検索ウィジェット

検索ウィジェットでは、特定のレイヤーやロケーターに基づいてフィーチャ、レコード、または位置を検索するように検索ツールを構成し、検索結果を表示する方法を定義することができます。 複数の検索ソースをウィジェットに追加した場合、ユーザーはどれを検索するのかを選択できます。 レイヤー ソースを使用して検索を実行すると、アプリ全体のデータに影響するので、同じレイヤーを使用する他のウィジェットもフィルター処理され、対応する検索結果が表示されます。 検索語句を選択する必要がある場合は、アクションを設定します。 ウィジェットがデータをフィルタリングせずにフィーチャを選択するには、レイヤー ソースとして使用できるデータ ソースのデータ ビューを作成します。 ロケーター ソースを使用して検索を実行すると、他のウィジェットでも使用できる出力データ ソースが生成されます。

検索するには、検索ボックスに単語またはフレーズを入力して Enter キーを押し、検索ボタンをクリックするか、一致したレコードに基づいて表示される候補のリストから選択します (候補のリストには一致した値がそれぞれアイテムとして表示されるので、1 つのレコードに検索語句と一致するフィールドが 2 つある場合、そのレコードが 2 つの候補として表示されます)。矢印キーおよび矢印キーを使用して、候補のリストを参照します。 候補をクリックすると、検索語句が候補アイテムのコンテンツと置き換わり、新しい値を使用して検索が適用され、結果パネルに対応するデータが返されます。 これを効率化するために、オンにすると最初の検索結果を自動的に選択できる設定があります。 アプリで別のページを開いて、別のウィジェットに結果を表示するように構成することもできます。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • マップ ウィジェット、リスト ウィジェット、テーブル ウィジェットに含まれる検索ツールよりも柔軟性の高い検索オプションをアプリ内に構成したいと考えています。 特に、マップ内の特定のレイヤーの限られたフィールドを検索し、検索ボックス内に固有のヒント テキストを入力し、結果パネルに特定のデータ フィールドの値を表示したいと考えています。
  • ユーザーが、検索の実行時に複数のソースから情報を見つけられるようにする必要があります。
  • アプリ内の別のページに、他のウィジェットの検索結果を表示したいと考えています。

使用上の注意

検索ウィジェットは、レイヤーとロケーターという 2 つのタイプの検索ソースをサポートしています。 ロケーター ソースを使用するには、ロケーター サービスを追加します。 組織の設定で指定したか [ユーティリティの選択] パネルで追加したロケーターを使用できます。 レイヤーを検索するには、アプリにデータとして追加されているフィーチャ レイヤーおよびシーン レイヤーから選択します。

検索ウィジェットのアクションを設定して、マップを選択した結果にズームしたり、マップに (ロケーター ソースから) 検索結果を表示したりするなど、マップ内の他のウィジェットを操作できます。

設定

検索ウィジェットには次の設定があります。

  • [新しい検索ソース] - コンテンツを検索するためのソースを追加します。 [レイヤー ソース] または [ロケーター ソース] を選択し、それぞれに以下の設定を指定します。
    • [データ] - 該当する場合、ユーザーが検索できるようにするフィーチャ レイヤーのデータ ソースを選択します。 データ ビューの設定では、データをフィルタリングして検索範囲を制限したり、データを並べ替えて検索結果を特定の順序で表示したりすることができます。
    • [ロケーターの URL] - ロケーター ユーティリティ サービスを接続します。 [ユーティリティの選択] パネルには、組織の設定で指定したか [ユーティリティ サービス] パネルで追加したロケーターが表示されます。
    • [ラベル] - 検索ソースの名前を入力します。 この名前は検索メニュー、候補リスト、結果パネルに表示されます。
    • [アイコン] - ソースのアイコンを選択します。 このアイコンは、候補リストと検索結果パネルに表示されます。 [一般] ギャラリーと [矢印] ギャラリーからアイコンを選択するか、ファイルから独自のアイコンを追加できます。 [削除] ボタンをクリックして、未使用のアップロード済みアイコンを削除します。
      注意:

      次の画像形式をアップロードできます: PNG、GIF、JPG、JPEG、BMP。 最適なパフォーマンを維持するために、1 回のアップロードに対して 10MB のサイズ制限が設けられています。

    • [検索オプション] - 次の追加オプションを設定できます。
      • [検索フィールドの選択] (レイヤー ソースのみ) - レイヤー内で検索するフィールドを 1 つ以上選択します。
      • [完全一致] (レイヤー ソースのみ) - 検索結果を検索語句に一致するレコードのみに限定します。
      • [表示フィールド] - 検索結果パネルに表示するフィールドを 1 つ以上選択します。 選択したフィールドをドラッグして並べ替えることができます。
      • [ヒント] - ユーザーがこのソースのみを検索するときに、検索ボックスに表示されるヒント テキストをカスタマイズします。
  • 一般的な検索オプション
    • [複数の検索ソースに関するヒント] - ユーザーが複数のソースを検索するときに検索ボックスに表示されるヒント テキストをカスタマイズします。
    • [検索候補] - 検索ソースごとに表示される最大候補数を定義します。 次のオプションを構成することもできます。
      • [現在の位置を使用] - ユーザーの現在の位置に基づいて検索するための候補オプションを含めます。
      • [最近使用した検索] - 最近使用した検索の指定された最大数に基づいて、候補ボックスに検索履歴を表示します。 (ユーザーは検索履歴を消去できます。)
      ヒント:

      [ソース 1 つあたりの最大候補数] を 0 に設定し、検索ソースの候補を無効にします。

  • [検索結果] - 検索結果パネルを表示するか、アプリ内のページにリンクして別のウィジェットに結果を表示します。
    • 結果パネル- 検索ボックスの下に表示されるパネルに検索結果を表示します。 検索ソースごとに表示される結果の最大数を定義したり、最初の結果を自動的に選択したりすることもできます。
    • [リンクの設定] - アプリ内の特定のページ、ウィンドウ、セクションを開くか、特定のブロックまたはページの上部にスクロールして、対応するウィジェットに関連する検索結果を表示するためのリンクを追加します。

操作オプション

検索ウィジェットのメッセージ アクションを構成する場合、検索ソースに応じて次のトリガーから選択できます。

トリガーレイヤー ソースロケーター ソース

レコード選択の変更

Yes

Yes

作成されたレコード

Yes

データのフィルタリングの変更

Yes

ロケーター ソースで構成した場合、検索ウィジェットは、他のウィジェットでも使用できる出力データ ソースを生成します。 同じ出力データ ソースを使用して、追加ウィジェットを操作するには、アクションを追加します。 たとえば、マップは検索結果を自動的に表示し、フィーチャにズームできます。 検索ウィジェットの設定の [アクション] タブで、[作成されたレコード] トリガーを追加し、ターゲット マップを選択して、[マップ上に表示][ズーム] のアクションを追加します。

選択した検索結果に対応するフィーチャをマップ上で選択するには、検索ウィジェットに [レコード選択の変更] トリガーを追加します (結果パネルを使用するように構成した場合)。 ターゲット フレームワークを選択し、[データ レコードの選択] アクションを追加して、マップのフィーチャ レイヤーと、トリガーとアクション データ間の接続をバインドするフィールドを構成します。 さらに、[ズーム] アクションを追加して、フィーチャにマップをズームできます。

レイヤー ソースで構成されると、選択した検索結果にマップをズームまたは画面移動する場合、[データのフィルタリングの変更] トリガーを追加し、ターゲット マップを選択して、[画面移動] アクションと [ズーム] アクションを追加します。

[ズーム] アクションのズーム レベルを調整するには、[ズーム縮尺][カスタム] に切り替え、目的の縮尺を指定します。

ヒント:

検索ウィジェットがデータをフィルタリングせずにマップ上でフィーチャを選択するには、レイヤー ソースとして使用できるデータ ソースのデータ ビューを作成します。