表示設定

質問タイプごとに表示設定を行うことで、質問の表示方法を変更できます。 調査の質問の表示設定と機能を変更するには、スプレッドシートに [appearance] 列を追加します。

これらの表示設定のうち、すべてが Survey123 のフィールド アプリと Web アプリのどちらでもサポートされているわけではありません。それぞれの環境で動作すると思われる表示設定をまとめた表については「クイック リファレンス」をご参照ください。 この表は Survey123 の Advanced フォーム テンプレートの [Appearances] シートにもあります。

ヒント:

質問が調査でどのように表示されるかについては、Survey123 Connect の表示設定のサンプルをご参照ください。 ArcGIS アカウントを使用してサンプルを公開すると、質問が Survey123 Web アプリでどのように表示されるかについても確認できます。

複数の表示設定

表示設定をスペースで区切ることで、複数の表示設定を質問の [appearance] 列に追加できます。 表示設定は任意の順序で指定できます。 たとえば、画像の質問では、次の 3 つの表示設定を [appearance] 列に指定できます。

annotate new-front multiline

グリッド レイアウトを使用する調査の質問で幅の表示設定を指定できます。 幅は、質問タイプでサポートされている表示設定を任意に組み合わせて指定できます。 たとえば、グリッド レイアウトの単一選択肢の質問では、[appearance] 列に次のように指定できます。

w3 likert

質問の非表示

表示設定を [hidden] に設定することで、調査の入力時に group や repeat などを含む質問タイプを非表示にしながら、デフォルト値と計算を適用し送信することができます。 どの質問タイプにも適用できるため、非表示の質問タイプよりも汎用性が高い設定です。

テキスト

表示設定を [multiline] に設定すると、テキストの質問が複数行のテキスト ボックスとして表示されます。 [body::esri:style] 列に defaultHeight パラメーターを設定すると、このテキスト ボックスのデフォルト高さを設定できます。 たとえば、[body::esri:style] 列に defaultHeight=5 と入力すると、調査が開いたときに複数のテキスト ボックスに 5 つの行が表示されます。 これが設定されていなければ、調査が開いたときに複数行テキスト ボックスに 3 つの行が表示されます。

表示設定を [predictivetext] または [nopredictivetext] に設定すると、モバイル デバイス上でテキストの質問の予測テキストが有効または無効になります。 テキストの質問の予測テキストは、Android 上ではデフォルトで無効になり、iOS 上ではデフォルトで有効になります。

注意:

質問の高さの制御は、Survey123 Web アプリではサポートされていません。

[predictivetext] および [nopredictivetext] の表示設定は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

一部のキーボードで音声合成機能を無効化できる、テキスト質問の予測テキストが Android ではデフォルトで無効になっています。 対象の質問で音声合成を有効にするには、[predictivetext] 表示設定をテキスト質問に適用します。

InfraMarker テキスト

次の表示設定を使用して、InfraMarker RFID タグに対するデータの読み書きを行います。

テキストの質問の表示設定を [inframarker] に設定すると、タグに書き込む情報を定義できます。 この情報には assetOwner、assetName、latitude、longitude を含めることができ、値は調査の他の質問から取得できます。 たとえば、[calculation] 列の次の式では、asset_nameasset_ownerlatlong の各質問からの回答がタグに書き込まれます。

concat("assetName=", ${asset_name}, "&assetOwner=", ${asset_owner}, "&latitude=", ${lat}, "&longitude=", ${long})

同じ調査で別のテキストの質問の表示設定を [getinframarkerid] に設定すると、一意の 24 文字の InfraMarker タグ ID が取得されて調査に保存されます。

詳細については、InfraMarker ドキュメントをご参照ください。

ジオコード

表示設定を [geocode] に設定すると、テキストの質問がジオコーディングされた住所の検索と送信に使用されます。 住所の入力を開始すると、組織のデフォルトのジオコーダーに基づき、位置の候補が一連の自動入力オプションとして表示されます。 ユーザーがサイン インしていない場合は、ArcGIS World Geocoding Service が使用されます。 最後に選択された住所が文字列としてフィーチャ レイヤーに送信されます。ただし、完全にジオコーディングされたデータは、送信される前に JSON オブジェクトとして一時的に格納されるため、個々のプロパティを他のフィールドに抽出できます。

JSON オブジェクトから特定のプロパティを抽出するには、他の質問の [calculation] 列の pulldata("@json") 関数を使用します。

pulldata("@json", ${address}, "location.x")

pulldata("@json", ${address}, "searchCandidate")

個々のプロパティを定義しなければ、JSON オブジェクト全体が単一テキスト フィールドで返されます。

pulldata("@json", ${address})

pulldata("@json") 関数の詳細については、「JSON からの値の取得」をご参照ください。

注意:
ArcGIS World Geocoding Service を使用するジオコーディングでは、クレジットが消費されます。 詳細については、「クレジットの概要」をご参照ください。

結果を返すために特定のジオコーダーを設定するには、[bind::esri:parameters] 列にジオコーダーのアイテム ID を指定します (例: geocode=36ff9e8c13e042a58cfce4ad87f55d19)。 ArcGIS Online の調査で使用されるジオコーダーは ArcGIS Online のアイテムである必要があります。 ArcGIS Enterprise の調査で使用されるジオコーダーは調査と同じポータルのアイテムである必要があります。

