アプリのマップ オプションの設定

ArcGIS には、Web ブラウザー、モバイル デバイス、およびデスクトップ マップ ビューアーでマップを表示するのに使用できる、すぐに使用できるアプリがあります。 これらのアプリの中には、マップに基づいて表示と非表示を切り替えることができる構成可能な機能を持つものがあります。 このような機能には、追跡、場所と住所の検索、レイヤー内のフィーチャ検索が含まれます。 マップ作成者は、マップのアイテム ページでこれらの機能をアプリケーション プロパティで設定します。

  1. Map Viewer または Map Viewer Classic でマップを作成して保存します。
    ヒント:

    Windows で ArcGIS Collector を使用している場合、または ArcGIS Field Maps編集機能が有効なマップを使用している場合、マップに編集可能なフィーチャ レイヤーが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。

  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブで、マップの名前をクリックしてアイテム ページを開きます。
  3. [設定] タブをクリックし、[Web マップ設定] の下にある [アプリケーション設定] セクションまで下にスクロールします。
  4. 有効にする設定を選択します。
    • [検索の有効化] - ユーザーがレイヤー内のフィーチャ、テーブル内のレコード、またはマップ内の住所を検索できるようにします。

      検索オプションを構成して、マップを使用するアプリで検索機能を有効にします。

      注意:

      レイヤーの検索は、Map ViewerMap Viewer Classic、およびユーザーがマップで検索できるようにする他のほとんどのアプリでサポートされています。 現在、テーブル内のレコードの検索は ArcGIS Runtime SDK アプリでのみサポートされています。

      マップ内の住所を検索する機能は、[住所] が選択されているかどうかに関係なく、Map ViewerMap Viewer Classic、およびほとんどのアプリでデフォルトでサポートされています。 一部の ArcGIS アプリでは、住所による検索は、[住所] チェックボックスをオフにすると無効化できます。 [住所] 検索オプションの無効化が特定の ArcGIS アプリでサポートされているかどうかを確認するには、アプリのドキュメントをご参照ください。

    • [位置情報の共有] - ユーザーがモバイル作業者を追跡できるようにします。

      これは、[位置の追跡] テンプレートから作成されたホスト フィーチャ レイヤーが含まれているマップでサポートされています。 モバイル作業者の位置を記録する頻度を指定するには、ドロップダウン メニューから追跡の時間間隔を選択します。

    • [ArcGIS Collector で使用] - Windows でモバイル作業者が編集可能なレイヤーを含むマップを ArcGIS Collector で表示できるようにします。 Windows で Collector にマップが表示されないようにする場合は、このチェックボックスをオフにします。
      注意:

      ArcGIS Field Maps で、編集機能が有効なマップを使用してデータを収集するには、[ArcGIS Collector で使用] チェックボックスをオンにする必要があります。

    • [ArcGIS Field Maps Mobile で使用] - モバイル作業者が編集可能なレイヤーを含むマップを ArcGIS Field Maps モバイル アプリで表示できるようにします。ArcGIS Field Maps モバイル アプリでマップを非表示にするには、このチェックボックスをオフにします。
  5. [保存] をクリックして、有効にした設定でマップを更新します。