マップ レイヤー ウィジェット

マップ レイヤー ウィジェットには、マップ レイヤーがリスト形式で表示されます。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • 一般的に、マップ ウィジェットとマップ レイヤー ウィジェットを全画面アプリで構成します。マップ レイヤー ウィジェットを使用してレイヤーをリスト形式で表示し、エンド ユーザーがマップ上で表示を制御できるようにします。

使用上の注意

このウィジェットには、直接またはアプリ内のマップ ウィジェットを通して接続できるデータ ソースが必要です。マップが表示されているまたは表示されていないページでマップ レイヤー ウィジェットを使用することができます。

設定

マップ レイヤー ウィジェットには以下の設定が含まれます。

  • [ソース] - 2D マップまたは 3D マップを表示するアプリ内の Web マップ データ、Web シーン データ、またはマップ ウィジェット。
  • [オプション] - リストされているレイヤーごとにウィジェットに表示されるさまざまなオプションから選択できます。
    ヒント:

    このオプションを試すには、ビルダー ツールバーの [ライブ ビュー] をクリックします。

    • [レイヤーの詳細の表示] - レイヤーの詳細ページを開きます。
      ヒント:

      レイヤーが ArcGIS Online アイテムの場合、[詳細] をクリックすると、レイヤーのアイテム ページが開きます。

    次のオプションは、このウィジェットを構成してマップ ウィジェットと連携させるときにだけ使用できます。

    • [ズーム] - 対応するマップをレイヤーの範囲にズームします。
    • [ラベルの表示/非表示] - ラベルがあるレイヤーで、ラベルを表示または非表示にできるようにします。
    • [透過表示] - 対応するマップに含まれるレイヤーの透明度または不透明度を変更します。
    • [レイヤーの表示設定の切り替え] - 対応するマップに含まれるレイヤーの表示設定のオン/オフを切り替えます。


このトピックの内容
  1. 使用上の注意
  2. 設定