新機能

ArcGIS Experience Builder の 2022 年 6 月の更新には、以下に示す新しい機能、ウィジェットおよび機能拡張が含まれています。

  • ドキュメント - ArcGIS Enterprise Web ヘルプが ArcGIS Online ドキュメントと並行して利用できるようになりました。 各トピックの上部にある新しいスイッチャーを使用して、他の使用可能なバージョンを表示できます。
  • シンボル - [マップ上に表示] メッセージとデータ アクションにより、シンボルをカスタマイズできるようになりました。
  • テンプレート - 3 つの新しい全画面ページ テンプレート (ルート、ギア、ショーケース、イベント、スケッチブック) と 1 つの新しいウィンドウ テンプレート (ステップ) が追加されました。
  • ユーティリティ サービス - 新しい [ユーティリティ サービス] パネルを使用すると、印刷、ジオコーディング、ルート検索などを有効化するサービスを追加できます。 該当する場合は、ウィジェットの設定にユーティリティ サービスを選択または追加するオプションが含まれるようになりました。 追加するには、サービスの URL を入力するか、ArcGIS Online アイテムを選択します。 ArcGIS アカウントを使用してユーティリティ サービスへのパブリック アクセスを認証できます。

ウィジェット

スタイル設定に、境界、背景、ボックスの影のクイック スタイル オプションが含まれるようになりました。 [ウィジェットの挿入] パネルで、ブランチ バージョン管理ウィジェットなどのウィジェットに追加のサブスクリプションが必要であることを示すアイコンとツールチップが表示されるようになりました。 その他の改善として、次の新しいウィジェットと更新されたウィジェットがあります。

  • 3D ツールボックス ウィジェット (新規) - 3D 効果と解析ツールを Web シーンに追加します。 現時点で、ウィジェットは日光、天気、影、見通しツールをサポートしています。
  • 印刷ウィジェット (新規) - Web マップを印刷でき、範囲をプレビューしたりレイアウトを選択したりするためのオプションが含まれます。
  • タイムライン ウィジェット (新規) - Web マップ、フィーチャ レイヤー、およびマップ サービス レイヤーから時系列データを表示して、データが時間の経過に伴ってどのように変化するかを確認できます。
  • Business Analyst インフォグラフィックス (ベータ版) ウィジェット - 印刷をサポートし、HTML および Excel へのエクスポートが可能です。 全画面モードでインフォグラフィックスを表示したり、ページ ズームを無効化したりするオプションを提供します。 また、ウィジェットの設定の新しい [インフォグラフィックスの更新] ボタンを使用すると、すべての変更を一度に適用できます。
  • ルート案内ウィジェット - 計算されたルートを ArcGIS Online アイテムとして保存できるようになりました。
  • フロア フィルター ウィジェット - 正式版になりました。
  • チャート ウィジェット - 中央値の統計情報の計算をサポートします。 バー チャート、カラム チャート、ライン チャート、散布図、エリア チャートに補助ガイド設定が追加されました。これを使用して、関心のある値をハイライト表示できます。 また、バー チャートとカラム チャートの値ラベルの位置をカスタマイズできるようになりました。
  • 座標変換ウィジェット - 住所を入力するとき、一致したレコードに基づいて表示される自動補完候補のリストから選択できるようになりました。
  • フィルター ウィジェット - すべてのフィルターを元の状態にリセットできます。
  • リスト ウィジェット - グリッド リストを左、中央、右に配置できるようになりました。 さらに、このウィジェットは、すべてのリスト フィルターを元の状態にリセットできます。
  • マップ ウィジェット - フィーチャ選択に対して、塗りつぶしに加えてハイライトのアウトラインをカスタマイズできるようになりました。また、両方の透過表示をカスタマイズできます。
  • マップ レイヤー ウィジェット - 該当する各レイヤーのラベルの表示/非表示を選択できます。 レイヤーが ArcGIS Online アイテムの場合、[詳細] をクリックすると、レイヤーのアイテム ページが開きます。
  • 検索ウィジェット - ページに加えて、検索結果から特定のウィンドウやセクション ビューを開いたり、ブロックや現在のページの上部にスクロールしたりできるようになりました。 ロケーター ソースの場合、検索結果パネルに表示するフィールドを 1 つ以上選択できるようになりました。 選択したフィールドをドラッグして並べ替えることができます。
  • 調査ウィジェット - 新しい調査をタグを追加しないで作成する操作をサポートします。 また、このウィジェットは、ユーザーが回答を送信した後に自動的に更新しないようになりました。ユーザーがウィジェットを手動で更新するまで、ありがとうございました画面が表示されたままになります。 ユーザーが複数の回答を送信できるように自動更新を構成する場合、Survey123 ビルダーを使用できます。

このトピックの内容
  1. ウィジェット