形式でギャラリー内のコンテンツをフィルタリングできます。 アプリの作成者は、グループ コンテンツをテーマまたはトピックに分類してから、フィルタリング オプションとしてユーザーに公開することができます。
  • レイヤー ショーケース - レイヤーのコレクションを表示します。 ユーザーは、グループからレイヤーベースのコンテンツを検索したり、マップまたはシーン内のレイヤーを表示したり、アプリでレイヤーに基づいてマップまたはシーンを作成したりすることができます。
  • ミニマル ギャラリー - 最小限のカードベースのギャラリーのグループから、アイテムを表示します。

ソーシャル メディア マップ

ストーリー マップ ツアー アプリを使用してマップにソーシャル メディア コンテンツを含めると、テーマや場所に関連するコンテンツを使用してメッセージを補足することができます。 対話的なマップにリンクされ、ジオタグが付いた一連の写真とキャプションの形式で、連続的な場所ベースの注釈を提示します。

ローカル情報の入力

これらのアプリを使用すると、その場所で使用できるリソースをハイライト表示できます。 ある場所から一定距離内のすべてのフィーチャをハイライト表示する、ユーザーに自分の住所が特定の地理領域内に位置することを知らせる、といったオプションがあります。

  • Crowdsource Polling - ある地域の提案または問題に対する住民の意見を募集するためのフォーラムを提供します。
  • 近傍 - 指定した住所の近くにある関心度の高い場所を検索できるようにサポートします。 このアプリは、人々が、指定した住所または地名の検索距離内にある関心の対象となるタイプの場所 (学校など) を検索する際に役立ちます。 必要に応じて、距離値を編集して検索範囲を調整し、指定の場所までの距離を取得することができます。 このアプリは、デスクトップ ブラウザーとモバイル ブラウザーのどちらでも使用できるように最適化されています。
  • ストーリー マップ ツアー - 対象のポイントを連続的な注釈の一部としてハイライト表示します。 歴史的なランドマークのコレクションのハイライト表示、地方自治体の開発プロジェクトの表示、町の象徴的な川沿いの歩道の紹介などを行う場合に適しています。
  • ゾーン ルックアップ - 特定の場所または住所と交差しているゾーンや地区を簡単に特定することができます。 このターゲットを絞ったアプリでは、周辺エリア内の位置と対象フィーチャを詳しく調査できます。 このアプリは、デスクトップ ブラウザーとモバイル ブラウザーのどちらでも使用できるように最適化されています。

ルートとルート案内

近傍アプリを使用して、指定した住所の近くにある関心度の高い場所を検索できるようにサポートします。 このアプリは、人々が、指定した住所または地名の検索距離内にある関心の対象となるタイプの場所 (学校など) を検索する際に役立ちます。 必要に応じて、距離値を編集して検索範囲を調整し、指定の場所までの距離を取得することができます。 このアプリは、デスクトップ ブラウザーとモバイル ブラウザーのどちらでも使用できるように最適化されています。

メモ:

ルートの生成には組織または開発者のアカウントが必要で、クレジットを消費します。

マップの紹介

このカテゴリには、主題図または一般マップを表示するためのオプションが数多く含まれています。 アプリには、ユーザーがマップのメッセージを理解しやすくするための凡例、説明、その他の基本ツールが含まれています。 構成可能な検索機能もサポートされています。ストーリー マップ - 基本を除くすべてのアプリで、特定のフィーチャに対してマップを開くための URL パラメーターの使用がサポートされています。 これらのアプリに要件はありません。そのまま使用することができ、マップやアプリの構成は不要です。 マップを見せることがアプリの主な目的である場合に適しています。

アプリによって若干の機能の違いがありますが、主な違いは外観です。 アプリを Map Viewer Classic でプレビューして、さまざまな構成オプションを確認してみることをお勧めします。

  • 基本ビューアー - フローティング パネル内で通常使用されるツールのセットを表示します。 マップに使用できる画面サイズを最大に保ちながら、ツールのコレクションのニーズのバランスをとる場合に適しています。 アプリには、レイヤーの表示設定の切り替え、マップの印刷、フローティング パネルでのポップアップの表示といった機能が含まれています。
  • メディア マップ - 基本的なツールとマップ ナビゲーションを限定するためのオプション セットを備えた対話形式のマップを表示します。 必要に応じて、対話的スライダーを追加して、時間対応のデータをアニメーション表示できます。 このアプリは、Web ページまたはスタンドアロン アプリの小さなスペースに収まるように設計されています。
  • Minimalist - ズーム スライダーと縮尺記号だけを含むマップを表示します。マップに使用できる画面サイズを最大にします。 アプリには、サイド パネルに凡例、説明、またはポップアップ情報を表示するオプションが含まれています。
  • 基本ストーリー マップ - タイトル バーを含むマップを表示します。マップに使用できる画面サイズを最大にすることができます。 アプリには、凡例を表示するためのオプションが含まれています。