Skip To Content

ホスト シーン レイヤーの管理

ArcGIS Pro からシーンを公開すると、シーン レイヤーとそれに関連付けられたフィーチャ レイヤーの両方を作成できます。 ホスト フィーチャ レイヤーからシーン レイヤーを公開すると、2 つのレイヤーが相互に関連付けられます。関連するポイント フィーチャ レイヤーまたはマルチパッチ フィーチャ レイヤー内のデータが変更された場合、特定のレイヤーの変更またはフィーチャ レイヤー内のすべてのレイヤーからの変更を含むように、シーン レイヤーのキャッシュを再構築できます。

ホスト シーン レイヤーの所有者と ArcGIS Online 組織の管理者だけがシーン レイヤーのキャッシュを再構築できます。

シーン レイヤーのキャッシュの再構築

ユーザー (または組織の管理者) は、編集者が関連するフィーチャ レイヤーに変更を加えた後で、特定のサブレイヤーのすべてまたは一部のシーン レイヤー キャッシュを再構築できます。

  • 編集済みのポイント フィーチャ レイヤーの場合は、キャッシュを再構築すると、追加されたすべてのフィーチャとフィーチャ ジオメトリおよび属性に加えられた編集がシーン キャッシュに取り込まれます。
  • マルチパッチ フィーチャ レイヤーの場合は、キャッシュを再構築すると、属性の更新と追加されたフィーチャがシーン キャッシュに取り込まれます。
  • シーン キャッシュのうち、シーン キャッシュ全体の再構築ではなく、関連するホスト フィーチャ レイヤーに加えられた編集の影響を受けた次の部分を更新することができます。
    • 関連するフィーチャ レイヤーを含む 3D オブジェクト シーン レイヤーで、ArcGIS Pro 2.4 から公開され、編集が有効になっているもの
    • ArcGIS Online のマルチパッチ フィーチャ レイヤーから公開した際に更新を有効にした 3D オブジェクト シーン レイヤー

    関連するフィーチャ レイヤーを含む 3D オブジェクト シーン レイヤーを公開した後でも更新サポートを有効にすることができますが、そのフィーチャ レイヤーに対する変更の追跡を有効にして、後から一部更新ができるようにシーン レイヤー キャッシュ全体を再構築する必要があります。

たとえば、関連付けられているフィーチャ レイヤーに、ベンチ、噴水、プランターなどの街頭設置物を表すポイントが含まれている状況で、いくつかのベンチの位置が変更された場合は、シーン レイヤーのキャッシュを再構築して、これらのベンチの新しい位置を反映することができます。同様に、いくつかのベンチが別の材料で改築され、シーン レイヤー内のスタイルが材料の種類によって変わる場合にも、新しい属性と新しいスタイルを含むように、シーン レイヤーを再構築します。

ヒント:

描画のパフォーマンスを向上するには、ArcGIS Pro で関連付けられているフィーチャ レイヤーを編集するのではなく、Map Viewer でシーン レイヤーを編集します。ArcGIS Pro で編集する場合、マルチパッチ データのジオメトリを編集することもできます。これは、Map Viewer では実行できません。シーン レイヤーの編集の詳細については、ArcGIS Pro ヘルプの「関連付けられているフィーチャ レイヤーによるシーン レイヤーの編集」をご参照ください。

キャッシュ全体を更新するか、関連付けられているフィーチャ レイヤーでの変更の影響を受ける一部のキャッシュのみを更新するかを決定する場合、次の点に留意してください。

  • ほとんどの場合、キャッシュの一部を更新する方がキャッシュ全体を再構築するよりも時間を短縮できます。ただし、キャッシュの一部のみを再構築する場合、時間の経過に伴って、シーン レイヤーのパフォーマンスが低下する可能性があります。最終的には、キャッシュ全体を再構築して、キャッシュとシーン レイヤーのパフォーマンスを最適化する必要が発生します。キャッシュ全体の再構築が必要な状態にシーン レイヤーが達すると、キャッシュの一部だけを再構築するオプションが無効になります。シーン レイヤー キャッシュ全体の再構築が終了すると、キャッシュの一部を再構築するオプションがもう一度使用可能になります。
  • 関連付けられているホスト フィーチャ レイヤーの 1 つ以上のフィールドの値を計算するときに、その計算がレイヤー内のすべてのフィーチャに影響を与える場合は、キャッシュ全体を更新するよりも、一部のキャッシュを更新する方が時間がかかる可能性があります。

キャッシュの再構築

関連するポイント フィーチャ レイヤーまたはマルチパッチ フィーチャ レイヤーからの変更内容を組み込むようにシーン レイヤーを再構築するには、次の手順を実行します。

備考:

シーン レイヤーを再構築すると、クレジットが消費されます。

  1. シーン レイヤーの所有者または管理者として ArcGIS Online にサイン インします。
  2. 該当するシーン レイヤーのアイテム詳細を開いて、[設定] タブをクリックし、[シーン レイヤー設定] セクションまで下にスクロールします。
  3. [キャッシュの管理] をクリックします。
  4. 再構築対象を選択します。
    • ホスト シーン レイヤー全体を再構築するには、[完全キャッシュ これにより、すべてのレイヤーのスキーマの変更が選択されます。] を選択します。
    • ホスト シーン レイヤー内の特定のポイント レイヤーのジオメトリおよび非空間属性の変更だけを再構築するには、[選択レイヤー] を選択します。これにより、選択レイヤーのジオメトリおよび属性の変更が選択されます。 次の手順でレイヤーを選択します。
    • マルチパッチ シーン レイヤーのうち、そのシーン レイヤーに関連付けられたホスト フィーチャ レイヤーに編集を加えた結果として変更された部分だけを再構築するには、[一部更新] を選択します。最後の更新以降にジオメトリおよび属性に加えられた変更だけが再構築されます。

    [一部更新] オプションは、関連付けられたホスト フィーチャ レイヤーで [作成および更新されたフィーチャを記録] オプションが有効になっていないポイント シーン レイヤーおよび 3D オブジェクト シーン レイヤーには使用できません。

  5. フィーチャ レイヤー内の特定のレイヤーの変更を取得するように再構築する場合は、リストからレイヤーを選択します。
  6. [キャッシュの再構築] をクリックします。
  7. [OK] をクリックして、キャッシュの再構築を確定します。

    このダイアログ ボックスには、キャッシュの再構築で消費されるクレジットの数が示されます。シーン レイヤーのキャッシュの再構築には、多大な時間がかかる場合があります。これは、関連付けられているフィーチャ レイヤーのデータがすべてキャッシュされるためです。キャッシュの再構築にかかる時間は、データのサイズによって異なります。

    キャッシュの状態を監視するには、[ジョブ ステータス] をクリックします。キャッシュの再構築に失敗している場合、ジョブ ID をクリックして、失敗した理由に関する情報を確認します。