タイル レイヤー

ArcGIS Online には、操作レイヤーの地理情報を迅速に提供するさまざまなベースマップが用意されています。 これらのベースマップはタイル レイヤーとして格納されており、Web マップ、Web アプリ、ArcGIS など、ほとんどすべてのマッピング ソフトウェア アプリケーションからすばやく簡単にアクセスできるように設計されています。 たとえば、ある地域の道路のタイルを含むベースマップを、道路標識のフィーチャ レイヤーの参照情報にすることができます。 タイル レイヤーは、比較的に静的なデータを視覚化するためにマップまたはレイヤーを Web 上で公開する必要がある場合にも役立ちます。

タイル レイヤーには、元のソース データに基づいてさまざまな形式があります。 タイル レイヤーには、事前に描画されたマップ タイル レイヤーやベクター タイルを格納できます。 ラスター タイルとベクター タイルはいずれも、視覚化を目的として、パフォーマンスにもスケーラビリティにも優れたマップ データを提供できるように設計されています。

マップ タイル レイヤー

マップ タイル レイヤーは、キャッシュされたラスター タイルで構成され、マップ タイル キャッシュとも呼ばれます。 このレイヤーは、ベースマップを画像ファイル (JPG 形式や PNG 形式など) としてクライアント アプリケーションに提供します。これは、事前に描画された状態でサーバーに格納されており、クライアントに静的に表示されます。 マップ タイル キャッシュは、衛星画像 (衛星画像ベースマップなど) やフィーチャベースのマップ (地形図、ナショナル ジオグラフィック、海洋図、その他のベースマップ) といった地理情報をマップに提供するベースマップに最適です。 マップ タイル キャッシュは、データの主題図などの静的な操作レイヤーで構成することもできます。

キャッシュされたタイルは、インターネット上で高速転送され、ほとんどのマッピング ソフトウェア アプリケーションで簡単に解釈されるため、これらのベースマップは、ArcGIS や ArcGIS API で作成された Web アプリだけでなく、WMTS などの OGC プロトコルを使用したサードパーティ製アプリとも互換性があります。 マップ タイル キャッシュのその他の利点は、次のとおりです。

  • ArcMap のようなデスクトップ アプリケーションや旧バージョンの Web ブラウザーなど、さまざまなアプリケーションとデバイス (Web、デスクトップ、およびモバイル) で正常に機能します。
  • ラベル配置やシンボル表示などの高性能なカートグラフィック機能があります。
  • 圧縮された 3 バンドの画像と標高データをサポートしています。
  • Web マッピング アプリケーションから印刷できます。

ベクター タイル レイヤー

ベクター タイル レイヤーは、マップ データをベクター ファイル (PBF 形式など) として提供し、レイヤーに付属しているスタイルに基づいてクライアントで描画された 1 つ以上のレイヤーが含まれています。 ベクター タイルに含まれるデータは、利用可能なマップ タイル レイヤー ベースマップの一部に含まれるデータと類似していますが、データのベクター要素が格納される点が異なります。つまり、地理フィーチャは、クライアント アプリケーションによって解釈された形式でポイント、ライン、およびポリゴンとして表現されます。 静的なマップ タイル キャッシュとは異なり、ベクター タイル レイヤーは表示デバイスの解像度に合わせて調整可能であり、さまざまな用途に応じてスタイルを変更することができます。 タイルのアクセス パフォーマンスとベクターの描画を組み合わせることで、タイルはどのような解像度のディスプレイにも適合します (解像度はデバイスによって違いがあります)。

Map Viewer Classic で、ベクター タイル レイヤーとマップのコンテンツのスタイルをカスタマイズできます。 ベクター タイル レイヤーのその他の利点は、次のとおりです。

