レイヤー プロパティの設定

Map Viewer[プロパティ] ウィンドウは、マップのレイヤーに関する情報に加え、レイヤーの複数の構成オプション (スタイル設定ブレンド モード透過表示表示範囲など) へのクイック アクセスを提供します。

マップ作成者が手掛けるマップには、組織の内外の他の ArcGIS Online ユーザーが所有するレイヤーが含まれることが多々あります。 通常、このようなレイヤーは、それぞれの所有者が構成したスタイル設定、ポップアップ、およびその他のプロパティですぐに使用できるように作成されています。

マップ内のレイヤーのプロパティを各自のニーズに合わせてカスタマイズできます。 デフォルトでは、マップのフィーチャ レイヤーのプロパティに対して加えた変更はマップの保存時にマップに格納されます。 つまり、自分が所有していないフィーチャ レイヤーのプロパティをカスタマイズした場合、それ以降にレイヤーの所有者がレイヤー プロパティに加えた変更はマップには反映されません。 レイヤーの所有者がそれ以降にレイヤー プロパティに加えた変更がマップに継承されるようにする場合は、[プロパティ] ウィンドウの [情報] ページでマップのフィーチャ レイヤーのプロパティをリセットできます。

以下の各セクションでは、マップのフィーチャ レイヤー プロパティを表示および管理する方法について説明します。

ヒント:

キーボード ショートカットを使用すると、Map Viewer の一般的なワークフローを短時間で完了できます。 Map Viewer のキーボード ショートカットの全リストを表示するには、Microsoft Windows では Alt + ? キー、Mac では Option + ? キーを押します。

フィーチャ レイヤー プロパティの表示

[プロパティ] ウィンドウの [情報] セクションは、マップで選択されたフィーチャ レイヤーに関する基本情報を提供します。 これには、ソース レイヤーの名前や、ソース レイヤーのアイテム ページへのリンクなどがあります。 このセクションでは、スタイル設定、クラスタリング、ポップアップなどのレイヤー プロパティのステータス (ソース レイヤーに格納されているか、あるいは Web マップに格納されているか) も示します。

最初にフィーチャ レイヤーをマップに追加すると、すべてのプロパティがソース レイヤーに格納されます。 スタイルなど、マップのレイヤー プロパティを変更すると、関連付けられたプロパティのスタイルが [ソース レイヤーに格納] から [Web マップに格納] に変更されます。

レイヤー プロパティのステータスなど、レイヤー プロパティ情報を表示するには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、フィーチャ レイヤーを含むマップを開くか、新しいマップにフィーチャ レイヤーを追加します。
  3. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックします ([レイヤー] ウィンドウがまだ開いていない場合)。
  4. [プロパティ] ウィンドウで [情報] セクションを展開します。
  5. 次のいずれかを実行します。
    • [ソース レイヤー] で、レイヤー名をクリックして、レイヤーのアイテム ページを表示します。
    • [すべてのプロパティはこの Web マップに格納されています] メッセージが表示された場合、[情報] Information をクリックし、[データ プロパティ] セクションか [表示設定プロパティ] セクションを必要に応じて展開すると、マップに設定されているプロパティ ([Web マップに格納]) と、ソース レイヤーから継承したプロパティ ([ソース レイヤーに格納]) を確認できます。
      注意:

      [すべてのプロパティはソース レイヤーに格納されています] メッセージが表示された場合、[情報] ボタンをクリックすると、レイヤーのどのプロパティもマップに設定されていないことを確認できます。

  6. 終了したら、[プロパティ] ウィンドウを閉じます。

フィーチャ レイヤー プロパティの管理

デフォルトでは、マップのフィーチャ レイヤーのプロパティに対して加えた変更はマップに格納され、ソース レイヤーからは接続解除されたままになります。 つまり、ソース レイヤーのこれらのプロパティに対して変更を行っても、マップには反映されません。

たとえば、マップに ArcGIS Living Atlas の国勢調査データのフィーチャ レイヤーがあるとします。 ArcGIS Living Atlas のレイヤーにはカスタム スタイルとポップアップが構成されていますが、別のカラー ランプを使用するようにスタイルを変更します。 マップを保存すると、新しいカラー ランプがマップに格納され、ArcGIS Living Atlas ソース レイヤーのスタイル プロパティから接続解除されます。 つまり、カラー ランプを変更しても ArcGIS Living Atlas レイヤーのカラー ランプは変更されず、ArcGIS Living Atlas レイヤーのカラー ランプに対する変更はマップには表示されません。 ArcGIS Living Atlas レイヤーのポップアップなどのその他のプロパティは、マップで構成して保存しない限り、引き続きソース レイヤーから継承されます。

