マップ ウィジェット

マップ ウィジェットでは、2D および 3D の地理情報を表示できます。 マップで [ズーム][現在地][検索][計測] などのツールを有効化できます。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • 2D および 3D のマップの比較を示す必要がある場合、 2 つのマップ ウィジェットを追加し、トリガーとアクションを作成して、いずれかのマップを操作したときにビューを同期できます。
  • マップ上のフィーチャをクリックして、フィーチャ情報ウィジェットにレコードを表示します。
  • マップ上のフィーチャのクリックに応じてリスト ウィジェットをフィルター処理する要件があります。

使用上の注意

1 つのマップを表示することも、2 つのマップを切り替えるオプションを含めることもできます。 複数のマップ ウィジェットを追加することで、アプリに複数のマップを含めることができます。

マップ ウィジェットでは、Web マップや Web シーンなどのデータ ソースが必要です。 ツールを含めた場合、このツールは、デザイン モードと最終アプリの両方でウィジェットにサイズに基づいてマップ上に自動的に配置されます。

ヒント:

複数のレイヤーを含む Web マップまたは Web シーンがあり、マップ ウィジェットごとにデフォルトで表示するレイヤーを指定したい場合は、[データ] タブで同じ Web マップまたは Web シーンを複数回追加し、マップまたはシーンのコピーごとに異なるサブレイヤーを非表示にし、各コピーを異なるマップ ウィジェットに接続できます。

1 つのマップからレイヤーの表示設定を構成し、それを別のマップ ウィジェットで使用する方法の詳細

設定

マップ ウィジェットには次の設定があります。

  • [マップの選択] - Web マップおよび Web シーンのデータ ソースを追加します。
  • [初期表示] - ウィジェットに読み込まれたときのマップの初期表示位置を設定します。
    • [デフォルト] - Web マップまたは Web シーンで設定されたマップの配置を使用します。
    • [カスタム] - マップのカスタム位置を作成して、初期表示を変更します。
  • [ツール] - ユーザーがマップを操作するためのツールを含めます。
    • [ズーム] - マップを拡大縮小します。
    • [ホーム] - マップの初期表示位置 (範囲) にマップをズームします。
    • [ナビゲーション] - 3D マップ (Web シーン) のナビゲーション モード用の切り替えツールを含めます。
    • [現在地] - ユーザーの現在位置を表示します。
    • [コンパス] - 2D マップまたは 3D マップの現在のビューに対してどちらが北かを示します。
    • [検索] - 組織またはポータルのジオコーディング サービスに基づいて場所を検索します。
    • [レイヤー] - マップに含まれるレイヤーとシンボルをリスト形式で表示し、それらのオン/オフを切り替える機能を提供します。
    • [背景地図] - ベースマップのギャラリーを表示します。
    • [計測] - 面積と距離を計測するための計測ツールを含めます。
    • [全画面] - 画面全体を使用してマップを表示します。
    • [縮尺記号] - メートル法またはメートル法以外の単位を表示し、さまざまな座標系に動的に対応する縮尺記号をマップ上に含めます。
    • [選択] - さまざまな選択ツールおよび選択モードを使用して、マップ上のフィーチャを選択します。 ユーザーは以下の選択ツールを使用し、描画されたポリゴン内に完全に含まれる、または部分的に含まれるフィーチャを選択できます。
      • [四角形] - クリックおよびドラッグし、フィーチャに四角形を描画します。
      • [なげなわ] - マップをクリックしてポリゴンの頂点を作成するか、ポインターを使って描画し、フリーハンドで図形を作成します。 ダブルクリックするとポリゴンが閉じ、そこに含まれるフィーチャが選択されます。
      • [円] - クリックおよびドラッグし、フィーチャに円を描画します。
      • [ライン] - マップをクリックして、ラインの頂点を作成します。 ダブルクリックするとラインが終了し、交差するフィーチャが選択されます。
      • [ポイント] - マップをクリックしてポイントを配置し、交差するフィーチャを選択します。

