位置のトラッキングの有効化

位置のトラッキングは、組織全体で利用できるエクステンションであり、ユーザーの現在地と過去の位置を記録できます。 位置のトラッキングを有効にすると、組織内のライセンスが付与されたユーザーは、Tracker モバイル アプリを使用して、位置を位置のトラッキング レイヤーにアップロードすることができます。 トラックは位置のトラッキング レイヤー内で安全に保たれています。ユーザーには自身のトラックのみが表示され、他のユーザーのトラックを表示するには追加の権限が必要となります。 位置のトラッキングを有効にした場合、管理者は Track Viewer Web アプリでトラック ビューを作成して、組織内の他のユーザーと最新位置を共有し、データをトラッキングすることができます。

ArcGIS Tracker は、Track Viewer Web アプリと ArcGIS Tracker モバイル アプリの 2 つのアプリで位置のトラッキング レイヤーを使用して、組織サイトで位置のトラッキングを提供できるようにします。 Track Viewer Web アプリを使用すると、管理者はトラック ビューを作成し、ビューにトラックを含めるユーザーとそのトラックを表示できるユーザーを定義できます。 Tracker モバイル アプリはバックグラウンドでの位置のトラッキングに最適化されており、デバイスのバッテリーへの影響を最小限に抑えます。 モバイル アプリでは、データ接続の有無にかかわらずトラックが記録され、モバイル ユーザーはトラッキングされるタイミングとされないタイミングをコントロールできます。

次の手順を実行してメンバーの位置のトラッキングを有効にします。

  1. デフォルトの管理者またはユーティリティ サービス設定を管理するための管理権限を持つカスタム ロールとして組織サイトにサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  3. ページの側面にある [組織エクステンション] をクリックします。
  4. [位置のトラッキングの有効化] をクリックします。

    位置のトラッキングを有効化するには、まず組織が、ArcGIS Tracker ライセンスを購入する必要があります。

位置のトラッキング レイヤーが作成されます。 管理者はトラッキングを有効化すると、位置のトラッキング レイヤーの所有者になります。 Location Tracking フォルダーが作成され、位置のトラッキングに必要なすべてのアイテム (レイヤーおよびトラック ビュー) が格納されます。このフォルダーは管理者のコンテンツに含まれ、管理者が所有します。 その他の管理者と同様、Track Viewer Web アプリを使用してトラック ビューを作成したり、他のユーザーによる位置のトラックの表示を許可したりできますが、すべてのビューは管理者が所有します。 すべての管理者が位置のトラッキングを一時停止することができますが、トラッキングを有効化した管理者のみが位置のトラッキングを無効化できます。

位置のトラッキングの管理

位置のトラッキングが有効化されると、管理者は以下の手順で管理できます。

  • 位置のトラッキングを一時停止します。

    位置のトラッキングが一時停止している間、トラックは保持されますが、読み取り専用になります。 新しいトラックは収集されず、モバイル ユーザーはトラックを位置のトラッキング レイヤーにアップロードできません。

  • 位置のトラッキングを無効化します。

    位置のトラッキングを無効化すると、位置のトラッキングに関連付けられているすべてのアイテム (レイヤー、ビュー、グループなど) が削除されます。 位置のトラックを表示する権限は、割り当て済みのロールによって関連付けられます。 位置のトラッキングを有効化した管理者のみが、位置のトラッキングを無効化できます。

メモ:

位置のトラックは組織内に 30 日間保存されます。 トラックの保存は、クレジットを消費しません。

位置のトラックの表示

モバイル ユーザーは自身のトラックのみ表示できますが、管理者以外のユーザー (監督員や現場の主任など) も他のユーザーのトラックを表示できる必要があります。トラック ビューには、一連のモバイル ユーザーの最新位置とトラックが含まれています。[位置のトラックの表示] 権限およびトラック ビューへのアクセス権限が付与されているユーザーは、指定したモバイル ユーザーのトラックを表示できます。

位置のトラックを表示する権限は、デフォルトで管理者に付与されており、カスタム ロールに追加できます。管理者は Track Viewer Web アプリでトラック ビューを作成し、ビューにトラックを含めるモバイル ユーザーを定義します。管理者は、ビューに含めるモバイル ユーザーの最新の位置とトラックを表示できるトラック ビューアーも追加します。トラック ビューが作成されると、そのトラック ビューへのアクセスを制御する関連グループも作成されます。トラック ビューにトラック ビューアーを追加すると、トラック ビューアーはグループにも追加されます。

トラック ビューアーに位置のトラッキングへのアクセス権限が付与されると、Track Viewer Web アプリや別のマップまたはアプリで位置のトラックを表示できるようになります。Track Viewer では、モバイル ユーザーの最新位置とトラックの概要が表示され、トラック ビューアーは簡単なフィルタリングと解析を行うことができます。 トラックのホスト フィーチャ レイヤー ビューを独自のマップまたはアプリに追加すると、モバイル ユーザーの最新位置と過去の位置履歴の詳細を、他の対象物や重要な情報に関連付けて表示することができます。 トラックを使用して ArcGIS で高度な解析を行うこともできます。 詳細については、「Track Viewer でのトラックの表示」および「トラックの使用」をご参照ください。

位置のトラックのセキュリティ

位置のトラックは組織内に保存されています。 位置のトラックの履歴で所有権ベースのアクセス制御 (OBAC) が有効になっている場合、ユーザーは自身のトラックのみ表示できます。 その他のトラックを表示する必要があるユーザーには、位置のトラックを表示する権限があり、アクセスする必要があるトラック ビューを含むグループに割り当てられている必要があります。 管理者 (位置のトラッキング レイヤーを作成した管理者を含む) は、レイヤー内のすべてのトラックにアクセスできます。

トラックは Tracker モバイル アプリを使用して収集され、モバイル デバイスの SQLite データベースに保存されます。 記録された各位置は、アプリにサイン インしているユーザーによって作成され、編集情報の記録では、この情報が記録した位置とともに保存されます。 ユーザーが Tracker モバイル アプリからサイン アウトすると、SQLite データベースは削除されます。 デバイス上でアプリを使用している他のユーザーは、以前のユーザーのトラックにアクセスすることができません。

メモ:

位置のトラッキング サービスに対して GDPR などのプライバシー規則に準拠しながらクラウドおよびエンタープライズ GIS を配置する方法の詳細については、「ArcGIS Location Tracking Privacy Best Practices」をご参照ください。