GeoJSON

GeoJSON は、オープン規格の地理空間データ交換形式で、単純な地理フィーチャとその非空間属性を表します。 GeoJSON は、さまざまな地理データ構造をエンコードするための形式で、JavaScript Object Notation (JSON) に基づいています。 地理座標参照系の World Geodetic System 1984 を使用し、単位として度 (10 進) を使用します。

以下のリストは、ArcGIS Online での GeoJSON ファイルの使用方法の概要と、手順へのリンクを示しています。

サポートされるフィーチャ タイプ

GeoJSON は、以下のフィーチャ タイプをサポートします。

  • ポイント (住所、場所など)
  • ライン ストリング (道路、高速道路、境界など)
  • ポリゴン (国、都道府県、区画など)
  • ポイント、ライン ストリング、またはポリゴン フィーチャのマルチパート コレクション

GeoJSON フィーチャの使用目的は、物理的な世界を表現するだけではありません。 たとえば、モバイルのルート検索およびナビゲーション アプリは、GeoJSON を使用してサービス範囲を描写できます。

サポートされるジオメトリ タイプ

GeoJSON は、以下のジオメトリ タイプをサポートします。

  • ポイント
  • ラインストリング
  • ポリゴン
  • マルチポイント
  • マルチラインストリング
  • マルチポリゴン

その他のプロパティを持つジオメトリック オブジェクトは Feature オブジェクトです。 FeatureCollection オブジェクトにはフィーチャ セットが含まれています。

GeoJSON の例

次に、有効な GeoJSON ファイルの例を示します。

{ "type": "FeatureCollection",
    "features": [
      { "type": "Feature",
        "geometry": {
          "type": "Point",
          "coordinates": [102.0, 0.5]
          },
          "properties": {
            "prop0": "value0"
          }
        },
      { "type": "Feature",
        "geometry": {
          "type": "LineString",
          "coordinates": [
            [102.0, 0.0], [103.0, 1.0], [104.0, 0.0], [105.0, 1.0]
            ]
          },
        "properties": {
          "prop0": "value0",
          "prop1": 0.0
          }
        },
      { "type": "Feature",
         "geometry": {
           "type": "Polygon",
           "coordinates": [
             [ [100.0, 0.0], [101.0, 0.0], [101.0, 1.0],
               [100.0, 1.0], [100.0, 0.0] ]
             ]
         },
         "properties": {
           "prop0": "value0",
           "prop1": {"this": "that"}
           }
         }
       ]
     }

ファイルの整合チェック

Map Viewer Classic で GeoJSON ファイルを ArcGIS Onlineアイテムとしてまたはレイヤーとして追加する場合、ArcGIS Online は、ファイルを整合チェックし、ファイルが無効の場合にはエラー メッセージを表示します。 ArcGIS Online で有効と判断されるためには、GeoJSON ファイルの最初の必須パラメーター typeFeatureCollection に設定する必要があります (下記参照)。

"type": "FeatureCollection"

参考情報

GeoJSON の書式設定および整合チェックの詳細については、以下をご参照ください。