透過表示と表示範囲の設定 (Map Viewer)

マップ内のレイヤーの透過表示と表示範囲を設定できます。

透過表示の設定

マップ内のレイヤーの透明度または不透明度を変更することで、下にあるレイヤーを見やすくしたり、見えにくくしたりすることができます。 レイヤーの透明度は 0% ~ 100% まで調整することができます。 レイヤーの透明度が高いほど、そのレイヤーはマップ上で見えにくくなり、他のレイヤーが見えやすくなります。 たとえば、特定のレイヤーを完全に表示し、その他のレイヤーの透明度を高くして、マップ内でそのレイヤーを強調することができます。

透過表示は、レイヤー全体に対して設定することも、データに数値または日付属性が存在する場合にこれらの属性の 1 つに基づいて設定することもできます。

ヒント:

各レイヤーを相互に関連付けて描画する方法を細かく調整する場合は、ブレンド モードの使用をお試しください。 また、透過表示とフィーチャ固有の効果を組み合わせて、レイヤー内のフィーチャのサブセットをハイライト表示することもできます。

レイヤーの透過表示の設定

レイヤーの透過表示は [プロパティ] ウィンドウで設定します。

ヒント:

透過表示を高密度なデータセットに適用する際の推奨事項については、「高密度なデータの視覚化に関するベスト プラクティス」をご参照ください。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. [レイヤー] ウィンドウで、レイヤーをクリックして選択します。
  4. 必要な場合、[設定] (明るい背景の) ツールバーの [プロパティ] Properties をクリックします。
  5. [透過表示] セクションで、透過表示スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。
  6. マップを所有している場合、[保存して開く] Save and open をクリックして、[コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [保存] をクリックすると、透過表示設定がマップに保存されます。

属性値に基づいて透過表示を設定

ほとんどのスマート マッピング スタイルを使用してレイヤーのスタイルを設定する場合、位置に関連付けられた数値データまたは日付データがあれば、レイヤー内のフィーチャごとに透過表示を設定できます。 データ内の属性値に基づいて透過表示を設定すると、数値属性に基づいて、各位置に適用する透明度を変えることができます。 たとえば、レイヤーに収入データが含まれている場合、収入に比例して各位置の透過表示を調整できます。

注意:

カテゴリ イメージ レイヤーでは、属性値に基づく透過表示の設定はできません。

  1. スタイルのワークフロー」に記載された最初の 5 つの手順を実行します。
  2. [スタイル] ウィンドウで、描画スタイルを選択して、[スタイル オプション] をクリックします。
  3. [スタイル オプション] ウィンドウで、[属性による透過表示] をクリックし、[属性値に基づいて透過表示を設定] 切り替えボタンをオンにします。
    注意:

    [属性による透過表示] オプションは、ドット密度やヒート マップなど、一部のスマート マッピング スタイルには使用できません。

  4. [属性] ドロップダウン メニューをから、透過表示の基準として使用する数値属性または日付属性を選択します。
    ヒント:

    属性フィールドの代わりに、Arcade で記述したカスタム属性式を使用できます。 [式の使用] Use expression をクリックし、エディター ウィンドウを使用して式を作成します。

    また、既存の式を使用して新しい式を作成することもできますが、一部の変数がすべてのプロファイルで有効ではない場合があります。たとえば、ポップアップ用に作成された式はスタイルに使用できないことがあります。 既存の式を使用するには、エディター ウィンドウの [既存の式] タブから式を選択します。

  5. 必要に応じて、データの標準化または正規化に使用する属性を [除数] ドロップダウン メニューから選択します。この属性は、たとえば、人口を面積で割ったり、費用を総人口で割ったりするために使用します。
  6. スライダー ハンドルの位置を調整して、適用する透過表示のグラデーションを変更します。 または、スライダー ハンドルの横にある数値をクリックして、正確な値を入力します。 ヒストグラムの詳細を拡大するには、[スライダーの拡大] Magnify slider をクリックします。 元のスライダーの位置に戻るには、[スライダー位置のリセット] Undo をクリックします。
  7. [透過表示範囲] で、ランプの上限と下限の透明度のパーセント値を調整します。 なお、透明度 0 パーセントは塗りつぶし色 (完全に不透明) です。
  8. 必要に応じて、[凡例に含める] 切り替えボタンをオフにして、凡例の透明度ランプを非表示にします。
  9. マップを所有している場合、[保存して開く] Save and open をクリックして、[コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [保存] をクリックすると、透過表示設定がマップに保存されます。

表示範囲の設定

マルチスケールのマップを使用すると、建物から地球全体まで、ズーム レベルとも呼ばれるさまざまな縮尺範囲の地理データを表示できます。 コンテンツが描画されるズーム レベルを指定することを、表示範囲の設定と呼びます。 ほとんどのデータはすべてのズーム レベルで表示する必要はないため、必要な表示範囲を確認し、必要に応じて変更することをお勧めします。 マップには、それぞれに独自の表示範囲が設定された多くのレイヤーを含めることができます。 また、レイヤー内のフィーチャをラベリングするための表示範囲を指定することもできます。

ヒント:

表示範囲を高密度なデータセットに適用する際の推奨事項については、「高密度なデータの視覚化に関するベスト プラクティス」をご参照ください。

表示範囲が事前に定義されたデータをマップに追加すると、マップではその表示範囲が使用されます。 この表示範囲は、手動で設定して更新できます。 そのため、マップを拡大/縮小すると、マップ上のさまざまなレイヤーが推奨される表示範囲に応じてオンまたはオフになります。

ヒント:

レイヤーが範囲外にある場合、そのレイヤーの名前は、範囲内にあるレイヤーよりも明るいグレーで [レイヤー] ウィンドウに表示されます。

  1. サイン インしていることを確認します。変更を保存する場合は、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。

    注意:
    マップの探索やレイヤーの構成など、さまざまな操作をサイン インせずに行えます。 作業内容を保存するには、マップを作成する前にサイン インします。

  2. Map Viewer で、レイヤーを含むマップを開くか、直接レイヤーを追加します。
  3. [レイヤー] ウィンドウで、レイヤーをクリックして選択します。
  4. 必要な場合、[設定] (明るい背景の) ツールバーの [プロパティ] Properties をクリックします。
  5. [表示範囲] セクションで、次のいずれかの操作を実行して、最大ズーム レベルを設定します。
    • スライダー ハンドルを最大ズーム レベルまでドラッグします。 スライダーの下の最大ズーム縮尺ドロップダウン メニューを使用して、最適なズーム レベル ([世界][国] など) を選択します。
    • スライダーの下のドロップダウン メニューをクリックし、[カスタム] をクリックして最大ズーム レベルを入力します。
    • スライダーの下のドロップダウン メニューをクリックし、[現在の表示範囲] をクリックして、現在のマップの表示範囲を使用します。
  6. 上記の手順を繰り返して最小ズーム レベルを設定します。
  7. マップを所有している場合、[保存して開く] Save and open をクリックして、[コンテンツ] (暗い背景の) ツールバーの [保存] をクリックすると、表示範囲設定がマップに保存されます。

このトピックの内容
  1. 透過表示の設定
  2. 表示範囲の設定