  • ベクター タイル レイヤーは 1 組のベクター タイルを使用して、多数のマップ スタイルを生成できます。 ベクター タイル レイヤーをカスタマイズできます。たとえば、タイルを再生成せずに、非表示設定、シンボルとフォントの変更、ラベルの言語の変更などを実行できます。
  • 高解像度のバージョンを別途生成することなく、高解像度のディスプレイ (Retina デバイスなど) で鮮明に表示されます。 ベクター タイルは、ArcGIS Pro などのデスクトップ アプリケーションを使用して、あらゆる縮尺レベルでシンボルとラベルまでクリアに表示できます。
  • 対応するマップ タイル レイヤーよりも、少ないハードウェア リソースですばやく生成できます。 これにより、タイルの生成にかかるコストが削減されます。
  • ベクター タイルのサイズは、描画されたシンボルを含む、対応するマップ タイル レイヤーよりもはるかに小さくなっています。 これにより、タイルの格納と処理にかかるコストがわずかに削減されます。
  • ベクター タイル レイヤーは、ArcGIS Pro などのデスクトップ アプリケーションを使用して、ラベルや他のシンボルに歪みが生じることなく、さまざまな座標系に投影できます。
  • ホスト フィーチャ レイヤーからベクター タイル レイヤーを公開してホスト フィーチャ レイヤーのデータを編集し、ベクター タイル キャッシュを再構築して、編集内容をベクター タイル レイヤーに組み込むことができます。

ベクター タイル レイヤーの詳細については、次の ArcGIS StoryMaps コンテンツでご確認ください。

ベクター タイル レイヤーは、最新のハードウェアを備えたコンピューターで最高のパフォーマンスを発揮し、Google ChromeMozilla FirefoxMicrosoft Edge などの現行バージョンのほとんどのデスクトップ ブラウザーで表示できます。 ベクター タイル レイヤーは、操作レイヤーまたはベースマップとして Map ViewerMap Viewer Classic、または Scene Viewer に追加できます。

ベクター ベースマップには、カスタマイズ可能なスタイルが多数含まれています。 使用可能なベクター スタイルのサンプル、マップの外観を変更するために実行できる操作などを確認するには、「Esri ベクター ベースマップ グループ」をご覧ください。 サンプルのスタイルには、単純な色の変更、および複雑なスプライトを使用した再設計とフォントの変更が含まれます。 ベクター ベースマップは頻繁に更新され、GIS コミュニティからの定期的な提供アイテムが含まれています。

ArcGIS Pro 1.2 以降を使用して、ベクター タイル パッケージを組織サイトで共有し、ホスト レイヤーとして、アップロードされたベクター タイル パッケージを公開できます。 ArcGIS Pro 1.4 以降では、直接 ArcGIS OnlineArcGIS Proマップからホスト ベクター タイル レイヤーを公開できます。

各タイプのタイル レイヤーを作成する場合

マップ タイル レイヤーとベクター タイル レイヤーはいずれも、幅広いシンボル セットに対応しています。また、ソース データではなくタイル キャッシュへのアクセスのみが必要なので、フィーチャ レイヤーやダイナミック マップ レイヤーよりもすばやくフィーチャを表示します。 この機能が必要な場合は、タイル レイヤーを公開します。 それでは、マップ タイル レイヤーとベクター タイル レイヤーを使用するのは、それぞれどのような場合でしょうか。

マップ タイル レイヤーの主な目的は、マップ内のベクター レイヤーに重要なコンテキストを与える画像ベースマップを提供することです。 たとえば、画像に存在する道路の幅や路肩には、緊急車両の出入り、資材や機材の保管、その他の意思決定を支援する情報が含まれます。 さらに、マップ タイル レイヤーとしてアクセスされるオルソ画像ベースマップは、古くなったベクター境界レイヤーを修正するためによく使用されます。 マップ タイルは、3D シーンの地形に使用される標高データを提供することもできます。

ベクター タイル レイヤーは、ラベルや他のシンボルに歪みを生じることなく、スケール処理してさまざまな座標系に投影できます。 このレイヤーは、マップ タイル レイヤーよりも、使用するディスク容量が小さく、短い時間でキャッシュを構築します。

ベクター タイル レイヤーを ArcGIS Pro から公開する場合は、関連付けられたフィーチャ レイヤーを公開することができます。 ベクター タイル レイヤーに含まれるベクター データを頻繁に (毎時、毎日、毎週) 更新する必要がある場合は、ベクター タイル レイヤーに関連付けられたフィーチャ レイヤーを公開します。 関連するフィーチャ レイヤーを公開すると、自分自身およびフィーチャ レイヤーを共有している他の編集者は、フィーチャ レイヤーのデータを編集することができます。 編集したら、定期的にベクター タイル レイヤー キャッシュを再構築して、編集内容をフィーチャ レイヤーに組み込んでください。

データが頻繁にあるいはまったく更新されない場合は、ベクター タイル レイヤーを公開できます。 このタイプのベクター タイル レイヤーのコンテンツを更新する必要がない場合は、別のベクター タイル レイヤーと置き換えることができます。