3D ツールボックス ウィジェット

3D ツールボックス ウィジェットは、3D 効果と解析ツールをグローバルとローカルの Web シーンに追加します。 現時点で、ウィジェットは日光、天気、影、見通しツールをサポートしています。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • 建設現場の管理者は、見通し線を視覚化できます。
  • 農業従事者は、農地の日差しを日付と時刻でモデル化できます。
  • 顧客は、スキー リゾートのマップに降雪と雲量の効果を表示できます。

使用上の注意

このウィジェットには、マップ ウィジェットへの接続が必要です。 3D 効果を生成するには、グローバルまたはローカルの Web シーンの 3D データ ソースにマップ ウィジェットが接続されている必要があります。

アプリにこのウィジェットを含めると、3D 効果と解析を追加する次のツールがツールバーに表示されます。

注意:

ツールは、ウィジェットの設定で構成した順序と選択に基づいてツールバーに表示されます。

  • [日光] - シミュレートされた現実世界の日差しと影を使用してシーンのイルミネーションを設定します。
    • [日付と時刻による太陽の位置] - 所定の日付と時刻に基づいて日光のシミュレートするかを選択します。 季節または正確な日付を指定し、タイム スライダーを左右にドラッグして、さまざまな時間帯の日差しをシミュレートできます。 再生ボタン 再生 を使用すると、時間経過に伴う日差しと影をアニメーション表示できます。 [日付と時刻による太陽の位置] をオフにすると、カメラの視点を基準に日光をシミュレートします。
      注意:

      3D での作業では、カメラはシーンを表示する始点となる 3D 空間のポイントです。

      カメラの定義方法の詳細

    • [影] - 構成された太陽の位置に基づいて、3D 入力フィーチャによる直接的な影を表示するかどうかを選択します。
  • [天気] - [晴れ][曇り][雨][雪][霧] の天気による大気の効果を追加します。 必要に応じて、[雪] の場合は、ベースマップを除くすべてのサーフェスを雪で覆うかを選択します。
  • [影] - 所定の日付と時刻の太陽に基づいて、3D 入力フィーチャによる影をモデル化します。
    • [解析タイプ] - 影を解析するためのモードを選択します。
      • [閾値を超えるエリア] - 所定の範囲内で特定の時間より長く影で覆われるエリアのみを表示します。 シーンの上にポインターを合わせると、その位置が影になる時間を表示するツールチップが表示されます。
      • [影の合計時間] - 不透明度を使用して、影で覆われた累積時間を表示します。 影にならないエリアは完全に透明になり、最も長い時間、影に覆われるエリアは、デフォルトで不透明度が 0.7 になります。 その間の値は内挿されます。 シーンの上にポインターを合わせると、その位置が影になる時間を表示するツールチップが表示されます。 このモードでは、影を連続的なグラデーションまたは 1 時間間隔で視覚化できます。
      • [不連続な影] - 所定の時間間隔で個々の影を表示します。 たとえば、時間範囲を午前 10 時から午前 11 時、時間間隔を 30 分に設定すると、午前 10 時、午前 10 時半、午前 11 時の影が表示されます。
    • [色] - 影を表す色を選択します。
  • [見通し線] - 観測点と目標点を設定することで、見通し線を求めます。
    • [新しい解析] - 新しい見通し解析を開始します。 観測点を配置し、1 つ以上の目標点を配置します。 生成されたラインは、可視と不可視の部分に分割します。

注意:

ツール パネルを閉じても、構成された 3D 効果や解析はシーンでアクティブなままになります。 すべてのツールについて、[効果の削除] または [解析の削除] をクリックすると、効果または解析を削除して、ツール パネルを閉じることができます。

設定

3D ツールボックス ウィジェットには、次の設定があります。

  • [マップ ウィジェットの選択] - 3D シーンに接続されたマップ ウィジェットを選択します。
  • [ツール] - ユーザーが 3D 効果と解析を追加するためのツールが含まれます。 ツールを上下にドラッグして順序を変更したり、ツールの選択を解除して削除したりできます。
    • [日光] - シミュレートされた現実世界の照明を使用してシーンのイルミネーションを設定します。
      • [タイムゾーン セレクター] - タイム スライダーのタイム ゾーンを選択するためのツールが含まれます。 タイム ゾーンは、カメラの位置に基づいて自動的に更新されます。
      • [タイム スライダーのステップ] - ユーザーがタイム スライダーを手動でドラッグしたときに移動する分数を設定します。 たとえば、[タイム スライダーのステップ] を 60 に設定した場合、スライダーをドラッグすると 1 時間ずつ移動します。
      • [日付セレクター] - 季節または正確な日付を選択して日差しと影をモデル化するためのツールが含まれます。
      • [再生コントローラーの有効化] - 再生ボタン 再生 ボタンを提供して、ユーザーが 1 日間または 1 年間の日差しと影をアニメーション表示できるようにします。
        • [自動再生] - [日光] ツールをアクティブにしたときに、1 日のアニメーションを自動的に再生します。
        • [昼間の再生速度] - 1 日のアニメーションの再生速度を設定します。 再生速度は、デフォルトの速度の 0.1 ~ 10.0 倍の範囲で調整できます。
      • [影オプション] - [影] オプションが含まれます。
      • [日時オプション] - [日付と時刻による太陽の位置] オプションが含まれます。
      • [ウィジェットの読み込み時にツールをアクティブ化] - 3D ツールボックス ウィジェットを読み込むときに、[日光] ツールを自動的に実行するように設定します。
    • [天気] - 雲、降水量、および霧の効果をシーンの大気と空に追加します。
      • [デフォルトの天気] - デフォルトの天気効果を選択します。
      • [デフォルト値] - [雲量][降水量][霧の濃度] のスライダーのデフォルト値を設定します。
      • [積雪] - [積雪] オプションが含まれます。
      • [ウィジェットの読み込み時にツールをアクティブ化] - 3D ツールボックス ウィジェットを読み込むときに、[天気] ツールを自動的に実行するように設定します。
    • [影] - 所定の日付と時刻の太陽に基づいて、入力フィーチャによる影をモデル化します。
      • [デフォルトの分析タイプ] - デフォルトの影の解析モードを選択します。
      • [タイムゾーン セレクター] - タイム スライダーのタイム ゾーンを選択するためのツールが含まれます。 タイム ゾーンは、カメラの位置に基づいて自動的に更新されます。
      • [日付セレクター] - 季節または正確な日付を選択して影をモデル化するためのツールが含まれます。
    • [見通し線] - 観測点と目標点を設定することで、見通し線を求めます。
      注意:

      現在、[見通し] ツールはカスタマイズをサポートしていません。

  • [配置スタイル] - ウィジェット ツールのレイアウトを [リスト] または [アイコン] から選択します。 [アイコン] スタイルの場合、ツールを垂直方向と水平方向のどちらで表示するかを選択します。

このトピックの内容
  1. 使用上の注意
  2. 設定