ルート案内ウィジェット

ルート案内ウィジェットは、2 つ以上の地点間のターンに基づくルート案内を計算します。 ルートを計算することにより、他のウィジェットでも使用できる出力データ ソースが生成されます。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • 都市計画者が、住宅街から都市公園までの徒歩時間を計算できるようにします。
  • 緊急医療チームが医療センターまでのルートを計画できるようにします。
  • サプライ チェーン マネージャーが、トラックが時間どおりに到着するための出発時間を予測できるようにします。

使用上の注意

このウィジェットには、マップ ウィジェットへの接続が必要です。

デフォルトでは、このウィジェットは ArcGIS World Route Service を使用します。 使用可能なツールは、ウィジェットの設定で指定されるルート URL によって異なります。 アプリにウィジェットを含めると、デフォルトのルート設定により、ルート案内を計算する次のツールがユーザーに提供されます。

  • [ストップの追加] - ルートに新しいストップを追加します。 デフォルトでは、ウィジェットには 2 つのストップが含まれます。 3 つ以上のストップがある場合は、[ストップの削除] を使用してストップを削除できます。 ストップを上下にドラッグすると、順序を変更できます。 住所または場所名を検索し、ストップを構成します。
  • [ストップの反転] - すべてのストップの順序を反転します。
  • 時間と距離 - 輸送方法と、最短ルートを距離で計算するか、時間で計算するかを選択します。 たとえば、[運転時間] を選択すると、2 つの地点間の最も効率的なルートを計算します。同一の 2 つのストップに対して [運転距離] を選択すると、最短距離を計算します。
  • 出発 - ルートを計算するときに、具体的な出発時間を含めるよう選択します。
  • [保存] および [名前を付けて保存] - 生成されたルートを ArcGIS Online アイテムとして保存します。 名前を入力して、新しいフィーチャ レイヤーのフォルダーの場所を選択します。 レイヤーを保存したら、[保存] をクリックして更新したり、[レイヤーの詳細の表示] をクリックしてアイテム ページに移動したりできます。

設定

ルート案内ウィジェットには次の設定があります。

  • [マップ ウィジェットの選択] - マップ ウィジェットを選択します。
  • [ルート設定] - ルート検索ユーティリティ サービス を追加します。 ウィジェットの設定は、例として ArcGIS World Route Service の URL をリストします。
  • [検索設定] - 新しい検索ソースを追加し、検索オプションをカスタマイズします。
    • [ロケーター ソース] - 必要に応じ、デフォルト以外のコンテンツを検索するためのソースを追加します。 それぞれに対し、設定を指定します。
      • [ロケーターの URL] - ジオコーディング ユーティリティ サービスを追加します。
      • [ラベル] - ロケーター ソースのラベルを追加します。
      • [ヒント] - ユーザーが単一ソースを検索するときに、検索ボックスに表示されるヒント テキストをカスタマイズします。
    • [複数の検索ソースに関するヒント] - ユーザーが複数のソースを検索するときに検索ボックスに表示されるヒント テキストをカスタマイズします。
    • [ソース 1 つあたりの最大候補数] - 各ロケーター ソースの候補ボックスに表示される検索数を制限します。
    • [現在の位置を使用] - ユーザーの現在の位置に基づいてストップを検索するための候補オプションを含めます。

このトピックの内容
  1. 使用上の注意
  2. 設定