調査ウィジェット

調査ウィジェットは ArcGIS Survey123 と連携して、調査を作成したり、既存の調査をウィジェットで使用したりできます。 調査ウィジェットを使用して、エンド ユーザーからのフィードバックや一般データを収集できます。 アプリに調査を含めると、質問を行うことでユーザーからデータを収集できます。 質問タイプに応じて、それぞれの質問の答えが元のフィーチャ レイヤー内にあるフィーチャの属性、ジオメトリ、または添付ファイルとして保存されます。 調査データのレイヤーまたはレイヤー ビューを含むマップに調査ウィジェットを接続すると、ユーザーがマップ上のフィーチャをクリックすることで、調査を介してデータを編集または表示できるようになります。

このウィジェットを使用して、次のようなアプリの設計要件をサポートします。

  • プロジェクトに対する一般ユーザーのフィードバックを収集します。
  • 市内の公園についてコミュニティのフィードバックを収集して、調査結果を公園フィーチャ レイヤーに関連するテーブルに保存します。
  • 市周辺のハイキング コースに対する一般ユーザーの評価と意見を収集します。
  • 危険な樹木の調査を行うときには、調査ウィジェットで、フィールド スタッフがマップ上のフィーチャを選択して対応する調査の回答を表示できるようにすると、スタッフがデータを表示したり、値を編集して更新内容を調査レイヤーに送信したりできるようになります。

使用上の注意

調査ウィジェットをページに追加するときは、統合された調査デザイナーを使用して調査を作成するか、既存の調査の 1 つに接続します。 調査を作成するか、既存の調査を選択したら、追加のウィジェット構成設定を使用して、外観を変更したり、アプリから調査にデータを送信したりできます。 たとえば、アプリ内のマップからデータを調査に送信するには、フィーチャ レイヤー内のフィーチャの属性またはジオメトリを調査内の質問に接続します。 アプリ内の調査で収集されたすべてのデータは、調査の元のフィーチャ レイヤーに保存されます。

調査の内容は、ウィジェットの幅に合わせて調整されます。この幅はキャンバスで変更できます。 ウィジェットがアプリのデザインに合わない場合は、調査のテーマを無視するようにウィジェットを構成できます。

ヒント:

ユーザーが複数の回答を送信できるようにする場合は、Survey123 の自動更新の構成方法をご参照ください

設定

調査ウィジェットには、次の設定が含まれています。

  • 調査の選択
    • [新しい調査の作成] - 調査を作成し、アプリでウィジェットを設定します。名前と、必要に応じてタグ、サマリーを指定して [作成] をクリックします。 新しい調査がコンテンツ内に作成され、調査デザイナー ウィンドウが開きます。 調査の設計のヘルプについては、Survey123 ヘルプの「調査の作成と公開」をご参照ください。
    • [既存の調査を選択] - すでに調査を作成してある場合は、リストから選択します。 管理者は、組織のメンバーが作成した調査を選択することもできます。 調査に変更を加えるには、[調査の編集] をクリックして調査デザイナーを開きます。 このウィジェットの調査が Survey123 Connect を使用して作成された場合は、デザイナーで調査の質問の内容を編集することはできません。
  • [表示設定] - アプリのコンテキストに合わせて、調査のその他のレイアウト エレメントを表示します。 たとえば、調査のヘッダー、説明、フッターを含めたり、そのテーマを有効にして調査の色と背景画像を使用したりできます。 (デフォルトでは、ウィジェットには調査の内容がテーマを使わずに表示されるため、アプリのテーマとは競合しません。)
  • [モード] - ユーザーが新しい調査の回答を送信できるのか、あるいは既存のレコードを編集または表示できるのか指定します。 新しい調査の回答を追加するために、必要に応じて、調査の一部の質問に、マップ上で選択したフィーチャのデータを入力するように設定できます。 既存のレコードを編集または表示できるようにするには、調査レイヤーまたはレイヤー ビューを含むマップ ウィジェットを選択する必要があります。
    注意:

    編集モードと表示モードは、Survey123 バージョン 3.9 以降で作成した調査のみをサポートします。

    • [新しいレコードの送信] - ユーザーが調査の回答を送信することで新しいレコードを作成できるようにします。
      • [データをこの調査に送信] - 調査の質問に、ユーザーが回答を手動で入力する代わりに、マップ ウィジェット内にあるフィーチャのジオメトリや属性 (マップ内で選択したフィーチャなど) を使用して記入できます。 たとえば、ユーザーがマップ上の公園を選択したら、選択した公園のオブジェクト ID を調査内で非表示になっている公園 ID の質問に送信します。これにより、ユーザーのコメントを公園レイヤーの特定のフィーチャに関連付けることができます。 複数の属性を調査に渡す場合は、複数の接続を追加します。
    • [既存のレコードの編集] - ユーザーがマップ内のフィーチャを選択して調査内の対応する値を変更することで既存のデータを編集し、更新内容をフィーチャに送信できるようにします。
    • [既存のレコードの表示] - ユーザーがマップ内のフィーチャを選択して調査内の対応する値を表示することで、既存のデータを読み取り専用モードで表示できるようにします。

このトピックの内容
  1. 使用上の注意
  2. 設定