ArcGIS Online でのデータ 管理

ArcGIS Online は、ファイルおよび Web レイヤーの形式で、空間データを集中的に保存、管理、および共有する場所を提供します。組織に追加するファイルおよびレイヤーは、視覚化、解析、および編集のワークフローの基本となります。

構成ブロックとしてのデータ

組織に追加するアイテムはデータを表します。多くのタイプのファイルまたはリンクを既存の Web レイヤーに追加できます。追加するファイルには、ある場所から別の場所にデータを移動しやすいパッケージもあります。また、マップに直接公開または追加するレイヤーのソースもあります。

ほとんどの場合、ユーザーは、レイヤーを通じて ArcGIS Online データを操作します。レイヤーは、データと、データに適用するビジュアライゼーション設定 (スタイル、ラベルなど) を表します。レイヤーは、保存するデータのタイプに基づいて分類されます。これがその目的に影響を与えます。

組織へのデータの追加

組織でデータを利用できるようにするには、ローカル ドライブからファイルを追加し、他のプロバイダーからレイヤーを追加し、ArcGIS Online組織に直接レイヤーを公開します。

データを追加し、レイヤーを作成する際には、データの目的を考慮する必要があります。

レイヤーを追加した後は、レイヤーに関連する情報を管理し、他のユーザーがレイヤーをどのように使用できるようにするかを構成する必要があります。

設定と詳細の管理

レイヤー アイテムに関連する詳細を管理します。レイヤーを使用できるよう構成すると、自分自身と、レイヤーを共有するユーザーは、レイヤーを使用できるようになります。

レイヤーの使用

構成および共有済みのレイヤーを通じてデータが使用可能になると、自分自身と他のユーザーは、マップ、シーン、およびアプリでレイヤーを使用できるようになります。

マップとシーンは、複数のレイヤーの集約であり、マップまたはシーン ユーザーを特定の領域またはテーマに注目させることができます。アプリ ユーザーがデータを操作する際に必要なツールを提供するアプリで、これらのマップおよびシーンを使用できます。

データとロール

ArcGIS Online でのデータの操作方法は、組織内で割り当てられているロールに関係します。管理者は、必要な作業に応じてロールを割り当てます。

ArcGIS Online におけるロールとデータ操作との相関について、以下のリストに示します。このリストからわかるように、データの主要な管理者はユーザーと公開者です。

  • 閲覧者と匿名ユーザー
    • アプリ、マップ、およびシーンでデータを表示および検索します。
  • データ編集者
    • アプリ、マップ、およびシーンでデータを表示および検索します。
    • フィーチャ レイヤーを編集します。
  • ユーザー
    • アプリ、マップ、およびシーンでデータを表示および検索します。
    • ファイルを追加し、管理します。
    • マップ、シーン、およびアプリを作成および保存します。
    • フィーチャ レイヤーを編集します。
  • 公開者
    • アプリ、マップ、およびシーンでデータを表示および検索します。
    • ファイルを追加し、管理します。
    • マップ、シーン、およびアプリを作成および保存します。
    • フィーチャ レイヤーを編集します。
    • ホスト Web レイヤーを組織に公開し、管理します。
  • 管理者
    • 管理者には、公開者と同じアクセス権がありますが、それ以外に、自身のデータだけでなく、すべてのユーザーのデータも管理できる機能があります。

詳細:

管理者は、カスタム ロールを作成して、広範なカテゴリ内の個々の権限をより詳細にコントロールすることができます。たとえば、メンバーが特定タイプのホスト レイヤーのみを公開できるようにするカスタム ルールを作成し割り当てることができます。