カスタム データの設定

カスタム データの設定ワークフローでは、独自のデータを追加し、Esri Demographics データとともに使用することができます。 これにより、ArcGIS Business Analyst Web App でアクセス可能なフィーチャ レイヤーを使用できます。 アクセス可能なフィーチャ レイヤーは、パブリック公開されているものか、他のユーザーによって共有されているものです。 公開されたフィーチャ レイヤーに加えて、数値データを統計的に割り当てたり、計算したりする方法を定めたいくつかのメタデータがあります。 メタデータ ファイルは ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 組織に、[データ コレクション] と呼ばれるアイテム タイプとして保存されます。

カスタム データを追加するには、以下の手順を実行します。 ArcGIS Online でホストされるサービスを参照すると、データを追加する方法を確認できます。 サービス URL を直接入力し、カスタム データを追加する方法をまとめたセクションもあります。

手順

カスタム データの設定ワークフローでは、独自のデータを簡単に追加し、Esri Demographics データとともに使用することができます。 次の手順に、フィーチャ レイヤーを追加してプロジェクトで使用したり、組織の他のメンバーと共有したりする方法を示します。 レイヤーを作成したら、レイヤーの変数を使用してカラーコード マップを作成します。

前提条件:

開始するには、[マップ] タブを開く必要があります。

  1. [マップ] > [データの追加] > [カスタム データの設定] の順にクリックします。
    [カスタム データの設定] をクリックして開始する

    左側に [カスタム データの設定] ダイアログが開きます。 テーブルの [マイ データ] タブに、過去に追加されたすべてのデータ レイヤーがリストされます。 [共有データ] をクリックすると、他のユーザーが共有したデータ レイヤーを表示できます。

    マイ データ

  2. [設定を開始] をクリックして、[既存の Web レイヤー] オプションを選択します。 [レイヤーの選択] ドロップダウン メニューを展開します。 次のオプションの中から選択し、レイヤーを追加します。
    [レイヤーの選択] オプション
    • [レイヤーを参照]: ArcGIS Online で使用できるレイヤーの中から選択します。
    • [マップのレイヤー]: マップ上のレイヤーを選択します。 現在のプロジェクトに選択できるレイヤーがない場合は、このオプションは表示されません。
    • [プロジェクトのレイヤー]: [レイヤーの選択] ダイアログが開き、現在のプロジェクトからレイヤーを選択できます。 現在のプロジェクトに選択できるレイヤーがない場合は、このオプションは表示されません。
    • [URL の入力]: [レイヤーの URL を入力] フィールドに、レイヤーの URL を直接入力できます。

    注意:
    まずファイルをインポートし、次に上記の方法のいずれかを使用することもできます。
    インポートするファイルを選択

  3. [レイヤーを参照] をクリックします。

    [レイヤーの選択] ダイアログが開き、デフォルトでは [マイ コンテンツ] タブが表示されます。ここには、自分が作成したすべての Web マップとフィーチャ サービスが表示されます。 他のタブのコンテンツも参照できます。 これは、「Web マップおよびレイヤー」ワークフローで Web マップやレイヤーを選択する手順に非常によく似ています。

    [パブリック ギャラリー] サービス

  4. 使用可能なタブで [ArcGIS] をクリックします。 検索フィールドに「Toys」と入力し、[検索] をクリックします。
    • [マイ グループ] をクリックすると、自分がアクセス権を持つグループを確認できます。 これには、他のユーザーから招待され、参加したグループも含まれます。 レイヤーを選択して追加できます。ArcGIS Online の「グループ」は、ArcGIS Business Analyst Web App の「プロジェクト」に対応します。 「共有プロジェクト」をご参照ください。
    • [マイ コンテンツ] をクリックすると、ArcGIS Online のサービスとレイヤーのリストを表示できます。 レイヤーを選択して追加できます。
    • [組織] をクリックすると、組織内の他のユーザーが作成し、共有したコンテンツを表示できます。
    • [Living Atlas] をクリックすると、ArcGIS Living Atlas of the World のコンテンツを表示できます。
    • [ArcGIS] をクリックすると、ArcGIS Online でパブリックに共有されているコンテンツを表示できます。
    • [タイトルでサービスを検索 または URL または ID を入力] フィールドに検索語句を入力し、[検索] ボタンをクリックします。 検索結果からレイヤーを選択できます。
    SF_Coffee_Toys_Sales_HM サービスを選択

