カラーコード マップ

カラーコード マップを作成すると、対象地域に関する情報が得られます。 市場の詳細を見つけるために、マップ上に主要な指標に関する情報を表示することにより調査しているエリア内の重要なパターンをすばやく識別できます。 人口統計情報、消費者支出パターン、ビジネスや他の市場状況に関する情報をマップ上で視覚的に探索できます。

注意:

このフィーチャの機能にアクセスできない場合は、組織で定義され管理者により設定されたカスタム ロールで制限されている可能性があります。 権限については「カスタム ロール」をご参照ください。また、管理者に問い合わせて、作業に固有のロールを設定してください。

カラーコード マップを作成するときは、マップ上の位置を選択すると便利です。 住所などの特定の位置を表示することも、エリアを拡大して州や郡を含む異なる区画レベルを使用することもできます。 マップの背景の変更、拡大/縮小、印刷などに関する詳細については、「マップの操作」をご参照ください。

[マップの作成] タブで [カラーコード マップ] をクリックします。

左側に [カラーコード マップ] ダイアログ ボックスが表示されます。

マッピングする変数の選択

マッピングのための変数を選択するには、次のいずれかのオプションを使用します。

  1. [一般][お気に入り]、または [最近] の各タブで変数を選択します。
    一般的な変数
    • [一般] - 一般的な変数をリストします。 ArcGIS Online の組織サイトの管理者が変数をこのリストに追加した場合、それらもここに含まれます。
    • [お気に入り] - お気に入りの変数をリストします。 これらは、データ ブラウザーで黄色い星を付けた変数です。
    • [最近] - 最近使用した変数をリストします。
  2. [すべての変数の参照] をクリックします。

    データ ブラウザーが表示され、変数を検索したりカテゴリ別に参照したりするためのオプションが表示されます。 特定のタイプ、範囲、組み合わせのデータが必要な場合にカスタム変数を作成できます。

これらのオプションのいずれかを使用した変数を選択すると変数が適用され、カラーコード マップを表示します。

主要タペストリ変数のマッピング

カラーコード マップ経由でアクセスされるデータ ブラウザーを使用すると、主要タペストリ変数をマッピングできます。 主要タペストリ変数には、米国の生活様式グループを提供するという利点があります。詳細については、「タペストリ セグメンテーション」をご参照ください。

米国のエリアで、データ ブラウザーを使用して主要タペストリ変数にアクセスします。 主要タペストリ変数にアクセスするには、[検索] に「Dominant Tapestry」と入力します。

主要タペストリの検索

または、カテゴリで [すべての変数の参照] から [Tapestry] を選択します。

Tapestry ボタン

選択すると、マップが色分けされ、[カラーコード マップの凡例] ダイアログ ボックスが左に表示されます。

主要タペストリでカラーコード マップの凡例を使用するオプションをいくつか示します。

  • その生活様式のみをマップ上に表示するには、[のみ] をクリックします。
  • 非表示にするには、生活様式のボックスをオフにします。
  • 色を変更するには、ボックスの色をクリックします。 デフォルトの色に戻すには、[色のリセット] を使用します。
  • 生活様式グループを含むタペストリ セグメントを表示するには、そのグループ名の左側の矢印をクリックします。 生活様式に関する情報を表示するには、そのセグメント名をクリックします。 そのエリアの住民、近傍、および社会経済的特徴に関する情報を提供する PDF が表示されます。
  • タペストリ セグメンテーションに関する情報を表示するには、[詳細] をクリックします。

マップには次のようなオプションがあります。

  • 色つきのエリアにポインターを合わせて、エリアとセグメントの名前を表示します。
  • PDF または画像ワークフローを使用してマップの PDF を作成できます。
  • レポートを取得するには、色つきのエリアをクリックしてポップアップを開きます。 [レポートの取得] をクリックします。

