タイムライン ウィジェット

タイムライン ウィジェットを使用すると、Web マップ、フィーチャ レイヤー、およびマップ サービス レイヤーから時系列データを表示して、データが時間の経過に伴ってどのように変化するかを確認できます。 このウィジェットを使用して、再生ボタンと一時停止ボタンでデータをアニメーション表示したり、スライダーで変化を手動で表示したり、タイムラインを拡大/縮小したりできます。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • 特定のデータを時間の経過とともに表示して注釈をサポートできます。
  • 時系列データのパターンを解析および視覚化できます。
  • フィーチャ属性を地理的に比較したり、複数年にわたって比較したりできます。

使用上の注意

このウィジェットには、時系列の時間対応データを含むデータ ソースが必要です。 データ ソースには、1 つの Web マップ、1 つ以上のマップ サービス、または 1 つ以上のフィーチャ レイヤーを使用できます。

注意:

マップ サービス内のサブレイヤーであるフィーチャ レイヤーは、データ ソースとして使用できません。

ヒント:

レイヤーで時間設定を有効化するには、レイヤーが ArcGIS Online に公開されていて、日付フィールドが含まれている必要があります。

Map Viewer でマップ上の時間設定を構成する方法の詳細

アプリにこのウィジェットを含めると、次のオプションがユーザーに提供されます。

  • [現在のタイム ウィンドウの範囲] - スライダーで現在のタイム ウィンドウを表示します。 情報アイコンをクリックすると、タイムラインを表す時間範囲全体と次の設定が表示されます。
    • [適用されるタイムラインのフィルタリング] - このオプションがオンの場合、タイムライン ウィジェットは、接続されているデータ ソースをフレームワーク レベルでフィルター処理します。つまり、フィルター処理が、同じデータ ソースを使用する他のすべてのウィジェットに影響します。
      ヒント:

      このオプションを使用して、タイムライン ウィジェットと、マップ ウィジェットやリスト ウィジェットなど、データを使用する他のウィジェットを組み合わせることができます。 これらのウィジェットは、同じ時間対応のデータ ソースに接続されている必要があります。

  • [拡大][縮小] - スライダーで拡大/縮小します。
  • [前へ][次へ] - スライダーを前/次のステップに手動で移動します。
  • [再生][一時停止] - 時系列アニメーションを再生または一時停止します。
  • [速度] - 再生速度を 5 つのレベル (最も遅い、遅い、中、速い、最も速い) から選択します。

設定

タイムライン ウィジェットには次の設定があります。

  • [ソース] - ウィジェットで解析する時系列データを含むデータ ソースを選択します。
  • [時間設定] - タイムラインの設定を構成します。 時間設定には、開始時間、終了時間、時間ステップの長さなどが含まれます。
    • [Web マップの時間設定と同期] (Web マップのみ使用可能) - ウィジェットの時間設定を Map Viewer で構成した設定と同期します。
    • [時間の構成] - タイムラインの開始時間、終了時間、時間ステップの長さなどを変更します。
      • [期間] - タイムラインで表される時間の長さを設定します。 レイヤーのバーは、接続されているレイヤーで表現される時間の合計を示します。 [最終的な範囲] バーの両端をドラッグして、レイヤーのバーを基準としてタイムラインの期間を設定できます。
      • [開始時間][終了時間] - ウィジェットの下限と上限を設定します。 開始時間と終了時間は、次の 4 つの方法で定義できます。
        • [すべての値の最小][すべての値の最大] - 選択したデータの最小ポイントと最大ポイントを開始時間と終了時間に使用します。
        • [今日] - 開始時間と終了時間を現在の日付に固定します。 必要に応じて、年、月、日のオフセット数を追加します。 たとえば、開始時間に [今日] を選択してオフセットに 6 日を指定した場合、開始時間は常に現在の日付の 6 日後になります。 オフセットに -6 日を指定した場合、開始時間は常に現在の日付の 6 日前になります。
        • [現在] - 開始時間と終了時間を現在の分に固定します。 このオプションは、オフセットに使用可能な単位として時間と分を追加する以外は [今日] と同じです。
        • [カスタム] - カレンダー インターフェイスから特定の日付と時刻を選択します。
      • [時間の最小精度の設定] - タイムライン上のノッチ間の最小間隔を指定します。 それぞれの単位は、[期間] の値が、その 1 単位の値より長い場合のみドロップダウン メニューに表示されます。
      • [時間ステップ] - タイムラインをステップに分割する 2 つのモードのいずれかを選択します。
        • [1 ステップの長さ] - 月や日などの自然な時間単位を使用してステップを定義します。 時間の最小精度で指定した単位と同じかそれより大きな単位のみを選択できます。 このモードを選択した場合、ユーザーは、指定された時間の最小精度に基づいて、スライダーを一度に 1 ステップ移動できます。
        • [均等なステップ数に分割された合計時間] - 時間範囲を均等なステップ数に分割します。 このモードを選択した場合、ユーザーはスライダーを一度に合計長の 1/n だけドラッグできます。 たとえば、このモードを選択して均等なステップ数として 5 を指定した場合、ユーザーは一度に合計長の 1/5 だけスライダーを移動できます。
      • [時間表示] - データを視覚化する方法を選択します。
        • [現在のウィンドウを表示] - 各ステップに関連付けられているデータのみを表示します。 たとえば、ハリケーンの位置を 1 か月の間、毎日表示できます。
        • [データを累積で表示] - データを表示に累積的に追加します。 ウィジェットが次のステップに移動しても、過去のステップのデータは残ります。 たとえば、1 か月にわたるハリケーンの経路を、ハリケーンの毎日の位置を時系列に追加して表示できます。
  • [スタイル] - ウィジェットのレイアウト スタイルとして [クラシック] または [モダン] のいずれかを選択します。
  • [表示設定] - ウィジェットの前景、背景、およびスライダーの色をカスタマイズします。
  • [表示オプション] - 再生コントロールと自動再生を含めるかを選択します。
    • [再生コントロールの有効化] - [再生][一時停止]、および [速度] ボタンを含めます。
    • [自動再生] - ウィジェットを読み込んだときに、時系列アニメーションを自動的に再生します。

このトピックの内容
  1. 使用上の注意
  2. 設定