移動コストの計算

注意:

Map Viewer Classic では、移動コストの計算は、起点から終点の計測と呼ばれていました。

移動コストの計算ツールは、直線またはネットワークベースの移動モードを使用してポイントのペア間の移動時間または距離を計測します。

出力はホスト フィーチャ レイヤーです。

報酬プログラムを実施しているあるデパートでは、お客様がどのくらい遠くから店舗に来店されるかを知りたいと考えています。 アナリストは、移動コストの計算ツールを使用すると、それぞれのお客様と店舗間の移動距離を確認することができます。

お客様と店舗間の移動距離

使用上の注意

移動コストの計算には、入力レイヤー、解析の設定、結果レイヤーの構成が含まれています。

入力レイヤー

[入力レイヤー] グループには次のパラメーターがあります。

  • [始点レイヤー][終点レイヤー] は、移動コストが計算される起点位置と終点位置を指定します。5,000 個までのフィーチャを含むポイント レイヤーがサポートされています。

    起点と終点間に作成される接続は、[始点レイヤー][終点レイヤー] のフィーチャの数によって異なり、次のテーブルにまとめています。

    始点レイヤー終点レイヤー接続

    1 つのフィーチャ

    1 つのフィーチャ

    起点は終点に接続します。

    1 つのフィーチャ

    複数のフィーチャ

    起点はすべての終点に接続します。

    複数のフィーチャ

    1 つのフィーチャ

    すべての起点は終点に接続します。

    複数のフィーチャ

    複数のフィーチャ

    多対多の接続が、一致する ID フィールドを使用して作成されます。 各起点は、ID フィールド値が一致する各終点に接続します。

  • [始点レイヤー ルート ID フィールド][終点レイヤー ルート ID フィールド] は、あらかじめ割り当てられた起点-終点ペアを特定する [始点レイヤー][終点レイヤー] のフィールドを指定します。 各起点は、一致する ID フィールド値を持つ終点に接続します。 これらのパラメーターは、複数のポイントを含むレイヤーが [始点レイヤー] または [終点レイヤー] で選択されている場合に使用できるようになります。
  • [オプションのバリア レイヤー] は、対象の道路を移動するときに一時的な規制として機能するフィーチャの追加に使用します。 [オプションのバリア レイヤー] パラメーターには次のサブパラメーターがあります。
    • [ポイント バリア レイヤー] - 道路に沿った特定の地点で通行を遮断するポイント フィーチャ。 道路上の移動は許可されますが、バリアを通過することはできません。ポイント バリアとして機能する最大で 250 のフィーチャを指定できます。 ポイント バリアの例として、倒木、交通事故、落下した電線などがあります。
    • [ライン バリア レイヤー] - 複数の道路区間にわたって通行を遮断するライン フィーチャ。ライン バリアは、そのバリアが道路と交差している場所を移動できないようにし、最大 500 の道路と交差できます。 ライン バリアの例として、パレードやデモなどがあります。
    • [ポリゴン バリア レイヤー] - 道路ネットワークのエリア全体にわたって通行を遮断するポリゴン フィーチャ。ポリゴン バリアは、そのポリゴンが道路と交差している場所を移動できないようにし、最大 2,000 の道路と交差できます。 ポリゴン バリアの例として、洪水や森林火災などがあります。

解析の設定

[解析の設定] グループには次のパラメーターがあります。

  • [計測タイプ] は、移動コストを計算する方法を選択するために使用されます。 方法は、直線距離または移動モードを指定できます。

    直線距離は、ユークリッド方法ではなく測地線方法を使用して計算されます。 測地線では、地球の実際の形状 (楕円体、すなわち、より正確にはジオイド) が考慮されます。 平面 (デカルト平面) 上の 2 点間ではなく、曲面 (ジオイド) 上の 2 点間の距離が計算されます。

    移動モードは、ネットワーク解析権限を持っている場合のみ使用できます。

    移動モードの詳細
  • [出発時間] は、移動コストを計算する移動を開始する日時を指定します。 このパラメーターは、時間ベースの移動モードの移動速度および距離ベースの移動モードの時間累積に影響します。 [出発時間] パラメーターには次のようなオプションがあります。
    • [現在] - 交通量は現在の日時に基づきます。 使用可能な場合、ライブ交通量の条件が使用されます。

