チャート ウィジェット

チャート ウィジェットは、データ ソースから取得された定量属性をグラフィカルな表現として表示します。 エンド ユーザーが、生データをもとにパターンと傾向を視覚化し、確認することが可能になります。

現在のところ、バー チャート、カラム チャート、ライン チャート、エリア チャート、散布図、パイ チャートから選択できます。 ウィジェットの構成時に選択するカテゴリ タイプによって、チャートは集約されたグループの統計値を表すか、特定のフィールドのすべての値の統計情報を表します。

バー チャート、カラム チャート、ライン チャート、エリア チャートはすべて、表示をレンダリングするデータ シリーズを使用するシリーズ チャートです。 データ シリーズは、チャート上に表示されるデータのセットです。 シリーズとは、属性に基づく値の配列として考えることができます。 配列の各インスタンスはデータ ポイントです。 各データ ポイントは、チャート上にプロットされたときに形状を持ちます。 シリーズ チャートには、一度に 1 つ以上のシリーズを表示できます。 たとえば、米国の各州の男女別人口をチャートで示すことができます。 各州の女性の人口と男性の人口は、どちらもシリーズです。 州の各人口は、シリーズのデータ ポイントになります。

カラム チャートの例

パイ チャートは、データ内の部分と全体の間の関係を表します。 各スライスは 1 つのコンポーネントを表し、合算されたすべてのスライスは全体と等しくなります。 各スライスは、全体に対する数値割合を示すデータ ポイントです。

散布図では、グラフ上にプロットしたポイントを使用し、2 つの変数間の関係性を表示します。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • フィーチャ レイヤーの統計情報グラフを示します。
  • データ パターンを解析し、視覚化します。
  • フィーチャ属性をグラフィカルに比較します。

使用上の注意

ウィジェットにはデータ ソースが必要です。 マップが表示されているかどうかに関係なく、ページでチャート ウィジェットを使用することができます。 データ ソースを選択後、チャート テンプレートを選択して、特定のチャート タイプを開始できます。

チャートのデータ ソースには、次のいずれかを使用できます。

  • 既存のマップ内、またはサービスから追加されたフィーチャ レイヤーまたはシーン レイヤーなどの操作レイヤー
  • マップのテーブル (関連テーブルを含む)
  • 別のウィジェットの出力データ ソース (クエリ ウィジェットのクエリ結果など)

