Skip To Content

属性のリストと範囲の定義

データ品質を向上させるために、ホスト フィーチャ レイヤーのフィールドで許容される値のリストまたは範囲を編集者に提供できます。たとえば、市全域に配置された市所有のゴミ箱についての情報がホスト フィーチャ レイヤーに格納されているとします。市は、容量が 15 ~ 50 ガロンのプラスチック製ゴミ箱とアルミニウム製ゴミ箱を使用しています。編集者の不正な値の入力や入力ミスを避けるために、プラスチックとアルミニウムの 2 つの値を含むマテリアル フィールドの選択リストを作成して、ゴミ箱の容量フィールドで最小値を 15、最大値を 50 に設定します。使用可能な値の数が限られている場合、編集者がフィールド入力に使用できる値のリストを作成すると便利です。

ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または組織管理者として、テキスト フィールドおよび数値 (integer および double) フィールドの属性値候補のリストを作成できます。数値フィールドに設定可能な最小値と最大値を定義することもできます。

値のリストの作成

値のリストを作成するとき、コード (ArcGIS Online に格納される値) とラベル (ArcGIS Online で表示すると値のリストおよび属性テーブルに表示される値) を設定します。

フィールドで NULL 値を使用できる場合、値のリストには、定義した値のほかに [- 空です -] が含まれます。

使用可能な値の数が限られている場合、編集者がフィールド入力に使用できる値のリストを作成すると便利です。

ホスト フィーチャ レイヤーでフィールドに有効な値のリストを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックして属性テーブルを開きます。
  2. [フィールド] をクリックします。
  3. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれる場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューを使用して、必要なフィールドを含むサブレイヤーを選択します。
  4. フィールドの表示名をクリックして、そのフィールドの設定を開きます。
  5. [リストを作成] をクリックします。

    データがレイヤーにないときに、有効な値のリストを作成できます。ただし、リストを作成するときにフィールドに値が含まれている場合は、[リストの作成] をクリックして、フィールドから個別値をリストに設定できます。値がフィールドに表示される回数が初期リストに表示されます。

    備考:

    [リストの作成] をクリックすると、表の最初の 1,000 個の個別値のみが表示されます。

  6. フィールドの有効なコードおよびラベルごとに値を入力します。

    • [コード] - コードは属性テーブルに格納され、フィールドに設定されたデータ タイプでサポートされている必要があります。たとえば、フィールドが整数フィールドの場合、アルファベット文字を使用するコードは使用できません。場合によっては、コード値は情報の短縮形です。たとえば、ゴミ箱の例でのマテリアル フィールドの場合、コードは PLAL になります。
    • ラベル - ラベルは、値のリストと属性テーブルに表示される一意のテキスト値です。PL コードの場合、ラベルは [プラスチック]AL コードの場合、ラベルは [アルミニウム] です。ラベルを使用するとフィールドのデータ タイプよりも多くの情報を表示することもできます。たとえば、ゴミ箱レイヤーにゴミ箱の高さを格納する整数フィールドもある場合、1 メートルのゴミ箱のコードは 1 になりますが、対応するラベルを 1 m または 1 メートルに設定することができます。

  7. [追加] をクリックして、フィールドに追加の値を定義します。

    値は、[値のリスト] ページと同じ順番でリストに表示されます。

  8. 順番を変更するには、リスト内でラベルとコードのペアをリストの上下にドラッグします。
  9. 定義した値を削除するには、[削除] ボタン 削除ボタン をクリックします。
  10. フィールドで使用可能な値のリストを定義し終えたら、[保存] をクリックします。

値のリストの編集

既存の値のリストのコンテンツと外観を変更できます。たとえば、市にはプラスチック製ゴミ箱よりも多くのアルミニウム製ゴミ箱がある場合、それをリスト内で編集者に表示する最初の値にすることがあります。または、値を追加する必要がある場合があります。ゴミ箱のリストでスチール製ゴミ箱を使用できるようにする必要がある場合、リストを編集してこの新しい値を追加できます。

リスト内で既存のラベル値を変更することもできます。これを行うと、ユーザーが ArcGIS Online で値のリストと属性テーブルを表示するときに新しいラベルが表示されます。

注意:

既存のコード値を変更することはできますが、コードを使用しているフィールドにデータが存在する場合はお勧めしません。コード値を変更するとき、テーブル内で既存の属性値は更新されません。リストから値を削除することもできますが、属性テーブル内の既存値は、ラベルではなくコードで表示されます。たとえば、プラスチック PL 値を削除した場合、ArcGIS Online で属性テーブルを表示すると PL が表示されます。