      ネットワーク解析の有効範囲の詳細
    • [カスタム日時] - 交通量は指定した日時に基づきます。 カスタム日時が現在の時刻から 4 時間以内の場合は、ライブ交通量が使用されます。 カスタム日時が現在の日時から 4 時間以内でない場合は、指定した曜日と時刻の平均履歴交通量が使用されます。 一般的な交通量を使用して解析を実行するには、このオプションを使用します。 たとえば、月曜日午前 9 時の一般的な交通量で解析を実行するには、前週の月曜日の午前 9 時を選択します。
    • [時間指定なし] - 移動速度は、履歴平均速度または道路標識の速度制限に基づきます。
  • [ルート形状] は、出力ルートがどのように表示されるかを決定します。 移動コストには、選択されたルート形状に関係なく、同じ計算が使用されます。 この計算は常に、選択された計測タイプに基づきます。 [ルート形状] パラメーターには次のようなオプションがあります。
    • [直線] は、起点と終点の間の直線 (スパイダー ダイアグラムとも呼ばれる) を生成します。 これがデフォルトです。
    • [道路に追従] は、基になっている道路ネットワークの形状でルートを生成します。 計測タイプが [直線距離] である場合、[道路に追従] は使用できません。

結果レイヤー

[結果レイヤー] グループには次のパラメーターがあります。

  • [出力名] は、作成されマップに追加されるレイヤーの名前を決定します。 名前は一意でなければなりません。 組織内に同じ名前のレイヤーがすでに存在する場合、ツールは失敗し、別の名前を指定するよう求められます。
  • [ルート レイヤーを含める] は、各結果ルートをルート レイヤーとして保存します。 ルート レイヤーには、ルートに割り当てられた訪問先や移動方向など、特定ルートに関するすべての情報が含まれます。 ルート レイヤーの作成は、個々のルートを組織の他のメンバーと共有する場合に便利です。 マップ上で個別の結果ルートをクリックすると、編集オプション、ルート レイヤーを開くオプション、またはルートにズームするオプションを含むポップアップが表示されます。 ポップアップの [ルートを開く] オプションを使用すると、ルート レイヤーが現在のマップに追加されます。
  • [フォルダーに保存] は、結果を保存する [マイ コンテンツ] 内のフォルダーの名前を指定します。

制限事項

このツールには次の制限が適用されます。

  • 入力できるポイントの数は 5,000 以下です。
  • 作成できるルート レイヤーの最大数は 1,000 です。 結果に 1,000 を超えるルートが含まれ、[ルート レイヤーを含める] がオンの場合、出力フィーチャ サービスのみが作成されます。
  • ツールの実行に 60 分以上かかると、エラーが発生します。 このエラーが発生した場合、入力フィーチャの数を減らして解析を再実行してみてください。
  • ポイント バリアとして機能する最大で 250 のフィーチャを指定できます。
  • すべてのライン バリアと交差する道路フィーチャの数が 500 を超えると、エラーが返されます。
  • すべてのポリゴン バリアと交差する道路フィーチャの数が 2,000 を超えると、エラーが返されます。
  • 移動モードが [徒歩時間] または [徒歩距離] である場合、起点-終点ペア間の直線距離は 27 マイル (43.45 キロメートル) を超えることはできません。

環境

解析環境設定は、ツールの結果に影響する追加パラメーターです。 ツールの解析環境設定には、[環境設定] パラメーター グループからアクセスできます。

このツールでは、出力座標系の解析環境が使用されます。

クレジット

このツールはクレジットを消費します。

このツールの実行に必要なクレジット数を計算するには、[クレジットの推定] を使用します。 詳細については、「空間解析のクレジットの概要」をご参照ください。

出力

このツールには次の出力があります。

  • 起点フィーチャを終点フィーチャに接続するラインを含む 1 つのライン レイヤー。
  • 1 ラインにつき 1 つのルート レイヤー (オプション)。

ライセンス要件

このツールには、次のライセンスと構成が必要です。

  • Creator または GIS Professional ユーザー タイプ
  • 公開者、ファシリテーター、管理者ロール、またはそれと同等のカスタム ロール

移動モードを使用してツールを実行するには、ネットワーク解析権限が必要です。

リソース

詳細については、次のリソースをご参照ください。