      次の 4 つの方法で、複数のフィーチャを選択できます。

      • 新しい選択ツールで描画するたびに、フィーチャの新しい選択セットを作成します。 これがデフォルトです。
      • 現在の選択セットに追加します (Shift キーを押しながら描画する)。
      • 現在の選択セットからフィーチャを削除します (Windows の場合は、Ctrl キーを押しながら描画する。Mac の場合は、Cmd キーを押しながら描画する)。
      • 現在の選択セットからフィーチャを選択します (Windows の場合は、Ctrl + Shift キーを押しながら描画する。Mac の場合は、Cmd + Shift キーを押しながら描画する)。

      ヒント:

      ユーザーが選択を行ったら、選択ツール アイコンは進行状況アイコンになります。 多数のフィーチャを選択すると、選択のプロセスに長い時間がかかることがあります。 ユーザーは進行状況ボタンをクリックし、選択のプロセスを停止できます。

    • [範囲の移動] - ユーザーが実行時に訪問した範囲を前後に移動します。
      注意:

      マップ ウィジェットでは、ウィジェットが中画面および小画面のデバイスに対応しやすいよう、ウィジェットの高さに応じてツールを自動的に非表示にします。 たとえば、マップ ウィジェットの高さが 465 ピクセルよりも小さい場合、計測ツールと場所検索ツールはウィジェットの設定でオンになっていても、小画面および中画面デバイスでは表示されません。 ウィジェットの高さが小さくなるにつれ、表示されるツール数も少なくなります。 最後まで表示されるのは、全画面、検索、ズーム、縮尺記号、コンパス ツールです。

  • [ツール レイアウト] - 大および中サイズの画面に基づいてツールのレイアウトを選択します。
  • オプション
    • [フィーチャの選択色] - マップ内で選択したフィーチャのハイライト色と透過表示を変更します。 ハイライトの塗りつぶしとアウトラインをカスタマイズできます。
    • [スクロール ズームの有効化] - マップ上でマウス ホイールのズームと 1 本指での画面移動を有効にします。
    • [ポップアップの有効化] - マップ上のポップアップを有効化します。 このオプションは、フィーチャ情報ウィジェットと連携して作業するときにオフにすると便利です。
      • フィーチャ選択時にポップアップを表示 - ユーザーが別のウィジェット (テーブル ウィジェットやリスト ウィジェットなど) でマップ フィーチャを選択したときに、マップ上にポップアップを表示します。
    • [シーンの品質モード] (Web シーン向け) - 視覚効果と読み込み効率のバランスをとることで、Web シーンの品質をコントロールします。
      • [低] - データの負荷を低減して、パフォーマンス、安定性、速度を向上します。
      • [中] - パフォーマンスと品質を同等に最適化します。
      • [高] - 水の反射など、視覚化の品質を向上します。

操作オプション

マップ ウィジェットは、ウィジェットの設定で [アクション] タブのトリガーの設定をサポートしています。 2 つのマップ ウィジェットを同期するには、両ウィジェットに [範囲の変更] トリガーを追加し、別のマップをそれぞれのターゲットとして選択して、[画面移動] アクションおよび [ズーム] アクションを選択します。 Web マップの場合、[ズーム] 同期には、マップの回転動作が含まれます。 Web シーンの場合、回転と傾斜の動作が含まれます。

注意:

マップ ウィジェットに [ズーム] アクションと [画面移動] アクションの両方が構成されている場合、[ズーム] アクションの方が [画面移動] よりも優先されます。 つまり、ユーザーがマップの画面移動とズームを同時に行った場合、[画面移動] アクションは無視されます。

マップが他のウィジェットを操作するトリガーとメッセージ アクションも設定できます。 たとえば、リスト ウィジェットがマップ上に表示されるフィーチャのみを示すアクション トリガーを追加できます。 マップ ウィジェットは、ポップアップに表示され、ユーザーがデータのエクスポートや、テーブルのレコードの表示などを行うためのデータ アクションもサポートしています。 トリガー、メッセージ アクション、データ アクションは、ウィジェットの設定の [アクション] タブで定義および管理されます。 マップ ウィジェットでサポートされるアクションの詳細については、「ウィジェットへのアクションの追加」をご参照ください。