Skip To Content

フィールドの追加または削除

ホスト フィーチャ レイヤーまたはテーブル レイヤーを公開した後、追加の属性に関する情報を格納する必要が生じることがあります。このような場合には、レイヤーにフィールドを追加できます。同様に、一連の属性が必要なくなったことが判明した場合、これらの属性を格納しているフィールドをレイヤーから削除できます。

ホスト フィーチャ レイヤーにフィールドを追加することや、ホスト フィーチャ レイヤーからフィールドを削除することができるのは、レイヤー所有者か組織の管理者のみです。

フィールドの追加

ホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページを開くと、[データ] タブの [テーブル] または [フィールド] ビューを使用してフィールドを追加できます。

[テーブル] ビューからフィールドを追加

[テーブル] ビューの属性テーブルにフィールドを追加するには、次の手順に従います。

  1. レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックしてテーブルを表示します。
    備考:

    これらの手順は、Map Viewer のテーブルからも実行できます。

  2. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれている場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューから変更するサブレイヤーを選択します。
  3. [オプション] ボタン オプション をクリックします。
  4. [フィールドの追加] をクリックして、次の設定を行います。
    1. [フィールド名] - フィールド名には、空白、ハイフン、丸括弧、角括弧などの特殊文字や、$、%、# のような文字を使用できません。一般的にデータベースの予約済みキーワードとして認識される単語 (CHARACTERDATE など) は、フィールド名に使用しないでください。特殊文字やデータベースの予約済みキーワードが含まれているフィールド名を追加しようとすると、エラー メッセージが表示されます。
    2. [表示名] - フィールドの代替名またはエイリアスであり、実際の名前より説明的でユーザーにわかりやすい名前にすることができます。エイリアスには、特殊文字やデータベースの予約済みキーワードを使用できます。
    3. [タイプ] - フィールドに格納するデータのタイプとして、次のいずれかを選択します。

      • [Date (日付)] - 日付と時刻。「日付フィールドの操作」をご参照ください。
        備考:

        ArcGIS Online では、すべての日付値は UTC で保存されますが、ほとんどのアプリケーションはローカル タイム ゾーンと UTC を自動的に変換するため、日付は一般的にローカル タイムゾーンで表示、編集されます。ただし、データを CSV ファイルやシェープファイルなどでアップロードする際には、適切なタイム ゾーンを指定する必要があります。タイム ゾーンを指定しなければ、データは UTC 形式であると判断されます。

      • [Double (倍精度浮動小数点数)] - 小数点以下の桁がある数字。
      • [Integer (整数)] - -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 の自然数 (long integer)。
      • [String (文字列)] - 連続する文字。
      • [Length (長さ)] - このプロパティは文字列フィールドに対してのみ設定できます。[長さ] は、文字列フィールドに格納できる文字の最大長です。[長さ] は、[文字列] フィールド タイプに必要です。デフォルトは 256 文字です。

    4. すべての新規フィーチャのフィールドに追加されるデフォルト値を定義することができます。フィールドが追加された場合、テーブルの既存の行にはこのデフォルト値がありません。
  5. ホスト フィーチャ レイヤーにデータが含まれない場合に、フィーチャを追加するときまたは属性を更新するときにエディターが常に新しいフィールドの値を提供するようにしたい場合は、[NULL 値を許可] をオフにできます。

    レイヤーにデータが含まれている場合、このオプションは使用できず、新しいフィールドは NULL 値を許可します。

  6. [新規フィールドの追加] をクリックします。

[フィールド] ビューからフィールドを追加

[フィールド] ビューを使用して、属性テーブルにフィールドを追加するには、次の手順に従います。

  1. レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックしてテーブルを表示します。
  2. [フィールド] をクリックします。
  3. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれている場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューから変更するサブレイヤーを選択します。
  4. [追加] をクリックして、次の設定を行います。
    1. [フィールド名] - フィールド名には、空白、ハイフン、丸括弧、角括弧などの特殊文字や、$、%、# のような文字を使用できません。一般的にデータベースの予約済みキーワードとして認識される単語 (CHARACTERDATE など) は、フィールド名に使用しないでください。特殊文字やデータベースの予約済みキーワードが含まれているフィールド名を追加しようとすると、エラー メッセージが表示されます。
    2. [表示名] - フィールドの代替名またはエイリアスであり、実際の名前より説明的でユーザーにわかりやすい名前にすることができます。エイリアスには、特殊文字やデータベースの予約済みキーワードを使用できます。
    3. [タイプ] - フィールドに格納するデータのタイプとして、次のいずれかを選択します。

