カテゴリのスタイル設定 (Map Viewer Classic)

注意:

このトピックには、Map Viewer Classic に関連する情報が含まれています。 マップ ビューアーの機能が強化されました。 アプリ ランチャーから Map Viewer を開いて起動できます。 詳細については、Map Viewer のヘルプ ドキュメントをご参照ください。

Map Viewer Classic では、各種スマート マッピング スタイルを使用してさまざまな方法でデータを探索することができます。 Map Viewer Classicスタイルの変更を使用する場合、デフォルトで表示されるスタイル設定の選択肢は、データの性質によって決まります。 レイヤーの表現方法を決定した後、そのレイヤーの外観に変更を加えることができます。これらの変更は直ちにマップに反映されます。 Map Viewer Classic では、カラー ランプ、ライン幅、透過表示、シンボルなどのスタイル エレメントを編集できます。

データのカテゴリ別の分布を表示したい場合があります。 これを行うには、[タイプ (個別値シンボル)] スタイルまたは [タイプとサイズ] スタイルを使用します。

種類 (個別値シンボル)

個別値シンボルを使用すると、個数や計測値ではなく、さまざまなタイプ (カテゴリ データ) を表示できます。 たとえば、さまざまな色を使用して、市内のそれぞれの線路を表すことができます。 例をご参照ください

注意:

個別値の絶対的な上限は 200 個ですが、10 色しか使用されないため、複数のカテゴリが同じ色で表される場合があります。 つまり、個別値シンボルは、カテゴリ数が 2 〜 10 (レストランのタイプ、樹木のタイプ、政党など) の場合に最も効果的です。

個別値シンボルを使用して、タイプによってデータのスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更のワークフロー」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. [表示する属性を選択] の下のドロップダウン リストを使用し、レイヤーのスタイルの基準となる値を含むフィールドを指定します。
  3. [種類(個別値シンボル)] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • すべてのマップ シンボルを一度に変更するには、[シンボル] をクリックします。 詳細については、「シンボルの変更」をご参照ください。
    • カテゴリのいずれかを個別にカスタマイズするには、リスト内の各カテゴリの横にある色付きのシンボルをクリックします。 データがポイント、ライン、またはエリアのいずれであるかに応じて、シンボルの種類ごとに適切なスタイル設定オプションが表示されます。 たとえば、データがポイントである場合は、ポイント シンボルの形状、塗りつぶし色、ストローク、およびサイズを変更できます。
    • カテゴリの順序を変更するには、リスト内のカテゴリを上下にドラッグします。
    • レイヤーに表示するカテゴリを 10 種類未満にするのが理想的です。10 種類よりも多いと、色だけで区別するのが難しくなります。 データに含まれるカテゴリ数が 10 を超えている場合は、最も数の多い 10 のカテゴリが表示され、残りが [その他] カテゴリに自動的にグループ化されます。 フィーチャ数を決定できない場合は、アルファベット順に最初の 9 つのカテゴリが個別にリスト表示され、残りが [その他] カテゴリにグループ化されます。 これらの観測データのグループ化を 1 つずつ解除するには、それらを [その他] リストからメイン リストにドラッグするか、[値を除外します] 値を除外します をクリックします。 これらの観測データのグループ化をすべて同時に解除するには、[グループ解除] グループ解除 をクリックします。 [その他] に属するフィーチャを非表示にするには、チェックボックスをオフにします。 表示するには、チェックボックスをオンのままにしておきます。
    • 最適な表示範囲を計算して設定するには、[表示範囲] スライダーの横にある [自動設定] をクリックします。 スライダーを移動して手動で表示範囲を設定することもできます。
    • レイヤー全体の透過表示を変更するには、[透過表示] スライダーを左へ移動 (透明度を減少) するか、右へ移動 (透明度を増加) します。 個々のカテゴリに適用される透過表示を調整するには、カテゴリ名の横にあるカラー チップをクリックします。 フィーチャごとに個別位置の透過表示を調整するには、[属性値] をクリックして属性フィールドを選択し、必要な場合は (データを正規化するために) 除数になる属性を選択し、透過表示の範囲を設定します。 このオプションは、位置に関連付けられた数値データまたは日付データが存在する場合にのみ使用できます。 たとえば、レストランの売上データがレイヤーに含まれている場合、各レストランの [種類] を選択し、個々のレストランの透過表示を年間売上によって設定できます。 凡例の透過表示ランプを非表示にするには、[凡例を表示] ボックスをオフにします。
      ヒント:

      フィーチャの透過表示を設定する際には、Arcade で記述したカスタム属性条件式も使用できます。 Arcade 条件式は、[ヒート マップ][主要カテゴリ][主要カテゴリおよびサイズ]、および [期間] スタイルを除く、すべてのスタイルでサポートされます。 レイヤーに既存のレンダリング式がある場合は、ドロップダウン メニューの下部から選択できます。 あるいは、[式の編集] ボタンをクリックして編集ウィンドウで変更を行って、Map Viewer Classic で式を直接編集することもできます。

      さらに、ドロップダウン メニューから [新しい式] を選択し、エディター ウィンドウを使用して式を作成し名前を付けることで、カスタム式を作成できます。 これまでに、レイヤーのラベルポップアップで使用する式を作成していた場合は、その式を編集ウィンドウの [既存] タブから選択し、自分の式を構築できます。

  5. スタイルのカスタマイズが完了したら、[OK] をクリックします。選択内容を保存しないで [スタイルの変更] ウィンドウに戻る場合は、[キャンセル] をクリックします。

タイプとサイズ

このスタイルでは、異なるサイズと色別に異なるカテゴリを使用してデータを表現できます。 個別値を示すテキスト、日付、または数値フィールドと、サイズ値を示す数値フィールドを選択し、必要に応じて、各属性のマップ シンボル設定を調整します。 たとえば、このスタイルは、フロリダの道路における 1 日当たりの交通量の年間平均などの数属性を表示したり、地区など別のフィールドの値ごとに一意の色を使用する場合に使用します。 例をご参照ください

個別値とサイズを使用して 2 つの属性のスタイルを設定するには、次の手順に従います。

  1. スタイルの変更のワークフロー」に記載された最初の 4 つの手順を実行します。
  2. 1 番目に表示する属性を選択します。
  3. [属性の追加] をクリックし、2 番目に表示する属性を選択します。
  4. [タイプとサイズ] スタイルをクリックして、[オプション] をクリックします。
  5. オプションを [個別値シンボル] (最初の属性) と [サイズ] (2 番目の属性) に適用します。