ポイントの集約

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic でのみサポートされています。 Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。 の今後のリリースで提供される予定です。

ポイントの集約 ポイントの集約ツールは、エリア フィーチャを使用して、一連のポイント フィーチャを集約します。 エリア フィーチャの境界線を使用して、各エリア内のポイントを収集し、それらを使用して統計情報を計算します。 生成されるレイヤーには、等級シンボルを使用した各エリア内のポイント数が表示されます。

注意:

空間集約は、高密度データを視覚化する方法の 1 つです。 この方法の詳細および他の方法の概要を確認するには、「高密度なデータの視覚化に関するベスト プラクティス」をご参照ください。

ワークフロー図

ポイントの集約ツールのワークフロー図

竜巻は、米国で発生する嵐の中で最も激しい嵐です。 あなたは、各州や郡で発生する死亡者やけが人の数、物的損害、経済的損失などの竜巻による影響について知りたいと考えています。 米国中の竜巻の発生場所にアクセスすることができますが、興味のある境界内のデータを可視化するにはそれよりもっとよい方法が必要です。 トルネードのデータを州や郡に集約し、人口別のデータを正規化して、竜巻が最も大きな影響を与えたエリアを探すことができます。

詳細なワークフローについては、ケース スタディ「ツイスター! 米国の竜巻」をご参照ください。

ヒント:

ArcGIS Living Atlas of the World の州および郡のレイヤーには、人口データが含まれており、これらのレイヤーを使用して、竜巻のデータを集約することができます。

使用上の注意

ポイントの集約は、境界のセット内のポイント フィーチャを収集および集約するように設計されています。 入力パラメーターには、集約するポイントおよび集約エリアが含まれている必要があります。

解析に使用できるエリア レイヤーを提供したり、指定サイズおよび形状 (六角形または四角形) のビンを生成して、それらのビンに集約することもできます。 ビンのサイズは、ビンの大きさを指定します。 六角形に集約している場合、サイズは各六角形の高さになり、生成される六角形の幅は、高さの 2 倍を 3 の平方根で除算した値になります。 四角形に集約している場合は、ビンのサイズは四角形の高さ (幅と同じ) になります。

四角形および六角形のビンの計測値
ヒント:

ドロップダウン メニューで [解析レイヤーの選択] を選択すると、Map Viewer Classic に存在しないレイヤーをツール ウィンドウに追加できます。

デフォルトでは、[ポイントを含まないエリアを維持] チェックボックスはオンになっています。 チェックボックスがオンの場合、解析で使用されるすべてのエリアが、ポイントの位置に関係なく結果に含まれます。 ポイントがないエリアは空になり、件数は 0 になります。 チェックボックスがオフの場合、ポイントがないエリアは結果レイヤーから完全に削除されます。 チェックボックスをオフにすると、結果のエリアに大きな影響を与える場合があります。

ポイントを含まないエリアを維持
画像には、ポイントがないエリアが維持される場合 (左) と維持されない場合 (右) の結果レイヤーの違いが示されています。

最も基本的な集約では、各境界のポイント数が計算されます。 また、基本的な統計情報 (合計、最小、最大、平均、および標準偏差) も数値フィールド上で計算されます。 統計情報は、各エリアで個別に計算されます。

また、統計情報の計算では、カテゴリの値を持つフィールドを使用してグループ化することもできます。 統計情報をフィールド別にグループ化すると、統計情報は、エリア全体および各グループの両方について計算されます。 どちらの統計情報も、結果レイヤーのポップアップで表示することができます。 全体の統計情報は数値で示され、グループ化された統計情報は、ポップアップ内のチャート フォームで示されます。 各フィーチャと統計情報をグループ化フィールドの値に基づいて表示する集計テーブルも作成されます。 [最少頻値、最頻値の追加] チェックボックスは、最小の件数と最大の件数を持つグループを返し、[パーセンテージの追加] チェックボックスは、最小グループおよび最大グループ内のポイントのパーセンテージを返します。