    [SF_Coffee_Toys_Sales_HM] サービスの上にポインターを移動すると、そのフィーチャ サービスの情報とオプションが表示されます。

    SF_Coffee_Toys_Sales_HM サービス情報

  5. [追加] をクリックします。

    [レイヤーの選択] ダイアログが開き、選択したフィーチャ サービスで使用可能なレイヤーが表示されます。

    [ToySales] レイヤーを選択

  6. [ToySales] をクリックします。

    該当するレイヤーがワークフローでインポートされ、[カスタム データの設定] ダイアログが開きます。

    該当するレイヤーに標準区画境界フィーチャが含まれている場合に、このオプションを指定できます。 「ファイルのインポート」をご参照ください。

  7. [カスタム データの設定] ダイアログで、このデータをアプリケーションで使用できるように設定することができます。 最初にこのレイヤーを表示させる場合は、[キャンセル] をクリックしてからオプション ボタン その他のオプション をクリックします。 終了したら、[次へ] をクリックします。
    [インポートされたレイヤー] オプション
    • このレイヤーをマップ上に表示するには、[レイヤーを開く] をクリックします。
    • このレイヤーを ArcGIS で表示するには、[ArcGIS で表示] をクリックします。
  8. [カスタム データの設定] ダイアログで、編集ボタン プロパティの編集 をクリックして、カテゴリのメタデータを編集します。
    編集ボタンをクリックしてメタデータを編集

    [カスタム カテゴリの保存] ダイアログが開きます。

    アイコンのオプション

    カテゴリの [タイトル][サマリー][説明][タグ][アイコン] を更新できます。 アイコンの画像を更新するには、以下のいずれかのオプションを使用します。

    • [形状とアイコン]: 使用可能なリストから形状またはアイコンを選択します。
    • [画像の参照]: コンピューターの画像を参照し、アップロードします。

  9. 終了したら、[適用] をクリックし、[開く] をクリックします。 設定用のレイヤーが開きます。

    サブカテゴリの追加と名前の変更
    レイヤーの変数が左側に、カテゴリが右側にリストされます。 レイヤー名「ToySales」がデフォルトのカテゴリ名になります。

  10. カテゴリの名前を変更するには、オプション ボタン [その他のオプション] ボタン をクリックし、[名前の変更] をクリックします。
  11. [サブカテゴリの追加] をクリックします。

    [サブカテゴリの追加] ダイアログが開きます。

    サブカテゴリ名フィールドに名前を入力

  12. サブカテゴリの名前を入力して [作成] をクリックします。

    2 つのサブカテゴリ Toy Sales 1st half of YrToy Sales 2nd half of Yr を作成します。

  13. [カスタム データの設定] ウィンドウで [変数テーブル] リンクをクリックします。
    変数テーブル

    [変数テーブル] ビューが表示されます。

    左側の任意の変数を、カテゴリまたはサブカテゴリにドラッグ アンド ドロップできますが、その前に [変数テーブル] タブで表示し、編集します。

    変数テーブル

    [変数] の列ヘッダーで 検索 をクリックすると、変数を名前で検索できます。 プロパティの編集 をクリックすると、すべての変数のプロパティ (ただし名前を除く) を設定できます。 変数の横の プロパティの編集 をクリックすると、[変数の設定] ダイアログで変数の名前とプロパティを個別に編集できます。

    [変数の設定] ダイアログ

    • [表示名]: データ ブラウザーに表示される変数名を設定します。
    • [年代]: データ ブラウザーの情報ボタンに表示される年代を設定します。
    • [サマリー タイプ]: 集約した値を集計する方法を定義します。
      • [合計]: ターゲット エリアと交差するポリゴンの集約値を合計します。
      • [平均]: ターゲット エリアと交差するポリゴンの集約値を平均します。
    • [ウェイト]: [サマリー タイプ] が Average である場合に使用される追加パラメーターで、加重合計を得るために使用されるフィールドを定義します。 [サマリー タイプ] として Average が選択されていない場合は、[ウェイト] には None が自動的に選択されます。その逆も同様です。
      注意:

      データの中央値や比例値の変数がある場合は、複数のエリアに対してその変数の値を決定するには、加重平均が便利です。 たとえば、ZIP コード別の認知度キャンペーンに関するデータなどです。 占有率とは、キャンペーンのターゲットとなる問題について情報を得ているエリアの人口比です。 また、データセットには人口の変数も必要です。 すべてのエリアに対する全体的な占有率を把握するには、加重平均を計算します。これは、次の数式で計算されます。

