シェープファイル

シェープファイルは、地理フィーチャの場所、形状、および属性を格納する Esri ベクター データ格納形式です。 シェープファイルは一連の関連ファイルとして格納され、1 つのフィーチャクラスを含みます。 多くの場合、シェープファイルには大量の関連データを持つ多数のフィーチャが格納されており、従来 ArcMap などの GIS デスクトップ アプリケーションで使用されてきました。

他のユーザーが Web ブラウザーを介してシェープファイル データを表示できるようにするための主な方法は、そのデータを *.zip ファイルに追加し、そのファイルをアップロードし、ホスト フィーチャ レイヤーを公開することです。 *.zip ファイルは、少なくとも、シェープファイルの構成要素である *.shp ファイル、*.shx ファイル、*.dbf ファイル、および *.prj ファイルを含んでいる必要があります。

以下のリストは、ArcGIS Online でのシェープファイルの使用方法の概要と、手順へのリンクを示しています。

シェープファイルの追加および公開に関する注意事項

ArcGIS Online でシェープファイルを操作する際には、以下の点に注意してください。

  • *.zip アーカイブ以外の圧縮形式はサポートされていません。
  • シェープファイルを構成する *.shp、*.shx、*.dbf、および *.prj ファイルを含む *.zip ファイルを作成する際は、*.zip アーカイブ内のディレクトリではなく、直接ルート (中央ディレクトリ) にシェープファイルを格納します。 *.zip ファイル ビューアーによってパスの情報が表示される場合、パスは空白である必要があります。
  • シェープファイルには有効なジオメトリを含まれている必要があります。 ArcGIS Pro または ArcMap をお持ちの場合、[ジオメトリの修正 (Repair Geometry)] ジオプロセシング ツールを使用して、シェープファイルの無効なジオメトリを修正できます。 Map Viewer Classic では、無効なジオメトリを公開したり描画したりすることはできません。
  • マルチポイントのジオメトリ、日付変更線をまたがるジオメトリ、およびポリゴンでの自己交差はサポートされていません。 これらのフィーチャを含むシェープファイルは、Map Viewer Classic に追加できません。
  • シェープファイルは、Map Viewer Classic に直接ドラッグできません。Map Viewer Classic[追加] ボタンを使用する必要があります。