凡例タブ

[凡例] タブには、色に従ってマップ上に選択した変数と区画の値範囲が表示され、色の編集範囲の編集、および マップのフィルター処理を実行できます。

凡例

分析の区画レベルを [州]、[郡]、[郵便番号]、[国勢調査地区]、および [ブロック グループ] から選択できます。 ロックを使用してマップの区画レベルを設定できます。 デフォルトでは、マップはズーム レベルに基づいて区画内に表示され、拡大/縮小すると更新されます。 分析区画を設定するには、ロック アイコンをクリックして区画レベルをロックまたはロック解除します。ロック

カラーコード マップを特定のエリアにフィルター処理するには、[現在のマップ範囲] ドロップダウン メニューを使用するか (デフォルト設定)、マップ上の分析範囲を選択します。

注意:

小さな区画はすべてのズーム レベルで使用できません。 縮小すると、ポップアップ ウィンドウが表示され、選択した区画はこの縮尺では表示されないことが示されます。 この区画を表示するには拡大する必要があります。

色の編集

凡例の色を変更するには、色のサムネイルをクリックします。 カラー パレットが表示されます。

色をクリックすると、マップが変化します。

注意:

[色の反転] ボタン 色の反転 を使用すると、選択したカラー ランプを反転できます。

マップ表示範囲を移動したときに、カテゴリ範囲が変更されないようにするには、[表示範囲の移動時に分類幅を変更しない] をクリックします。 これにより、同じ範囲を使用してさまざまな位置を比較することができます。

フィルター

選択した変数のマップの表示をフィルター処理できます。 これにより、マップ上で特定の値をハイライト表示できます。 たとえば、ブロック グループ内の年齢別の人口を表示する場合は、[より大きい] を選択し、値として 5,000 を入力して、フィルターを作成することができます。 年齢別の人口が 5,000 人を上回るブロック グループだけが色分けされてマップ上に表示されます。

  1. [フィルター] をクリックします。
    フィルターの変数
  2. スライダーを移動してマップをフィルタリングします。

    マップが自動的に更新されます。

  3. [保存] をクリックします。

範囲の編集

選択した変数の範囲を編集できます。 これにより、範囲を変更して、ポイントの詳細を提供できます。 たとえば、特定の年齢グループを対象とする場合は、範囲を広げてその変数に関する詳細なデータを提供できます。

  1. [凡例] タブで [編集] をクリックします。

    選択された変数データがグラフ形式で表示されます。

    変数がグラフ形式で表示されます。

    範囲を編集するには、ハンドルを移動して、新しい数値または割合を入力します。

  2. 編集を終えたら、[保存] をクリックします。

    変更内容が [凡例] タブとマップに反映されます。

スタイル タブ

[スタイル] タブでは、カラー コード マップの表示を変更できます。 スタイルのテーマ分類方法クラス透過表示境界、およびラベルを変更できます。 加えられた変更はマップ上に直ちに表示されます。