      • [Date (日付)] - 日付と時刻。「日付フィールドの操作」をご参照ください。
        備考:

        ArcGIS Online では、すべての日付値は UTC で保存されますが、ほとんどのアプリケーションはローカル タイム ゾーンと UTC を自動的に変換するため、日付は一般的にローカル タイムゾーンで表示、編集されます。ただし、データを CSV ファイルやシェープファイルなどでアップロードする際には、適切なタイム ゾーンを指定する必要があります。タイム ゾーンを指定しなければ、データは UTC 形式であると判断されます。

      • [Double (倍精度浮動小数点数)] - 小数点以下の桁がある数字。
      • [Integer (整数)] - -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 の自然数 (long integer)。
      • [String (文字列)] - 連続する文字。
      • [Length (長さ)] - このプロパティは文字列フィールドに対してのみ設定できます。[長さ] は、文字列フィールドに格納できる文字の最大長です。[長さ] は、[文字列] フィールド タイプに必要です。デフォルトは 256 文字です。

    4. すべての新規フィーチャのフィールドに追加されるデフォルト値を定義することができます。フィールドが追加された場合、テーブルの既存の行にはこのデフォルト値がありません。
  5. ホスト フィーチャ レイヤーにデータが含まれない場合に、フィーチャを追加するときまたは属性を更新するときにエディターが常に新しいフィールドの値を提供するようにしたい場合は、[NULL 値を許可] をオフにできます。

    レイヤーにデータが含まれている場合、このオプションは使用できず、新しいフィールドは NULL 値を許可します。

  6. [新規フィールドの追加] をクリックします。

フィールドの削除

フィールドを削除すると、そのフィールド内のデータを復元できなくなるため、フィールドを削除する場合は注意してください。また、フィルターやスタイルを適用するためにフィールドを使用しているマップは、レイヤーからフィールドを削除する際にフィルターまたはスタイルが失われます。

OBJECTIDCREATIONDATECREATOREDITDATEEDITOR フィールド、またはスタイル設定、タイム スライダー、フィルター、ラベル、検索、編集情報の記録に使用されるフィールドなどのシステム フィールドは削除できません。ただし、マップがスタイル設定やフィルターのフィールドを使用しており、これらのフィールドがレイヤーで構成したものと異なる場合、これらのフィールドには [削除] オプションを使用できる点に注意してください。マップでスタイル設定やフィルタリングに使用されている可能性のあるフィールドを削除する際には注意が必要です。

ホスト フィーチャ レイヤーの詳細ページを開くと、[データ] タブの [テーブル] または [フィールド] ビューからフィールドを削除できます。

[テーブル] ビューからフィールドを削除

[テーブル] ビューを使用して、属性テーブルからフィールドを削除するには、次の手順に従います。

  1. レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックしてテーブルを表示します。
    備考:

    これらの手順は、Map Viewer のテーブルからも実行できます。

  2. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれている場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューから変更するサブレイヤーを選択します。
  3. 削除するフィールドが含まれている列をクリックします。
  4. [削除] をクリックします。フィールドを削除することを確認します。

[フィールド] ビューからフィールドを削除

[フィールド] ビューを使用して、属性テーブルからフィールドを削除するには、次の手順に従います。

  1. レイヤーのアイテム ページで、[データ] タブをクリックしてテーブルを表示します。
  2. ホスト フィーチャ レイヤーに複数のサブレイヤーが含まれている場合、[レイヤー] ドロップダウン メニューから変更するサブレイヤーを選択します。
  3. 削除するフィールドの横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. [削除] をクリックします。フィールドを削除することを確認します。

    [削除] ボタンが存在しない場合、選択した 1 つ以上のフィールドは削除できません。

フィールドの追加または削除での制限

フィールドを追加または削除する際は、以下に注意してください。

  • ホスト フィーチャ レイヤーのコピー、関連するタイル レイヤーがあるホスト フィーチャ レイヤー、またはホスト時フィーチャ レイヤーから作成されたビューでは、フィールドの追加や削除はできません。
  • 依存するホスト フィーチャ レイヤー ビューを含むホスト フィーチャ レイヤーにフィールドを追加する場合、新しいフィールドを表示する各ビューの定義を更新する必要があります。
  • 追加および削除されたフィールドは、ホスト フィーチャ レイヤーまたはビューから、依存するホスト シーン レイヤーには反映されません。