[現在のマップ範囲を使用] をオンにすると、現在のマップ範囲内に表示されている入力ポイント レイヤーとエリア レイヤーのフィーチャだけが解析されます。オフにすると、入力ポイント レイヤーとエリア レイヤーのすべてのフィーチャが、現在のマップ範囲内になくても解析されます。

ヒント:

解析を実行して消費されるクレジットの量を確認するには、[クレジットの表示] をクリックします。

制限事項

入力には、ポイント レイヤーおよびエリア レイヤーが含まれている必要があります。 ラインおよびエリアは、ポイントの集約ツールを使用して、境界内に集約できません。

ポイントの集約の詳細

以下のセクションでは、ポイントの集約ツールの機能について説明します。

ビンの生成

入力エリア レイヤーにポイントを集約するのではなく、集約エリアに対して四角形および六角形のビンを生成することができます。 ビンは、サイズが対象地域に等しく、適していることを保証するために、指定されたサイズの寸法を使用して、カスタムの面積を維持する投影座標系に生成されます。 適切な等面積の投影法およびパラメーターが、入力レイヤーの地理範囲に基づいて選択されます。 ビンは、作成された後に、入力データの座標系に再び投影されてから、解析で使用されます。

解析が完了すると、その結果は Web メルカトルに投影されて表示されるか (デフォルト)、カスタム ベースマップの投影法に投影されます。 Web メルカトル投影法によって、結果が歪んで表示されることがあり、特に大きなビンや極地付近のビンの場合は、結果が歪みます。 これらの歪みは表示上の問題に過ぎず、不正確な解析を反映しているわけではありません。

方程式

標準偏差は、次の方程式を使用して計算されます。

標準偏差の方程式

ここで、

  • N = 観測数
  • xi = 観測データ
  • = 平均

計算

ポイント レイヤーの集計には、入力境界内にあるポイント フィーチャのみを使用します。 この結果は、等級シンボルで表示されます。

仮想的な境界内にあるポイント レイヤーの統計計算を次の図と表に示します。 Population フィールドは、レイヤーの統計情報 ([合計][最小][最大][平均]、および [標準偏差]) を計算するために使用されます。

ポイント レイヤーの集計
境界レイヤー内にあるポイントのみを使用して、ポイント レイヤーが集計されています。 上記のサンプル属性テーブルには、仮想的な統計計算に使用される値が表示されています。

統計地区 A の結果

合計

280 + 408 + 356 + 361 + 450 + 713 = 2,568

最小

次のうちの最小:

[280, 408, 356, 361, 450, 713] = 280

最大

次のうちの最大:

[280, 408, 356, 361, 450, 713] = 713

平均

2,568/6 = 428

標準偏差

ポイントの標準偏差
= 150.79
注意:

すべての統計情報計算から NULL 値が除外されます。 たとえば、10、5、および NULL 値の平均値は 7.5 です ((10+5)/2)。

この解析の実用例は、それぞれの学区内の学生の合計人数を調べる場合です。 各ポイントは 1 つの学校を表します。 Type フィールドには、学校の種類 (小学校、中学校、または高校) が示され、学生人口のフィールドには、各学校に入学した学生の人数が示されています。 上記の表に示されているのは、地区 A の計算と結果です。 この結果から、地区 A には 2,568 人の学生が存在していることがわかります。 ポイントの集約ツールを実行すると、地区 B の結果も表示されます。

類似のツール

エリア内のポイントを集約するには、ポイントの集約を使用します。 その他のツールは、類似した少し異なる問題を解決するのに効果的です。

Map Viewer Classic の解析ツール

ラインまたはエリアを集約しようとしている場合は、エリア内での集計 ツールを使用します。

ArcGIS Pro の解析ツール

ポイントの集約は、[空間結合] および [統計情報のサマリー] ツールの機能を実行します。