アイテムの構成

デフォルトの管理者および正しい権限を持つ管理者は、組織が所有しているアイテムのコメントおよびメタデータを構成できます。 組織のカテゴリを構成することもできます。

  1. デフォルトの管理者または組織の設定を管理するための適切な権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  3. ページの左側にある [アイテム] をクリックします。
  4. 以下のアイテム設定のうちのいずれかを構成します。

コメント

組織内のアイテムに対するコメントを表示および許可するには、[組織内のアイテムに対するコメントを表示および許可] 切り替えボタンをオンにします。 この切り替えボタンをオフにした場合、コメントは追加できず、組織が所有するアイテムに対するコメントを表示できません。

メタデータ

[組織用のメタデータの有効化] トグル ボタンをオンにすると、組織のメタデータを有効化して、ドロップダウン リストからスタイル (FGDC CSDGM Metadata、INSPIRE Metadata Directive、ISO 19139 Metadata Implementation Specification GML3.2、ISO 19139 Metadata Implementation Specification、または ISO19115 2003 の North American Profile) を選択することができます。

スタイルは、メタデータの表示方法およびメタデータの作成に利用可能なフィールドを制御します。 メタデータを有効化することで、組織サイトのメンバーは、組み込みメタデータ エディターを使用して、アイテムに規格準拠のメタデータを追加することができます。 このメタデータが追加されると、アイテムにアクセスできるユーザーは、組織サイトに構成されているスタイルでメタデータを表示することができます。

組織のカテゴリ

[カテゴリの構成] をクリックして、コンテンツを整理するための階層カテゴリを構成できます。 組織のカテゴリの設定を選択した場合、独自のカスタム カテゴリを作成したり、開始点として ArcGIS の標準カテゴリ セット (ArcGIS Living Atlas of the World で表示されます)、ISO (International Organization for Standardization) または INSPIRE を使用することができます。 カテゴリを構成したら、メンバーが検索や参照時により簡単に必要なコンテンツを検索できるように、カテゴリを使用して組織内のアイテムを整理できます。

メモ:

[カテゴリの構成] をクリックすると、カテゴリの追加、削除、名前変更、順序変更をいつでも実行できます。 編集内容は、これまで分類したすべてのアイテムに適用されます。

関連語句を使用して検索 (ベータ版)

切り替えボタンをオンにすると、組織のメンバーが入力した同義語および関連語句に基づいた結果が表示されます。 現時点では、このベータ版の設定は、デフォルト言語が英語に設定されている組織のみが使用できます。