ニブル

ArcGIS Image for ArcGIS Online で利用できます。

ニブル (Nibble) ツールは、マスクに対応するラスターのセル値を最近傍の値で置き換えます。

このツールを使用して、データがエラーである可能性があるラスターのエリアを編集できます。

使用上の注意

ニブルには、入力レイヤー、NoData の設定、結果レイヤーの構成が含まれています。

入力レイヤー

[入力レイヤー] グループには次のパラメーターがあります。

  • [入力ラスター] は、マスクされた位置を最近傍セル値に置換するラスターを指定します。

    ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

  • [入力マスク ラスター] は、入力ラスター内で置換される位置を指定します。 値が NoData のセルは、マスクされるエリアに含まれていると見なされます。 出力ラスターで、これらの位置は最も近い近傍値に置換されます。

    ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

[オプションのゾーン レイヤー] グループには次のパラメーターがあります。

  • [入力ゾーン ラスター] は、入力ゾーンを定義するラスターを指定します。 各ゾーンで、マスク内の入力セルは、同じゾーン内の最近傍セル値にのみ置換されます。

    ゾーンは、ラスターのセルが隣接しているかどうかにかかわらず、すべて同じ値を含んでいるセルです。 入力ゾーン レイヤーは、ゾーンの形状、値、および位置を定義します。 ゾーン ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

NoData の設定

[NoData の設定] グループには次のパラメーターがあります。

  • [最近傍セルが NoData であることを許可] は、入力ラスターの NoData セルが最も近い近傍である場合に、マスクされたエリアのセルを置換できるかどうかを指定します。

    • オン - Nodata とデータ値の両方が、マスクされたエリアのセルを置換できます。 入力ラスター内の NoData 値は、それが最も近い近傍であれば、マスクで定義されたエリアを置換できます。 これがデフォルトです。

    • オフ - データ値のみが、マスクされたエリアのセルを置換できます。 入力ラスター内の NoData 値は、それが最も近い近傍であっても、マスクされたエリアをニブルできません

  • [マスクされた NoData セルを処理] は、マスクされたエリア内にある入力ラスターの NoData セルを保持するか置換するかを指定します。

    • オフ - マスクされたエリア内にある入力ラスターの NoData セルは、出力で保持されます (NoData のままになります)。 これがデフォルトです。

    • オン - マスクされたエリア内にある入力ラスターの NoData セルを、マスクされたエリア以外の最近傍の値で置換できます。

結果レイヤー

[結果レイヤー] グループには次のパラメーターがあります。

  • [出力ラスター名] は、ニブルされた結果を含む出力ラスター レイヤーの名前です。

    名前は一意でなければなりません。 組織内に同じ名前のレイヤーがすでに存在する場合、ツールは失敗し、別の名前を指定するよう求められます。

  • [出力レイヤー タイプ] は、作成するラスター出力のタイプを指定します。 出力は、タイル イメージ レイヤーまたはダイナミック イメージ レイヤーのいずれかです。
  • [フォルダーに保存] は、結果を保存する [マイ コンテンツ] 内のフォルダーの名前を指定します。

環境

解析環境設定は、ツールの結果に影響する追加パラメーターです。 ツールの解析環境設定には、[環境設定] パラメーター グループからアクセスできます。

このツールでは次の解析環境が適用されます。

クレジット

このツールはクレジットを消費します。

このツールの実行に必要なクレジット数を計算するには、[クレジットの推定] を使用します。 詳細については、「空間解析のクレジットの概要」をご参照ください。

出力

出力ラスターに、ニブル操作の結果が記録されます。 識別された入力位置のセル値は、最も近い近傍セルの値で置換されます。

使用法の要件

このツールには、次のライセンスと構成が必要です。

  • Creator または GIS Professional ユーザー タイプ
  • 公開者、ファシリテーター、管理者ロール、またはそれと同等のカスタム ロール
  • ArcGIS Image for ArcGIS Online

リソース

詳細については、次のリソースをご参照ください。