KML

KML は、ArcGIS Earth や Google Earth などのアプリケーションで地理フィーチャを表すために使用される XML ベースのファイル形式です。 KML により、マップまたはグローブ上にポイント、ライン、ポリゴンを描画し、それらを他のユーザーと共有することができます。 KML を使用して、テキスト、ピクチャ、ムービー、またはユーザーがフィーチャをクリックしたときに表示される他の GIS サービスへのリンクを指定することもできます。 Map ViewerMap Viewer Classic などの多くの KML クライアント アプリケーションは無償であり、ユーザーにとってわかりやすいブラウジング環境を提供します。

KML の共有

コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブの [アイテムの追加] ボタンを使用して、非圧縮の *.kml ファイルまたは圧縮された *.kmz ファイルを Web サイトに追加できます。 また、*.kml または *.kmz ファイルの URL を Web のアイテムとして参照して、KML を追加することもできます。

KML を追加すると、所属するグループで KML を共有したり、すべてのユーザーと KML を共有することで KML を公開したりできます。 他のユーザーが KML を利用する際は、Map Viewer または Map Viewer Classic で KML を開くか、ファイルをコンピューターにダウンロードするかを選択できます。

マップへの KML レイヤーの追加

マップ上に表示したい特定の KML ドキュメントが Web 上にある場合、Map Viewer または Map Viewer Classic で Web 上のレイヤーとして追加できます。

マップでの KML の使用に関する注意事項

KML は、元々 ArcGIS Earth などの 3D 地表ブラウザーでフィーチャを表示するために作成されたものです。 現在、KML は Map ViewerMap Viewer Classic などのさまざまな 2D Web ブラウザー クライアントでサポートされています。 KML の一部の機能は 2D 画面では正常に動作せず、Web ブラウザー クライアントでのサポート内容にはいくつかの制限があります。

サポートされている機能

Map ViewerMap Viewer Classic は、KML の要素および機能の一部分をサポートしています。 Esri は引き続き KML のサポートを拡大していくため、下記リストの項目は増えていく予定です。

  • プレースマーク
  • データを動的にインポートするためのネットワーク リンク
  • グラウンド オーバーレイ
  • フォルダー
  • ポリラインおよびポリゴン
  • 色、塗りつぶし、および不透明度を含むポリラインおよびポリゴンのスタイル
  • KML レイヤーの印刷
  • アイコン
  • 説明用の HTML
  • KMZ (添付画像を含む、圧縮された KML)
  • Web サイトでの KML レイヤーの埋め込み
  • ポップアップによる詳細情報内の ExtendedData
  • 更新パラメーター付きのネットワーク リンク
  • ホットスポット ノード付きの KML アイコン

制限事項

Map ViewerMap Viewer Classic で KML レイヤーを使用する際の現在の制限事項は以下のとおりです。

  • リージョン化された KML、表示ベースおよび時間ベースの更新パラメーター、ネットワーク リンク内部のリージョン、およびスクリーン オーバーレイはマップには表示されません。
  • 更新プロパティがないグラウンド オーバーレイおよびネットワーク リンクは印刷されません。
  • 大きなエリアをカバーするイメージ オーバーレイは、歪んで表示される場合があります。
  • デフォルトでは、KML レイヤーの更新内容を表示するには、30 分のキャッシュの遅れが生じます。 レイヤーに 30 分未満の更新パラメーターが含まれている場合は、更新間隔が適用されます。 更新間隔の最小値は 30 秒です。
  • KML レイヤーはベースマップとしては使用できません。
  • Map Viewer Classic では KML レイヤーの表示範囲を設定することはできません。 KML レイヤーの表示範囲は Map Viewer で利用できます。
  • KML レイヤーはマップ コンテンツ内で並べ替えることはできません。
  • 内部 KML レイヤーはサポートされていません。
  • ポップアップの構成は KML レイヤーではサポートされていません。 レイヤー内のフィーチャにデータがあれば、ポップアップに自動的に表示されます。ポップアップを構成したり無効にしたりすることはできません。
  • KML レイヤーにポップアップが表示される場合、インライン スタイルはサポートされていません。
  • 10 MB を超える KML レイヤーはマップに追加できません。