新機能

ArcGIS Experience Builder の 2021 年 4 月の更新には、以下に示す新しい機能、ウィジェットおよび機能拡張が含まれています。

  • データ ソース - アプリ全体のデータ ソースを設定する際、選択されているフィーチャ ビューを選択したり、クエリ ウィジェットやチャート ウィジェットが生成した出力データを使用したりできるようになりました。
  • データ アクション - 新しいデータ アクション設定を使用して、サポートされているウィジェットにアクション メニューを提供します。エンド ユーザーは、ファイルへのエクスポートやレコードのターゲット ウィジェットへの表示など、実行時にデータを処理できます。
  • テンプレート - 4 つの新しいデフォルト アプリ テンプレートと、3 つの新しいページ テンプレートから選択し、説明付きのツアーや、状況監視用の単一または複数ページのレイアウトを使用してデータを視覚化できます。
  • ウィンドウ - さまざまな画面サイズに対応できるよう、ウィンドウの配置、サイズ、レイアウトをカスタマイズできます。
  • レイアウト - キャンバスに高度なスナップ ラインが表示されるので、全画面ページ、ウィンドウ、および固定されたパネルやサイドバーのレイアウトでウィジェットの整列や正確な配置を行えます。

ウィジェット

  • ブランチ バージョン管理 (新規) - ブランチ バージョン対応データセットのバージョンを管理します。 このウィジェットは、マップが表示されているまたは表示されていないページで使用できます。 このウィジェットで行われた変更は、アプリ全体のデータに影響するため、同じサービスを使用する他のウィジェットにも、それに応じたバージョンが表示されます。
  • チャート ウィジェット (新規) - 操作レイヤーから定量属性を視覚化して、潜在的なパターンや傾向を明らかにします。
  • 座標変換ウィジェット (新規) - 複数の表記形式を使って、異なる座標系間で座標を変換できます。
  • クエリ ウィジェット (新規) - 属性または空間フィルター クエリを実行することで、データ ソースから情報を取得できます。 作成されたレコード トリガーを使用すると、マップ上にクエリ結果を自動的に表示し、フィーチャにズームするなどのアクションを追加できます。
  • 埋め込みウィジェット - Web エクスペリエンスから埋め込みアプリに URL パラメーターを渡してやり取りすることで、実行時に埋め込みアプリに表示される情報を制御できます。 単一の URL エディターを使用して、接続されたデータ属性かアプリの URL パラメーターから動的 URL を作成するか、静的 URL を直接追加します。
  • マップ ウィジェット - 視覚効果と読み込み効率のバランスを取る Web シーン用の新しい品質オプションを提供します。
  • テーブル ウィジェット - テーブル ウィジェットはベータ版ではなくなり、データ ケーパビリティとユーザーの資格情報をチェックすることにより、属性の編集をサポートします。 選択モードが追加されている場合は、ユーザーがテーブルの単一または複数のレコードを選択することを許可できます。

このトピックの内容
  1. ウィジェット