ダッシュボードの作成

ダッシュボード は、複数の視覚化を 1 つの画面上に表示する地理情報のビューです。このビューではデータを包括的に表示して、迅速な意思決定をサポートできます。 Business Analyst Web Appインフォグラフィックスを使用して、サイトの主要な指標をチャート、グラフィックス、テーブル、画像、およびテキストの形式で視覚化できます。 ArcGIS Dashboards ワークフローを利用すると、ダッシュボードのタイプとレイアウトを選択し、サイトとインフォグラフィックス テンプレートを選択して Business Analyst Web App からダッシュボードを作成できます。

ライセンス:

ArcGIS Dashboards ワークフローは、Business Analyst Web App Advanced ライセンスを持つユーザーが利用できます。 Business Analyst のライセンス タイプの詳細については、「ライセンス」をご参照ください。

ダッシュボードを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [マップ] タブで [結果の共有] をクリックして [ArcGIS Dashboards] を選択します。

    [ArcGIS Dashboards] ウィンドウが表示されます。

  2. 作成するダッシュボードのタイプを選択します。 [次へ] をクリックします。
    • [多くのサイト、同じインフォグラフィックス] - このタイプのダッシュボードは、複数のサイトのデータを 1 つのインフォグラフィックス テンプレートで表示します。
    • [1 つのサイト、異なるインフォグラフィックス] - このタイプのダッシュボードは、1 つのサイトのデータを複数のインフォグラフィックス テンプレートにわたって表示します。
  3. ダッシュボードのレイアウトを選択します。
    • [サイド レイアウト] - このレイアウトには、差し込みマップが組み込まれ、複数のインフォグラフィックスまたはサイトを切り替えるためのパネル リストが含まれます。
    • [メイン レイアウト] - このレイアウトには、複数のインフォグラフィックスまたはサイトを切り替えるためのドロップダウン メニューが含まれます。 このレイアウトでは、マップが別のタブに含まれます。
  4. [サイトの追加] をクリックして、ダッシュボードのサイトを選択します。
    • デフォルトで [最近] タブが開き、最近使用したサイトがリストされます。
    • [現在のマップ上] タブをクリックすると、現在マップに読み込まれているサイトを表示できます。
    • [プロジェクトから] タブをクリックすると、現在のプロジェクト、自分の他のプロジェクト、他のユーザーが共有したプロジェクトからサイトを追加できます。
    • [検索] 検索 をクリックすると、サイトを検索できます。
    注意:

    ダッシュボードのタイプとして [多くのサイト、同じインフォグラフィックス] を選択した場合、最大で 500 のサイトをリストから選択できます。

  5. [インフォグラフィックスの選択] ドロップダウン メニューを使用して、ダッシュボード用のインフォグラフィックス テンプレートをリストの 3 つのセクションから選択します。 セクションを展開するか、折りたたんで、そこに含まれるテンプレートを表示するか、非表示にします。 インフォグラフィックスをクリックして選択します。
    • [標準インフォグラフィックス] - すぐに使用できるインフォグラフィックス テンプレートです。
    • [マイ インフォグラフィックス] - 自分が作成したインフォグラフィックス テンプレートです。
    • [共有インフォグラフィックス] - 他のユーザーが自分と共有しているインフォグラフィックスです。 リストにポインターを合わせて [更新] 更新 をクリックすると、このリストが更新されます。
    • [ギャラリー] - インフォグラフィックス ギャラリーのインフォグラフィックスがリストされます (アプリの初期設定で有効になっている場合)。 このオプションを使用できるのは、Advanced ユーザーのみです。

    テンプレートの詳細の確認やテンプレートの検索を行うには、次のいずれかを実行します。

    • [サンプル] アイコン サンプル レポート にポインターを合わせると、すべてのインフォグラフィックスが表示されます。
    • インフォグラフィックスは日付 (新しい順) で並べ替えられていますが、ドロップダウン メニューから別の並べ替え順序を選択できます。
    • 検索フィールドにテキストを入力して、インフォグラフィックスを検索します。

    注意:

    ダッシュボードのタイプとして [1 つのサイト、異なるインフォグラフィックス] を選択した場合、最大で 100 のインフォグラフィックスをリストから選択できます。

  6. [デフォルトのインフォグラフィックス表示の選択] ドロップダウン メニューを使用し、インフォグラフィックス表示モード (自動、ページ全体、スタック モード、スライド モード、左右に並べて表示) を選択できます。
  7. [ダッシュボード タイトルを入力] フィールドにテキストを指定します。
  8. 必要に応じて、[ダッシュボードの共有] セクションのチェックボックスを使用して、共有オプションを選択します。
    • [全組織] チェックボックスをオンにすると、ダッシュボードを組織内のすべてのユーザーと共有できます。
    • [マイ グループ] チェックボックスをオンにすると、ダッシュボードをグループ内のすべてのユーザーと共有できます。または、個別のチェックボックスを使用して、選択したグループと共有することもできます。
  9. [作成] をクリックして、ダッシュボードを作成します。

    進捗状況は、マップ ウィンドウの下部にあるステータス バーに表示されます。

    ヒント:

    ダッシュボードが作成されている間、他のワークフローを使用できます。

    ダッシュボードが作成されると、[ダッシュボードの作成完了] ウィンドウが表示されます。

  10. 次のいずれかを実行します。
    • [ダッシュボードの表示] をクリックして、ArcGIS Online でダッシュボードを表示します。
    • [ダッシュボードの編集] をクリックして、ダッシュボードを ArcGIS Online の編集モードで開きます。
    • [ダッシュボード リンクのコピー] をクリックして、ダッシュボード リンクをクリップボードにコピーします。
    • [閉じる] をクリックしてウィンドウを閉じます。

    ダッシュボードは ArcGIS Online に保存されます。 ArcGIS Online でダッシュボードを表示および編集できます。 [ダッシュボードの表示] をクリックすると、インフォグラフィックスが表示された状態でダッシュボードが ArcGIS Online で開きます。

    • [メイン レイアウト] が選択されている場合は、デフォルトで [埋め込みコンテンツ] タブがアクティブになり、ダッシュボードの埋め込みコンテンツ (この場合はインフォグラフィックス) が表示されます。 [マップ] タブに切り替えて、ドロップダウン メニューを使用し、異なるサイトやインフォグラフィックス間で切り替えることができます。

    • [サイド レイアウト] が選択されている場合は、ダッシュボードの一方の側に差し込みマップとパネル リストがある状態でインフォグラフィックスが表示されます。 このパネル リストを使用して、異なるサイトやインフォグラフィックス間で切り替えることができます。

    ヒント:

    ポイント位置 (サイト) がポリゴン サイトまたは区画サイトとともに選択されている場合は、サイド レイアウトの差し込みマップまたはメイン レイアウトの [マップ] タブに最大のバッファー サイズだけが表示されます。 たとえば、3 つのリングと 1 つの区画サイトがあるサイトを選択した場合、区画サイトとともに最大のリングのみがマップ上に表示されます。 ただし、インフォグラフィックス自体にマップが含まれる場合 (人口統計サマリー インフォグラフィックスなど)、選択したバッファーがそのマップ上に表示されます。 デフォルトでは最小のバッファーが選択されますが、この設定は、ダッシュボードの左上にあるドロップダウン メニューから変更できます。

ArcGIS Online でのダッシュボードの表示

Business Analyst Web App で作成したダッシュボードは現在のプロジェクトに保存されませんが、ArcGIS Online にサイン インすることでアクセスすることができます。 ダッシュボードは、[コンテンツ] の下の [BA - My Maps] に保存されます。 [オプション] オプション をクリックするか、ダッシュボード タイトルをクリックして、[表示][編集] など、その他のオプションを表示します。

注意:
  • どのダッシュボードにも、フィーチャ レイヤー アイテムと Web マップ アイテムが関連付けられています。 これらのアイテムは、簡単に見分けることができるように同じ名前を共有しています。 関連付けられたフィーチャ レイヤーと Web マップを削除/移動してはならないことに注意してください。ダッシュボードが期待どおりに機能するには、これらのアイテムがダッシュボードとともに維持される必要があります。
  • ダッシュボードとそれに関連付けられたアイテムでは、削除の防止がデフォルトで有効になっています。 これらのアイテムを削除するには、はじめに、[アイテム詳細の表示] の下の [設定] で削除の防止を無効にしなければいけません。

初期設定の設定

アプリケーションの初期設定Business Analyst Web App の初期設定を設定できます。 ArcGIS Dashboards ワークフローで、ワークフローの概要ページをオフにすることができます。 管理者は、組織全体に対して初期設定を設定 できます。

ワークフローの初期設定を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 上部のリボンで [初期設定] 初期設定 をクリックします。

    [初期設定] ウィンドウが表示されます。

  2. [マップ] セクションを展開し、[結果の共有] セクションを展開して、[ダッシュボード] をクリックします。
  3. 必要に応じて、次の初期設定を設定できます。
    • [ダッシュボードの導入ページを表示] チェックボックスを使用すると、ダッシュボードを作成する際にワークフローの概要ページが表示されないようにすることができます。
    • [デフォルトのインフォグラフィックス表示の選択] で、ストーリーのデフォルトのインフォグラフィックス表示モードを選択します。
      • [自動] - 画面サイズとレイアウトに基づくレスポンシブな表示モード。
      • [ページ全体を表示] - 単一ページ表示でインフォグラフィックス全体を表示します。
      • [スタック モードで表示] - スタックされた垂直位置に個別のパネルを表示します。
      • [スライド モードで表示] - 個別のパネルをプレゼンテーション スライドとして表示します。
      • [左右に並べてすべてのエリアを比較] - すべての解析エリアの比較を左右に並べて表示します。

    デフォルト設定に戻すには、[デフォルトに戻す] をクリックします。

  4. 変更内容を保存するには、[保存] をクリックするか、必要に応じて [保存して閉じる] をクリックして [初期設定] ウィンドウを閉じます。 変更内容を表示するには、アプリを更新します。

ワークフローのビデオ