[スタイル] タブには 7 つのマップ スタイル オプションがあります。

スタイル オプション
  • [数と量 (色)]: これは、デフォルトのマップスタイルで、カラー ランプに基づいてフィーチャを区別します。 年齢、収入、比率など、低から高への数値データの表示に適したスタイルです。 詳細を見る
  • [数と量 (サイズ)]: このマップ スタイルでは、シンボルが大きいほど大きい数値を表すという直感的な論理を使用してデータを表すために、順序付けできる異なるサイズの並びを使用します。 たとえば、比例シンボルを使用して、各都市の総人口を表示できます。 詳細を見る
  • [色とサイズ]: このスタイルを使用すると、データ内の 2 つの属性を選択し、マップ上のポイント シンボルの色とサイズを完了します。 または、同じ属性を 2 回使用して、強調するデータの部分に基づき、シンボルのサイズを設定し、色を設定できます。 これは、人口総数などの数情報を、人口密度などの変数で陰影処理して表示する場合に適したスタイルです。 詳細を見る
  • [2 変量]: データ内の 2 つの属性、および単一のグリッドのカラー ランプを選択し、マップ上の両属性を分類します。 たとえば、[人口総数] および [1 人当たりの収入] が選択された属性の場合、両方の属性で最小クラスの値を持つフィーチャが [色] ドロップダウン メニューで選択されたカラー グリッドの左下の色でマップ上に表示されます。
    2 変量スタイル
  • [点密度]: このスタイルを使用すると、データは分類されません。 その代わり、変数値が、マップ上の各ポリゴン内で同一サイズのドットのコレクションとして表示されます。 Total Population が郵便番号の区画レベルでマッピングされているとします。各郵便番号内に表示されるドットの数はその人口に比例し、各ドットは同じ人口数を表します ([ドット値])。 目的のデータの密度と分布を得るには、[サイズ] および [密度] または [ドット値] を変更します。 [密度] および [ドット値] コントロールは独立しておらず、互いに反比例の関係にあります。[密度] を低くすると、それに合わせて [ドット値] は増加します。その逆も同様です。 デフォルトでは、マップ範囲が変更されると、[ドット値] は動的に変化します。 ロック アイコンをクリックすると、密度が変更されず、現在のドット値が変更されたマップ範囲でサポートされている限り、その現在のドット値が保持され、変更できないようになります。

    [点密度] ダイアログ ボックス
    表示設定は、ドットの色を変更することでカスタマイズできます。マップの背景色、透過表示、および区画レベルの枠線の色も変更できます。

    注意:

    データは分類されないため、[テーマ][分類方法]、および [クラス] コントロールは、[点密度] スタイルでは利用できません。

  • [色分けされたマップで使用される点密度]: このスタイルを使用すると、データ内の 2 つの属性を選択し、1 つ目の点密度およびカラー ランプの設定を完成して、背景のもう一方の属性を分類します。 または、同じ属性を 2 回使用して、前景で同一サイズのドットのコレクションとして表示し、背景でカラー ランプを使用して分類します。 これは、人口総数などの数情報を、1 人当たりの収入など、色で分類された背景の変数で陰影処理して表示する場合に適したスタイルです。 これを行うには、[点密度] タブの [属性] で [人口総数] を選択し、[背景] タブの [属性] で [1 人当たりの収入] を選択します。
    [色分けされたマップで使用される点密度] ダイアログ ボックス
  • [色分けされたドットで使用される点密度]: マップ上の各ポリゴン内で同一サイズのドットのコレクションとして表示されるデータ内の 2 つの属性を選択します。 1 つ目の属性を表す点密度および 2 つ目の属性を表すドットのカラー ランプの設定を完成します。 または、同じ属性を 2 回使用して、点密度とドットの色の両方で分類できます。 これは、人口総数などの数情報を、1 人当たりの収入など、色で分類された変数で陰影処理して表示するためにドットを使用する場合に適したスタイルです。 これを行うには、[点密度] タブの [属性] で [人口総数] を選択し、[色] タブの [属性] で [1 人当たりの収入] を選択します。 見栄えを良くするには、ベースマップを [キャンバス (ダーク グレー)] に設定し、グレーを使用しないカラー ランプを選択します。
    色分けされたドットのスタイル

[数と量 (サイズ)] および [色とサイズ] スタイルは、選択した変数の値の違いを示す方法としてシンボルのサイズを使用します。 したがって、シンボルのドロップダウンを使用してシンボルとその色を変更できますが、そこにある [サイズ] スライダーは無効になっています。その代わりに、[サイズ] ランプ上のスライダーを使用して、シンボルのサイズ範囲の最小値と最大値を設定できます。

[サイズ] スライダーが無効

テーマ

[テーマ] ドロップダウンは、[数と量 (色)] および [色とサイズ] マップ スタイルでのみ有効化されます。 次のテーマを利用できます。ただし、両方のマップ スタイルで利用できないものもあります。 選択した変数の範囲で値の分布のマッピングに最も敵したテーマを選択できます。