      加重の数式

      エリア占有率人口占有率 x 人口

      A1

      0.5

      24,000

      (0.5 * 24,000) = 12,000

      A2

      0.7

      12,000

      (0.7 * 12,000) = 8,400

      A3

      0.4

      30,000

      (0.4 * 30,000) = 12,000

      A4

      0.2

      35,000

      (0.2 * 35,000) = 7,000

      A5

      0

      18,000

      (0 * 18,000) = 0

      Sum(人口) = 119,000

      Sum(占有率 x 人口) = 39,400

    • [按分方法]: [サマリー タイプ] が Sum である場合の追加パラメーターで、区画の部分に応じて変数を重み付けする方法を定義します。 [サマリー タイプ] として Sum が選択されていない場合は、[按分方法] には None が自動的に選択されます。その逆も同様です。
      • [人口]: ある点での人口の確率を表す値に基づく重み付けです。
      • [面積]: 重み付けは、ターゲット面積とデータ ポリゴンの共通の範囲に基づきます。
    • [タイプ]: ドロップダウンが Double から Decimal に変更されます。
    • [単位]: マッピング、解析、レポーティングで使用されるデータ値の単位を定義します。
    • [カテゴリ]: 変数が表示されるデータ ブラウザーのカテゴリを設定します。
    • [サブカテゴリ]: 変数が表示されるデータ ブラウザーのサブカテゴリを設定します。

  14. 終了したら、[適用] をクリックします。
  15. [データ ブラウザーのカスタマイズ] リンクをクリックします。

    [データ ブラウザーのカスタマイズ] ビューが表示されます。

    [データ ブラウザーのカスタマイズ]
    リンク Shift キー + クリックか、Ctrl キー + クリックを行うことで、左側の複数の変数を選択し、右側のカテゴリまたはサブカテゴリにドラッグできます。 また、右側のカテゴリとサブカテゴリ間でドラッグすることも可能です。

    いずれかのワークフローを即座に起動して、追加したばかりの変数を使用できます。その場合は、データ ブラウザー[マイ データ] タブで変数を探します。

    使用可能なワークフロー

  16. [完了] をクリックします。

    追加されたデータは、[マイ データ] にリストされます。

    [マイ データ] オプション

  17. オプション ボタン [その他のオプション] ボタン をクリックし、次のオプションにアクセスします。

    • [編集]: [カスタム データの設定] ダイアログにカスタム データ レイヤーを開きます。 編集するには、サムネイルの上にポインターを移動し、編集ボタンをクリックします。
    • [共有]: [カスタム データの共有] ダイアログを使用して、組織やグループの他のユーザーを選択し、そのユーザーとこのカスタム データ レイヤーを共有します。
    • [無効化]: カスタム データ レイヤーを使用できないようにします。 使用するには、もう一度有効化する必要があります。
    • [削除]: カスタム データ レイヤーを完全に削除します。 カスタム データ レイヤーを再度使用できるようにするには、[カスタム データの設定] ワークフローを使用して追加する必要があります。
    • [メタデータの表示]: レイヤーのメタデータを表示します。 メタデータを編集するには、[編集] オプションを使用します。

このカスタム データ レイヤーが正常に追加されたので、カラーコード マップ比較レポートスマート マップ サーチ適合性解析データ ブラウザーでアクセスできるようになりました。

注意:

  1. マッピングや比較に適用できるのは、ポリゴン フィーチャ レイヤーと関連付けられている変数のみです。 ポイント レイヤーに関連付けられた変数は、比較レポートではサポートされていますが、マッピングでは使用できません。
  2. データ レイヤーに [無効化] オプションが適用されている場合、レイヤーは [データ ブラウザー] には表示されません。

ファイルのインポート

Excel ファイルまたはシェープファイルをインポートし、区画境界またはポイント データを取り入れることができます。 カスタム データとして設定し、[データ ブラウザー][保存された変数] で使用可能にします。 そうすると、他のワークフローの解析でも使用することができます。たとえば、ポイント データ レイヤーを、適合性解析、比較レポート、インフォグラフィックスの作成に使用するなどです。 区画境界レイヤーは、これらのワークフローで使用できるほか、カラーコード マップやスマート マップ サーチでも使用できます。 インポートされたデータは、プロジェクト パネルの [他のレイヤー] セクションにレイヤーとしても保存されます。

  1. [ファイルのインポート] オプションを選択した後、[参照] をクリックして、デバイス上のファイルを選択します。 ファイルが選択されたら、[インポート] をクリックします。
    データ ソースの選択
  2. 以下の 2 つのオプションから、インポートするデータのタイプを選択できます。
    データ タイプのオプション
    • [ポイント位置]
    • [地理的な境界]

    [地理的な境界] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. 次の操作を実行します。
    境界タイプの確認
    1. [地理的境界レベルを選択] ドロップダウン メニューで、インポートする地理的な境界を選択します。