設定

チャート ウィジェットには次の設定があります。

  • [データ ソース] - チャート ウィジェットで解析する属性を含むソース データを選択します。 データ ビューの設定では、データをフィルタリングしてウィジェットに表示される情報を制限したり、データを並べ替えて特定の順序でフィーチャを表示したり、フィーチャの数を制限したりすることができます。
  • [チャート タイプ] - テンプレートを使用し、データ解析を表示する方法に適したチャート タイプを選択します。 接続されているデータ ソースにチャートが含まれる場合、既存のチャートからチャートを作成できます。
    • バー チャートを使用すると、カテゴリに分類されたデータを集約して比較できます。 カラム チャートは縦方向のバー チャートです。
    • ライン チャートを使用すると、時間や距離など、連続的な範囲での変化を視覚化できます。 エリア チャートのパターンはライン チャートとよく似ていますが、異なるデータセット間の変化を示して、時間の経過に伴う値の伸びを表示するのに最も適しています。
    • パイ チャートを使用すると、スライスされたパイまたはドーナツ スタイルでカテゴリ データまたは名義データの比率を示すことができます。
    • 散布図を使用すると、グラフ上にポイントをプロットすることで、2 つのデータ間の関係性を表示できます。
  • [データ] - カテゴリ タイプを選択し、視覚化するデータ属性およびその表示方法を構成することで、チャートのデータ シリーズを生成する方法を定義します。
    • [カテゴリ タイプ] - オプションはカテゴリによって異なります。
      • [グループを使用] - 値をカテゴリ別に表示し、カテゴリごとに 1 つまたは複数のフィールドの統計値を表します。
        • [カテゴリ フィールド] - チャート カテゴリを生成する属性フィールドを定義します。
        • [統計情報] - 指定した数値フィールドに対し、統計値を計算します。 使用可能な方法には、個数、合計、平均、最小値、最大値、中央値があります。
        • [数値フィールド] - 解析する 1 つまたは複数のフィールドを選択します。
      • [フィールドを使用] - 属性値をチャートとして表示し、指定したフィールド (複数可) のすべてのフィールドまたはレコードについて、統計値を示します。
        • [統計情報] - 指定した数値フィールドに対し、統計値を計算します。 使用可能な方法には、合計、平均、最小値、最大値、中央値があります。
        • [数値フィールド] - 統計情報を計算する 1 つまたは複数のフィールドを選択します。
    • [変数] (散布図のみ) - 軸に表示する数値属性を選択します。 [X 軸の数値][Y 軸の数値] の値を選択します。
    • [並べ替え] - チャートを、値またはカテゴリ名の昇順または昇順で並べ替えます。
    • [最大カテゴリ] - チャートに表示する最大カテゴリを指定します。
  • [シリーズ] (パイ チャートと散布図では利用不可) - データ シリーズの積み上げタイプ、シンボル、ラベルを変更します。
    • [積み上げ] - 同じタイプのシリーズを横に並べるか、積み上げるか、100% 積み上げによってグループ化します。
    • [値ラベル] - 各シリーズ シンボルに値ラベルを表示および配置します。
    • シリーズごとに、シンボル スタイルとシリーズ ラベルを編集できます (シリーズ ラベルは、凡例が有効になっている場合にシリーズを区別します)。
    • ライン チャートおよびエリア チャートでは、各統計値のポイントを表示し、ポイント シンボル スタイルを編集できます。
  • [軸] (パイ チャートでは利用不可) - カテゴリ軸と値軸のプロパティをカスタマイズします。
    • [カテゴリ軸] (散布図の場合は [X 軸])
      • [軸のタイトル] - カテゴリ軸のタイトルを指定します。
      • 軸ラベル
        • [文字数制限] - 各カテゴリ ラベルに表示する文字数を指定します。
        • [配置] - 軸の縮尺に従って、カテゴリ ラベルを配置および整列する方法を指定します。
      • [軸グリッド] - 鉛直方向の格子線を表示します。
    • [値軸] (散布図の場合は [Y 軸])
      • [値の範囲] - 最小値と最大値を指定し、軸の縮尺をカスタマイズします。
      • [軸のタイトル] - 値軸のタイトルを指定します。
      • 軸ラベル
        • [小数] - 各値スケールの小数点以下の桁数を指定します。
        • [表記] - 数値の表示形式を選択します。[標準][コンパクト][指数][エンジニアリング] から選択できます。
        • [桁区切り記号を表示] - 1000 以上の値に桁区切り記号を表示します。
      • [軸グリッド] - 水平方向の格子線を表示します。
      • [補助ガイド] - チャートの特定部分に注意を向けるために補助ガイドを表示します。 ラベルの指定、値軸での始点と終点の設定、色とアウトラインのカスタマイズを行ったり、チャートの上と下のどちらにガイドをレンダリングするかを選択したりできます。
  • [スライス] (パイ チャートのみ) - パイ スライスのプロパティをカスタマイズします。
    • [値ラベル] - チャート内の各スライスに値ラベルを表示します。
      • [ラベル タイプ] - [値] つまりフィーチャの数、または [パーセンテージ] でスライスにラベル付けします。 後者のオプションを選択すると、値ラベルとパーセンテージ ラベルの両方が表示されます。
      • [ラベル オフセット] - スライスのエッジからラベルをオフセットするピクセル数を指定します。
    • [グループ化] - その他とラベル付けされた 1 つのカテゴリで特定のパーセンテージのスライスをすべてグループ化します。 たとえば、パイ チャートが 3 つのスライスに分割され、1 つがパイの 90 パーセントを占め、2 つが 5 パーセントを占めている場合、グループ化フィールドに 6 パーセントの値を指定すると、2 つの小さいスライスがパイの 10 パーセントを占める 1 つのその他スライスに結合されます。
    • [アウトライン] - チャートのアウトライン色、パターン、幅をカスタマイズします。
    • [カラー モード] - チャートの色をカスタマイズします。
      • [単一色] - 色を 1 つ選択します。
      • [カテゴリ別] - カテゴリでチャートに色付けします。 設定ボタンをクリックして、[スライス色] ウィンドウを開きます。
        • [スライス色] - カテゴリでスライス色をカスタマイズします。 デフォルトでスライス色設定ウィンドウは、リンクされたデータから最大 20 個のカテゴリを読み込みます。 最大で 50 個のカテゴリを追加できます。 [カテゴリを追加] をクリックすると、値の名前を一致させることでカテゴリを手動で追加できます。または、[自動読み込み] ボタンをクリックすると、リンクされたデータからカテゴリを自動的に読み込むことができます。 クリックするたびに、10 個のカテゴリが読み込まれます。 個別のカテゴリの色を変更するか、[色の適用] をクリックして、事前に作成されたカラー セットから選択します。
  • [一般] - チャートの一般的なプロパティを指定します。
    • [チャートのタイトル] - チャートのタイトルを指定します。
    • [説明] - チャートを説明します。
    • [チャートの方向] - バー チャートをカラム チャート変換するなど、表示方向を変更します。
    • [凡例] - チャートに凡例を表示します。
      • [凡例タイトル] - 凡例のタイトルを指定します。
      • [凡例の位置] - チャートで凡例を配置する場所を指定します。
  • [表示設定] - チャートの外観をカスタマイズします。
    • [背景] - 背景色を変更します。
    • [テキスト エレメント] - チャート内の各テキスト エレメントのテキスト スタイルを編集し、[すべてのテキスト] を有効にすることですべてのテキストにスタイル変更を適用します。
    • [シンボル エレメント] - 軸とグリッドを含む各チャート ライン エレメントのスタイルを編集し、[すべてのライン] を有効にすることで、すべてのエレメントにスタイル変更を適用します。
  • [ツール] - エンド ユーザーがチャート パターンを試し、観察できるよう、ランタイム ツールを追加します。
    • [選択とズーム] - シリーズの選択と、チャートでの拡大または縮小を可能にします。