  • [デフォルトの色]: 変数の高い値と低い値を使用してマップ上でエリア間のコントラストをハイライト表示するカラー ランプを使用します。 これがデフォルトの選択です。
  • [高から低]: 単色の連続的なグラデーションのカラー ランプを適用します。特定の変数 (人口密度など) のマッピングに適しています。
  • [上下]: 2 つの識別しやすい色のグラデーションをゼロや平均など、値の上下の値に適用するカラー ランプを使用します。 人口増加率などの変数をマッピングして、人口が増加している (ゼロ以上の増加率) および減少しているエリアを明瞭にハイライト表示するのに適しています。
  • [中央]: データ内の外れ値に透過表示を追加して、すべての値の平均値から ± 1 標準偏差の範囲にある値をハイライト表示します。 世帯年収が平均値に近いエリアなど、範囲の中央に値をマッピングする場合に適しています。
  • [極値]: 範囲の両端、つまり平均値から ± 1 標準偏差の範囲外にある値にフォーカスを適用して、[中央] テーマと逆のことを行います。 貧困レベルや犯罪に関する変数をマッピングする場合など、極値が対象の場合に適しています。

[色] ドロップダウン メニューでは、カラー パレットから色を選択して、マップの変数の結果を表示します。

  1. 色を変更するには、[色] ドロップダウン メニューをクリックします。色の選択肢が表示されます。
    色の選択
  2. マップに表示する色をクリックします。

方法

[等量分類] は同じフィーチャ数になるクラスを提供します。 均等に分布したデータ向けで、区画間の相対的な位置の差を強調したい場合に便利です。 たとえば、等量分類方法で 1 人当たりの収入を表示すると、各クラスまたは値の範囲に同数の区画が含まれるようになります。

自然分類方法とは、データ分布の自然グループに基づき、データをクラスに分割する手動データ分類法のことです。 自然分類は、ヒストグラムの谷の低い部分で発生します。 分類は、谷のサイズの順に割り当てられます。最大の谷が最初の自然分類になります。

等間隔分類は、数値ライン上の変数の最小値と最大値間で、等間隔の範囲 (またはクラス) を作成します。 等間隔分類は、マップ上の区画間で値の差を強調したい場合に便利です。 たとえば、等間隔分類を使用して 1 人当たりの収入を表示すると、最も高いクラスの色を持つ区画が少なくなり、低い値の色に変化する区画が増えます。

[方法] ドロップダウン メニュー

クラス

[クラス] では、マップに表示される分割/範囲の数を選択できます。

[クラス] スライダーを移動して選択します。

[クラス] スライダー

[数と量 (サイズ)] マップ スタイルの場合、デフォルトではデータは分類されません。選択された変数の値の違いがシンボル サイズの違いで示されるためです。 [データの分類] チェックボックスをオンにすることで、分類をオンにし、スライダー コントロールを使用してクラス閾値を調整できます。

データの分類

[色とサイズ] マップ スタイルの場合、さまざまなテーマを選択して、クラスの数を変更し、スライダー コントロールを使用してクラス閾値を調整できます。 カラー ランプの任意の場所をクリックして、別の色を選択するか、色を反転します。

別のテーマの選択

透過表示

[透過表示] スライダーでは、マップ ビューの透過表示の割合を変更できます。

  1. 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを使用します。
    透過表示の調整
  2. 透過表示ライン上にポインターを移動します。左側にスライドすると透過表示の割合を減らし、右側にスライドすると増やすことができます。

枠線

枠線では、選択した区画の色のアウトラインと太さを選択できます。

外枠の幅を変更するには、[枠線] ドロップダウン メニューをクリックして選択肢をクリックします。

枠線の太さのドロップダウン メニュー

枠線の色を変更するには、[枠線] カラー パレットをクリックして色の選択肢をクリックします。

ラベル

[場所] および [道路] ラベルは、マップの上部に表示できます。 この設定は、デフォルトでオフになっています。

場所ラベルと道路ラベル

  • [場所] をオンにすると、都市、州などの場所ラベルが表示されます。
  • [道路] をオンにすると道路および高速道路のラベルが表示されます。

注意:

[場所] および [道路] ラベルは、カラーコード マップの上に表示されます。

[データ] タブ

[データ] タブでは、データをテーブルまたはグラフで表示できます。

  1. [データ] タブをクリックします。

    テーブルを表示するには、[テーブル] ボタンをクリックします。

  2. テーブル内のアイテムにポインターを合わせると、該当するエリアがマップ上でハイライト表示されます。
    テーブル形式で表示された変数

    グラフを表示するには、[グラフ] ボタンをクリックします。

  3. グラフ内のアイテムにポインターを合わせると、該当するエリアがハイライト表示されます。

    データを Excel にエクスポートするには、[Excel にエクスポート] をクリックしてカラーコード マップ上に表示されているデータをエクスポートします。

変数の追加

1 つ目の変数をマッピングした後、[変数の追加] をクリックして 2 つ目の変数をマッピングできます。 ここでは、それを行うためのワークフローについて説明します。 この例では、デフォルトのカラー ランプとマップ スタイルが適用され、すでに国勢調査地区レベルでマッピングされている 2017 Total Population を使用します。

  1. [変数の追加] をクリックして、[データ ブラウザー][2017 Population Density] (1 平方マイルあたりの人口) を選択します。
    [変数の追加] をクリック

    両方の変数を表示するために、[色とサイズ] マップ スタイルが適用されます。 シンボルの色は [2017 Total Population] を示し、サイズは [2017 Population Density] を示します。人口総数が多く人口密度の高い地区 (大きく暗い円)、人口総数が少なく人口密度がまばらな地区 (小さく明るい色の円) などの区別が容易になります。

    この凡例のクラス閾値では、最も明るい色と最も暗い色はそれぞれ、人口が 2195 人未満の地区と 6618 人以上の地区を表しています。

  2. [スタイル] タブをクリックします。
    [スタイル] タブのクリック

    マップ スタイルに [色とサイズ] が適用されていますが、ドロップダウン メニューで別のオプションを選択できます。 [色] タブには、スライダー コントロールを使用して、凡例に表示される [2017 Total Population] 変数のクラス閾値を調整するためのオプションがあります。 [テーマ] ドロップダウン メニューで別のオプションを選択することもできます。

  3. [サイズ] タブをクリックします。 [サイズ] タブでは、シンボルの表示設定を変更して、[2017 Population Density] 変数に適用できます。
    シンボル サイズの適用

    デフォルトでは、円シンボルのサイズは、人口密度値の全範囲 (0 ~ 214459) で異なりますが、スライダー コントロールを使用して変更できます。 サイズ スライダーを調整することで、円シンボルの最小サイズと最大サイズも変更できます。

    たとえば、マップの人口密度の低いエリアのばらつきを対象にしないとします。 下側のスライドをクリックして、0 から 35386 にドラッグします。おおよその閾値がヒストグラムで示され、人口がまばらな地区の多くはその閾値の下にあります。 また、シンボルの最小サイズを 3 に、最大サイズを 35 に変更します。 変更すると、人口密度が 35386 人未満の地域がすべて、最小サイズ 3 未満のシンボルでマッピングされ、残りの地区は (50 ではなく) 3 から 35 のシンボル サイズ範囲でマッピングされます。これにより、ばらつきが確認しやすくなります。

    スライダーを使用した変数の調整

  4. [データ] タブをクリックします。
    国勢調査地区ごとの 2017 年の人口総数

    テーブルで、マップ内にあるすべての国勢調査地区の変数値を表示できます。 最初の変数 [2017 Total Population] が表示されますが、列ヘッダーのドロップダウン メニューで選択を変更して、その他の変数の値を表示できます。 [昇順] または [降順] の並べ替え順を適用することもできます。

  5. [Excel にエクスポート] をクリックして、テーブルを Excel ファイルとしてエクスポートします。
    Excel にエクスポート

    注意:

    これにより、マッピングされた両変数の値がエクスポートされます。