フィーチャをラスターに変換 (Map Viewer)

ArcGIS Image for ArcGIS Online で利用できます。

フィーチャをラスターに変換ツールはフィーチャをラスターに変換します。

出力はホスト イメージ レイヤーです。

使用上の注意

フィーチャをラスターに変換には、入力フィーチャ、解析の設定、結果レイヤーの構成が含まれています。

入力フィーチャ

[入力フィーチャ] グループには次のパラメーターがあります。

  • [入力フィーチャ レイヤー] ではラスターに変換するフィーチャを指定します。 このツールでは、セルの中心を使用してラスター ピクセルの値を決定します。

解析の設定

[解析の設定] グループには次のパラメーターがあります。

  • [値フィールド] は出力ラスターへの値の割り当てに使用します。 出力ラスターのタイプを決定します。 フィールドが整数の場合、出力ラスターは整数になり、フィールドが浮動小数点の場合、出力は浮動小数点になります。

  • [出力セル サイズ] は出力ラスターのセル サイズです。

結果レイヤー

[結果レイヤー] グループには次のパラメーターがあります。

  • [出力ラスター名] は作成される出力ラスター レイヤーの名前です。

    名前は一意でなければなりません。 組織内に同じ名前のレイヤーがすでに存在する場合、ツールは失敗し、別の名前を指定するよう求められます。

  • [出力レイヤー タイプ] は、作成するラスター出力のタイプを指定します。 出力は、タイル イメージ レイヤーまたはダイナミック イメージ レイヤーのいずれかです。
  • [フォルダーに保存] は、結果を保存する [マイ コンテンツ] 内のフォルダーの名前を指定します。

環境

解析環境設定は、ツールの結果に影響する追加パラメーターです。 ツールの解析環境設定には、[環境設定] パラメーター グループからアクセスできます。

このツールでは次の解析環境が適用されます。

クレジット

このツールはクレジットを消費します。

このツールの実行に必要なクレジット数を計算するには、[クレジットの推定] を使用します。 詳細については、「空間解析のクレジットの概要」をご参照ください。

出力

このツールには次の出力があります。

  • ラスター化されたフィーチャの 1 つの出力ラスター

ライセンス要件

このツールには、次のライセンスと構成が必要です。

  • Creator または GIS Professional ユーザー タイプ
  • 公開者、ファシリテーター、管理者ロール、またはそれと同等のカスタム ロール
  • ArcGIS Image for ArcGIS Online

リソース

詳細については、次のリソースをご参照ください。