オープンデータの有効化

ArcGIS Online を使用すると、組織は ArcGIS を使用して、一般ユーザーが組織の信頼できるデータに自由にアクセスできるように設定できます。 オープンデータ機能を有効化したら、サイトを独自の外観と操作性で構成し、オープンデータ グループを指定してサイトを通じて信頼できるデータを共有します。 一般ユーザーは、コミュニティに関する理解を深めるために、オープンデータ サイトを使用して、チャート、テーブル、マップを通じてデータを操作します。 ユーザーは、データを検索、探索、ダウンロードしたり、コメントを付けたりできます。 デフォルトの管理者および正しい権限を持つ管理者は、オープンデータ機能を有効化できます。

ヒント:

オープンデータは ArcGIS Online の機能です。 この機能を有効にすると、ArcGIS Hub でオープンデータの管理が行われます。 オープンデータの管理方法に関する詳細については、ArcGIS Hub ヘルプ をご参照ください。サイトの管理、オープンデータ グループの作成、メンバーのオープンデータ グループへの割り当て、既存のサイト、グループ、コンテンツの表示など、オープンデータ機能を操作および管理するのに役立つ情報が含まれています。

オープンデータ機能を有効化するには、次の手順に従います。

  1. デフォルトの管理者または組織の Web サイトを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] タブをクリックします。
  3. ページの左側にある [オープンデータ] をクリックします。
  4. [オープンデータの有効化] 切り替えボタンをオンにします。

    組織でオープンデータ サイトを作成できるようになりました。

  5. オープンデータ機能を無効化するには、[オープンデータの有効化] 切り替えボタンをオフにします。