スマート マップ サーチ

スマート マップ サーチを使用すると、条件に一致する区画エリアを表示できます。 このセクションでは、最大 5 つの条件を選択する方法、範囲を設定する方法、およびマップに結果を表示する方法について説明します。

注意:

このフィーチャの機能にアクセスできない場合は、組織で定義され管理者により設定されたカスタム ロールで制限されている可能性があります。権限については「カスタム ロール」をご参照ください。また、管理者に問い合わせて、作業に固有のロールを設定してください。

スマート マップ サーチを操作するときは、マップ上の位置を選択すると便利です。 住所などの特定の位置を表示することも、エリアを拡大して州や郡を含む異なる区画レベルを使用することもできます。 マップの背景の変更、拡大/縮小、印刷などに関する詳細については、「マップの操作」をご参照ください。

  1. [マップの作成] タブで [スマート マップ サーチ] をクリックします。
  2. [スマート マップ サーチ] ダイアログ ボックスで [開始] をクリックします。

    [今後、こちらを表示しない] チェックボックスをオンにして、このイントロダクション ページを省略し、スマート マップ サーチに直接アクセスすることができます。

最大 5 つの変数を選択

スマート マップ サーチに含める変数を 5 個まで選択できます。 変数リストを選択するか、[データ ブラウザー] で変数を参照できます。または、両方の方法を組み合わせて変数を 5 個まで選択できます。

変数リストの選択

利用可能なリストは [一般的なリスト] タブで選択できます。 ArcGIS Online の組織サイトの管理者が変数リストを作成した場合、それらもここにリストされます。 リストに含まれている変数を表示するには、[オプション][リストの表示] の順にクリックします。

一般的なリスト

[マイ リスト] では作成した変数のリストを選択できます。 これらのリストでは、追加のオプションである [リストの編集][リストの削除] が利用できます。

マイ リストのオプション

すべての変数の参照

[すべての変数の参照] をクリックします。

すべての変数の参照

データ ブラウザーが表示され、変数を検索したりカテゴリ別に参照したりするためのオプションが表示されます。 特定のタイプ、範囲、組み合わせのデータが必要な場合にカスタム変数を作成できます。

これらのオプションのいずれかを使用した変数を選択すると変数が適用され、マップ上に表示されます。 マップの操作方法の詳細については、「範囲の設定」および「結果テーブルの表示」をご参照ください。

範囲の設定

選択を行うと、変数が適用され、マップ上に表示されます。 地理ビューを選択しロック機能を使用してそのビューを表示し、スライダーを使用して変数の範囲を調整して、条件を保存することができます。

範囲の設定

[変数の追加] をクリックすると、選択する変数を増やすことができます。 変数がすでに 5 個選択されている場合、[変数を変更] をクリックして、選択した変数を変更できます。 選択した変数をリストとして[マイ リスト] に保存するには [変数リストの保存] をクリックします。リストには名前を付けることができ、必要に応じてリストのアイコンを選択することもできます。

分析の区画レベルを [州]、[郡]、[郵便番号]、[国勢調査地区]、および [ブロック グループ] から選択できます。 ロックを使用してマップの区画レベルを設定できます。 デフォルトでは、マップはズーム レベルに基づいて区画内に表示され、拡大/縮小すると更新されます。 分析区画を設定するには、ロック アイコンをクリックして区画レベルをロックまたはロック解除します。 ロック

スマート マップ サーチの結果を特定のエリアにフィルター処理するには、[現在のマップ範囲] ドロップダウン メニューを使用するか (デフォルト設定)、マップ上の分析範囲を選択します。

注意:

小さな区画はすべてのズーム レベルで使用できません。 縮小すると、ポップアップ ウィンドウに、選択した区画はこの縮尺では表示されないことが示されます。 この区画を表示するには拡大する必要があります。

スライダーを使用して結果を調整したり、変数をオフにしてマップから削除したりできます。 変更はただちにマップに表示されます。

条件リストを保存するには、[条件の保存] をクリックします。 [条件の保存] ダイアログ ボックスが表示され、リストに名前を付けることができます。 保存したら、リストが [保存リスト] に表示されます。

保存リスト

結果テーブルの表示

検索結果を使用して、数値またはグラフで表示できる条件の異なるビューにテーブルを使用できます。 透過表示と色を変更して保存することもできます。

  1. [結果テーブルの表示] をクリックします。
  2. テーブル内のアイテムにポインターを合わせると、マップ上の該当するエリアがハイライト表示されます。
  3. グラフを表示するには、[グラフ] ボタンをクリックします。
  4. グラフ内のアイテムにポインターを合わせると、マップ上の該当するエリアがハイライト表示されます。

透過表示

[透過表示] スライダーでは、マップ ビューの透過表示の割合を変更できます。

  1. 透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを使用します。
    透過表示の調整
  2. 透過表示ライン上にポインターを移動します。左側にスライドすると透過表示の割合を減らし、右側にスライドすると増やすことができます。

オーバーレイの色

マップのオーバーレイの色を変更できます。

凡例の色を変更するには、変更する色をクリックします。 色パレットが表示されます。色のオーバーレイ

色をクリックすると、マップが変化します。

Excel にエクスポート

検索の結果を Excel ファイルにエクスポートできます。

  1. [Excel にエクスポート] をクリックします。
    Excel にエクスポート