カテゴリ タイプ

通常、チャートでデータ ソース値の解析、計算、表示を行うためにデータ カテゴリを生成するには、[グループを使用][フィールドを使用] カテゴリ タイプの 2 つのオプションがあります。

グループを使用

[グループを使用] カテゴリ タイプは、値をカテゴリ別に表示します。 このチャートは、データの集約を利用してカテゴリを作成します。 フィーチャやレコードを、指定されたカテゴリ フィールドの値に基づいて、カテゴリ別にグループ化します。 各カテゴリの 1 つまたは複数のフィールドの統計値を示します。 シリーズ チャートまたはパイ チャート内の各データ ポイントは、カテゴリにグループ化したフィールドの統計値 (個数、合計、平均、最小値、最大値、中央値) を表します。 たとえば、Name、Class、Gender、Age、Exam1、Exam2 のフィールドを含む生徒データで Class フィールドを使用し、データをチャート内のさまざまなカテゴリにグループ化できます。たとえば、各 Class カテゴリで Age フィールド値の平均を計算するなどです。

グループを使用カテゴリ タイプのチャートの例

フィールドを使用

[フィールドを使用] カテゴリ タイプは、属性値をチャートとして表示し、指定したフィールド (複数可) のすべてのフィールドまたはレコードについて、統計値を示します。 カテゴリを表すために 1 つ以上の数値フィールドが指定されます。 フィールドまたはカテゴリごとに統計情報のサマリーが計算されて、データ ポイントを作成します。 前の例と同じデータを使用して、全生徒の Exam1 と Exam2 の平均スコアを計算し、プロットできます。

フィールドを使用カテゴリ タイプのチャートの例

操作オプション

チャートは、ソース データの統計値を示します。 チャートと同じソース データを使用して、他のウィジェットを操作するには、[アクション] ウィンドウにアクションを追加できます。 たとえば、バーなどのチャート シンボルを選択し、マップ ウィジェットやリスト ウィジェットで対応するフィーチャを表示します。 そのためには、[メッセージ アクション] をクリックして [レコード選択の変更] のトリガーを追加します。 [フレームワーク] を選択して [データ レコードの選択] を選択します。 トリガー データとはチャート統計値の出力で、トリガーが処理するデータとして追加できます。 トリガー データから取得したトリガー フィールドと、アクション データから取得したアクション フィールドを構成し、トリガーとアクション データを接続します。 接続すると、チャート統計情報の選択肢によって、ソース データの選択アクションが開始します。 また、チャート内に [データ アクション] を構成し、テーブル ウィジェットの統計情報を表示することもできます。

ヒント:

アクション接続を行うために、対応するフィールドは、チャート出力統計とソース データで一致する必要があります。 チャート統計情報データは、結果に基づいて新しい OBJECTID を生成します。これは、ソース データでは同じ一意 ID ではありません。 最適な結果を得るため、チャートを構成するときに使用したカテゴリ フィールドを使用します。

注意:

同じデータ ソースを使用するウィジェットに影響するフレームワークレベルの選択またはフィルタリング アクションを除き、現在のところ、マップ ウィジェットではチャート ウィジェットのメッセージでフラッシュ アクションとフィルター アクションをサポートしています。