      このファイルには郡のデータが含まれているため、[郡] が選択されます。

    2. [ジオグラフィ名または ID 列を選択] ドロップダウン メニューで、データ テーブルで区画名を含む列を選択します。

      ファイルの [郡] 列には郡名が表示されているため、その列が選択されます。 他の列 ([総人口]) には、郡の総人口値が含まれます。 ドロップダウン メニューで選択する前にテーブルを検証する必要がある場合は、[データ テーブルの表示] をクリックします。

    3. 終了したら、[次へ] をクリックします。

      該当する境界レイヤーがインポートされ、[カスタム データの設定] ダイアログが開きます。

  4. [カスタム データの設定] ダイアログで、上記の手順に従って、このデータをアプリケーションで使用できるように設定することができます。
    使用するためのデータの設定
  5. 最初にこのレイヤーを表示させる場合は、[カスタム データの設定] ダイアログで [キャンセル] をクリックしてからオプション ボタン [その他のオプション] ボタン をクリックします。 終了したら、[次へ] をクリックします。
    • このレイヤーをマップ上に表示するには、[レイヤーを開く] をクリックします。
    • このレイヤーを ArcGIS で表示するには、[ArcGIS で表示] をクリックします。

    ヒント:
    後から設定する場合は、レイヤーを、[他のレイヤー] セクションの現在のプロジェクトに保存します。 プロジェクト パネルのレイヤー オプション メニューで [レイヤーの設定] をクリックします。
    他のワークフローで使用できるようレイヤーを設定

カスタム データ レイヤーからカラーコード マップを作成

[データ ブラウザー] でカスタム データにアクセスし、ArcGIS Business Analyst Web App で使用できるようになりました。 ここでは、カラーコード マップでこのカスタム データ レイヤーを使用する方法を示します。

[データからマップを作成] > [カラーコード マップ] > [すべての変数の参照] の順にクリックし、[データ ブラウザー] を開きます。 [マイ データ] タブをクリックします (このタブは、カスタム データを追加した場合にのみ表示されます)。

データ ブラウザー
ヒント:

組織の他のユーザーによって共有されたデータも参照できます。そのデータは、[共有データ] のカテゴリにあります。

  1. [マイ データ] をクリックします。

    追加した [Toy Sales] データ レイヤーの変数は、ここにあります。

    [Toy Sales] フィーチャ レイヤーと変数リスト

  2. [Toy Sales Q1] をクリックし、その変数のカラーコード マップを作成します。

    作成されたマップが表示されます。

    Q1 Toy Sales を示すカラーコード マップ

URL を入力してデータを追加する

URL を入力し、データを直接追加します。 一例として、ArcGIS Business Analyst Web App に追加できるデータ レイヤーを含む ArcGIS Online のフィーチャ サービスを使用し、設定します。

  1. [レイヤーの選択] ドロップダウン メニューをクリックし、[URL の入力] をクリックします。
    [URL の入力] オプションを選択

    ダイアログにフィールドが表示されます。

    フィーチャ サービス URL を入力

  2. フィールドに URL を入力し、[検索] をクリックします。

    [レイヤーの選択] ダイアログが開きます。

    フィーチャ サービスで使用できるレイヤー

  3. 表示されている任意のレイヤーをクリックします。

    レイヤーがインポートされます。

    該当するレイヤーに標準区画境界フィーチャが含まれている場合に、このオプションを指定できます。 「インポートするファイルを選択」をご参照ください。

  4. レイヤーを追加して設定するには、[カスタム データの設定] をクリックします。

    [カスタム データの設定] ダイアログが開き、使用可能なレイヤーの変数と、その変数に対して作成されたデフォルト カテゴリが表示されます。

    カスタム データ ブラウザー ビューのインポートされたレイヤー変数
    データを設定するには、上記の手順を手順 7 から始めます。

比較レポートの作成

次に、新たに追加されたデータを使用し、2 つのサイトの比較レポートを作成します。データは、ArcGIS Business Analyst Web App の他の変数の割り当てと同じ方法で、比較レポートで使用できるよう割り当てられます。

[レポート] > [比較レポート] の順にクリックし、カルーセルでサイトを選択します。

比較レポートの生成

  1. [カスタマイズ] をクリックします。
  2. [マイ データ] に移動し、カスタム データを選択します。
    カスタム データの選択
  3. 追加の変数を選択することもできます。 上記の画像では、[2016 Median Household Income (Esri)] を選択しています。
  4. [テーブルの表示] をクリックし、比較レポートを生成します。
  5. 関心のある 2 つのサイトについて、[Coffee][Toy Sales] 変数のサイド バイ サイド比較を表示することもできます。 テーブルの値は、[Coffee][Toy Sales] のカスタム データ変数を、レポートで使用される他の変数と同じように割り当てることで計算されます。
    比較レポート

このトピックの内容
  1. 手順