しかし、マップのレイヤーと元のソース レイヤーの構成を接続しておき、ソース レイヤーのプロパティに加えた更新が常にマップにも表示されるようにするには、レイヤーをリセットして、ソース レイヤーのプロパティを継承することができます。 たとえば、マップのレイヤーに加えられた変更にかかわらず、フィーチャ レイヤーのプロパティへの変更がマップに反映されるようにする場合などです。 レイヤーをソース レイヤーのプロパティにリセットすると、マップのレイヤーに加えられたすべての変更内容が、ソース レイヤーのプロパティによって上書きされます。 これは、スタイル設定などの個々のプロパティについて行うことも、すべてのプロパティについて一度に行うこともできます。 必要であれば、レイヤー プロパティを随時接続解除して、マップに対する独自の変更を保持することができます。

ヒント:

元のレイヤーの作成者のスタイル設定を維持しながら、同じデータを別の視点から表示するには、フィーチャ レイヤーを複製し、そのスタイル設定をマップに保存します。 フィーチャ レイヤーを新しいレイヤー アイテムとして [マイ コンテンツ] に保存することで、自分のレイヤー構成を他のマップで利用することもできます。

ソース レイヤーのプロパティへのリセット

マップにレイヤー プロパティを構成したら、レイヤーをソース レイヤーのプロパティにリセットするよう選択できます。 リセットすると、Web マップのレイヤーに構成されたプロパティが破棄され、今後ソース レイヤーに対して加えられる変更がマップに反映されます。

注意:

この動作は、レイヤーの構成にのみ適用されます。 レイヤーのデータに加えられた更新 (新しいフィーチャ、編集されたフィーチャなど) は常にマップに反映されます (ただし、サービス レベルで設定されたフィルターなど、データ ソースへの変更や、ソース データで設定されたその他の動作は除きます)。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、フィーチャ レイヤーを含むマップを開くか、新しいマップにフィーチャ レイヤーを追加します。
  3. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックします ([レイヤー] ウィンドウがまだ開いていない場合)。
  4. [レイヤー] ウィンドウで、Web マップで 1 つ以上のプロパティが構成されているレイヤーをクリックします (例: クラスタリングが有効になっているなど)。

    [プロパティ] ウィンドウが表示されます。

  5. [プロパティ] ウィンドウで [情報] セクションを展開します。

    [すべてのプロパティはこの Web マップに格納されています] メッセージが表示されます。

  6. [レイヤー プロパティの管理] をクリックします。
  7. [ソース レイヤーのプロパティへのリセット] をクリックします。

    レイヤーが更新され、ソース レイヤーの構成が表示されます。マップに設定されたレイヤー プロパティは破棄されます。

  8. [レイヤー プロパティの管理] ウィンドウを閉じます。
  9. マップを保存します。

    これで、レイヤー プロパティはソース レイヤーから直接構成されます。

レイヤー プロパティの接続解除

変更したものも、変更していないものも含め、すべてのレイヤー プロパティをマップ上でそのまま残したい場合は、すべてのレイヤー プロパティをソース レイヤーから接続解除できます。 これにより、ソース レイヤーのプロパティに対する変更はマップに反映されなくなります。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、フィーチャ レイヤーを含むマップを開くか、新しいマップにフィーチャ レイヤーを追加します。
  3. [コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーにある [レイヤー] Layers をクリックします ([レイヤー] ウィンドウがまだ開いていない場合)。
  4. [レイヤー] ウィンドウで、ソース レイヤーのプロパティにリセットされたレイヤーをクリックします (前のセクションを参照)。

    [プロパティ] ウィンドウが表示されます。

  5. [プロパティ] ウィンドウで [情報] セクションを展開します。

    [すべてのプロパティはソース レイヤーに格納されています] メッセージが表示されます。

  6. [レイヤー プロパティの管理] をクリックします。
  7. [レイヤー プロパティの接続解除] をクリックします。

    ソース レイヤーのプロパティは、マップに格納されたレイヤー プロパティから接続解除されます。

  8. [レイヤー プロパティの管理] ウィンドウを閉じます。
  9. マップを保存します。

    これで、すべてのレイヤー プロパティにこれ以降に加えられる変更はマップに格納され、ソース レイヤーのプロパティの変更内容は反映されなくなります。