ホスト フィーチャ レイヤーでフィールドに有効な値のリストを編集するには、以下の手順を実行します。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックして属性テーブルを開きます。
  2. [フィールド] をクリックします。
  3. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれる場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューを使用して、必要なフィールドを含むサブレイヤーを選択します。
  4. フィールドの表示名をクリックして、そのフィールドの設定を開きます。
  5. [値のリスト (ドメイン)] の横にある [編集] をクリックします。
  6. 必要に応じて、次の編集を実行します。
    • ラベルまたはコードのペアをリスト内の新しい場所にドラッグして並べ替えます。
    • [追加] をクリックして、フィールドに追加の値を定義します。
    • ラベルを変更するには、[ラベル] フィールドに新しいラベルを入力します。
    • [削除] ボタン 削除ボタン をクリックして、リストから値を削除します。
  7. フィールドで使用可能な値のリストを定義し終えたら、[保存] をクリックします。

値のリストの削除

属性値の追加時または更新時に編集者が指定する値を制限する必要がなくなった場合 (正確なゴミ箱マテリアルの記録が重要でないと判断した場合など)、値のリストを削除できます。以降の編集を実行したときに、編集者に値のリストが表示されなくなります。

注意:

属性テーブル内の既存の値はテーブルに残ったままになりますが、ラベルではなくコードで表示されます。たとえば、マテリアル フィールドから値のリストを削除した場合、ArcGIS Online で属性テーブルを表示すると、PLAL が表示されます。

値のリストを削除するには、次の手順を実行します。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックして属性テーブルを開きます。
  2. [フィールド] をクリックします。
  3. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれる場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューを使用して、必要なフィールドを含むサブレイヤーを選択します。
  4. フィールドの表示名をクリックして、そのフィールドの設定を開きます。
  5. [値のリスト (ドメイン)] の横にある [編集] をクリックします。
  6. [リストの削除] をクリックします。
  7. [OK] をクリックして、値のリストを削除することを確認します。

最小値と最大値を設定します。

数値フィールドに有効な最小値と最大値の範囲を定義することもできます。編集者がフィールドの値を追加または更新すると、入力した値が範囲外の場合に警告が表示されます。編集を継続すると、フィールドは前の値に戻されます。

整数値フィールドに最小値と最大値を設定するには、次の手順を実行します。

  1. ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックして属性テーブルを表示します。
  2. [フィールド] をクリックします。
  3. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれる場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューを使用して、必要なフィールドを含むサブレイヤーを選択します。
  4. フィールドの表示名をクリックして、そのフィールドの設定を開きます。
  5. [最小/最大値] の横にある [編集] をクリックします。
  6. データがレイヤーにないときに、値の範囲を定義できます。ただし、リストを作成するときにフィールドに値が含まれている場合は、[範囲の作成] をクリックして、フィールドにある値の範囲をリストに設定できます。
  7. 使用可能な最低値を [最小値] フィールドに入力します。
  8. 使用可能な最高値を [最大値] フィールドに入力します。
  9. フィールドで使用可能な値のリストを定義し終えたら、[保存] をクリックします。

数値フィールドの有効な値の範囲を増減できます。範囲を小さくすると、新しい範囲の外にあるフィールド内の既存の値はテーブル内に残ったままになります。これらの値が有効でなくなった場合、手動で編集する必要があります。

フィールドのリストまたは範囲を設定または編集する場合の注意事項

値のリストまたは範囲を操作する際には、以下の点に注意してください。

  • 数値フィールドの場合、リストまたは範囲を定義することはできますが、両方は定義できません。どちらか一方を定義すると、もう一方は構成できません。
  • shape_area、shape_length、FID、ObjectID などのシステム フィールドに対してリストを構成したり、最小値と最大値を設定したりすることはできません。
  • ホスト フィーチャ レイヤーのみに値のリストと範囲を構成できます。ホスト フィーチャ レイヤー ビューまたは ArcGIS Server フィーチャ レイヤーには値のリストと範囲を構成できません。ホスト フィーチャ レイヤーからホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成した場合、リスト値と範囲値をビューに適用できますが、ビューからは変更できません。
  • コード値ドメインを含む ArcGIS Pro または ArcMap のデータからホスト フィーチャ レイヤーを公開すると、これらのドメインは ArcGIS Online のリストに表示されます。ただし、ArcGIS Online のリストは、個別のフィールドに対してのみ適用され、フィールドごとの変更のみが可能です。1 つのフィールドに関するリストを変更しても、他のフィールドのドメイン値は変更されません。
  • ArcGIS Server フィーチャ レイヤーでは、フィールドのコード値ドメインと範囲ドメインをリスト、最小値、および最大値としてそれぞれ表示できますが、ArcGIS Online で編集することはできません。
  • 他のフィールドに関連するドメインとサブタイプを含む ArcGIS Pro または ArcMap からホスト フィーチャ レイヤーを公開した場合、ArcGIS Online でドメインを表示または編集できません。
  • [タイプ (個別値シンボル)] スタイルを適用したフィールドのリストを作成する場合、リスト内の値が編集テンプレート用に定義された個別値と同じであることを確認してください。