使用可能なプロパティは、ジオコーダーによって異なります。 ただし、searchText プロパティは例外です。このプロパティは、使用されるジオコーダーにかかわらず提供され、住所を検索するために使用される正確な文字列か、結果リストから選択したオプションを返します。

[geocode] 表示設定の質問の表示をさらに制御するには、[body::esri:style] 列で次のいずれかのパラメーターを設定します。

  • indicator - ジオコードされた結果に、現在のデバイスの位置からの方向と距離を表示できます。 このパラメーターは、distancedirection、両方の値のカンマ区切り、または none に設定できます。 デフォルトでは、このパラメーターは距離のみを表示するよう設定されています。
  • proximity - ジオコードされた結果に、デバイスの位置から一定の半径内にある結果のみを表示するかどうかを制御します。 このパラメーターには、数字と、標準的な単位 (m (メートル)、km (キロメートル)、ft (フィート)、mi (マイル)、yd (ヤード)) を使用できます。 単位が指定されていなければ、デフォルトではメートルが使用されます。 0 に設定されている場合、proximity は検索結果に表示されません。 デフォルトでは、このパラメーターは on に設定されています。つまり、距離によって位置を除外せずに、近接性に基づいて候補を並べ替えます。
  • maxResults - 表示される結果の最大数を制御します。たとえば、maxResults=10 は、最大で 10 件の結果を返します。 デフォルトでは、このパラメーターは最大で 6 件の結果を表示するよう設定されています。
  • suggestions - ArcGIS REST APIsuggest 操作のインターフェイスとして使用され、ユーザーが検索に入力したときに候補を表示するかどうかを決定します。 デフォルトでは、このパラメーターは yes に設定され、パラメーターを no に設定することで無効にできます。 suggest 操作がジオコード サービスで有効になっていないと、このパラメーターは無効です。

[geocode] の表示設定にはインターネット接続が必要です。オフライン環境では動作しません。

注意:

indicator、proximity、maxResults、suggestions パラメーターは、Survey123 Web アプリではサポートされていません。

ArcGIS World Geocoder を使用する住所のジオコーディングでは、クレジットが消費されます。 詳細については、「クレジットの概要」をご参照ください。

距離計

表示設定を [rangefinder] に設定することで、テキストの質問で完全な JSON オブジェクト、または距離計から返された指定の値を受け付けることができます。 完全な JSON オブジェクトを受け付けるために使用した場合、この質問では [bind::esri:fieldLength] を「1000」に設定して値全体を受け付けられるようにする必要があります。

表示設定を [rangefinder] に設定することで、整数または小数の質問で距離計から返された指定の値を受け付けることができます。 height、azimuth、horizontalDistance、slopeDistance、inclination のいずれかの値を [bind::esri:parameters] 列で使用することで、どの計測値を保存するかを指定します。 たとえば、「measurement=height」の場合には距離計から返された高さの値のみが保存されます。

Date

表示設定を [year] に設定すると、日付の質問が年のみのボタンで表示され、矢印で年の値を増減できます。

年のセレクター

表示設定を [month-year] に設定すると、日付の質問が月のボタンと年のボタンのペアで表示されます。 それぞれに値を増減させる矢印が付いています。

月と年のセレクター
注意:

調査が現在の月と年の値を読み込む場合、[year] および [month-year] の表示設定が表示されます。 ただし、それらの値はまだ含まれておらず、手動で編集しない限り、空の値が送信されるか、デフォルト値または計算が適用されます。

表示設定を [week-number] に設定すると、日付の質問は日付選択用のカレンダー ピッカーで表示されますが、選択後の結果は、その年の何週目かという数値で表示されます。 たとえば、2016 年 4 月 27 日を選択すると、結果には Week 17 と表示されます。

週数
注意:

[week-number] 表示設定は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

単一の選択肢

表示設定を [minimal] に設定すると、Select one の質問がドロップダウン メニューに表示されます。

Select one の質問に対する minimal の表示設定

表示設定を [horizontal] に設定すると、Select one の質問の選択肢が等幅の列に水平に表示されます。

Select one の質問に対する horizontal の表示設定

[compact] の表示設定は [horizontal] の表示設定と似ていますが、列の幅の決定方法が異なるので、選択肢の表示領域が狭くなる可能性があります。

[compact] の表示設定の最大列数は、ハイフンで区切って数値を入力することで指定できます。 たとえば、[compact-3] では質問が最大 3 列に制限されます。

[compact][horizontal-compact] の表示設定は同じです。 Survey123 Web アプリでは、これらの表示設定は列を使用せず、間隔なしで行に並んだ Select one の質問の選択肢ラベルに適合します。

表示設定を [likert] に設定すると、Select one の質問がリッカート尺度として表示されます。 リッカート尺度とは評価用の尺度で、回答者が左右対称の賛成/反対のステートメント尺度で、自分がどの程度同意するか、明示することができます。

Select one の質問に対する likert の表示設定

表示設定を [autocomplete] に設定すると、Select one の質問がテキスト フィールドとドロップダウン メニューで表示されます。 フィールドにテキストを入力すると、ドロップダウン メニューがそのテキストを含む回答のみに制限されます。 選択肢リストが非常に長い場合に便利です。

Select one の質問に対する autocomplete の表示設定

表示設定を [image-map] に設定すると、Select one の質問は [media::image] 列で参照される画像として表示されます。このとき、画像の選択可能な地域が選択肢となります。 これが動作するには、この表示設定で SVG ファイルを調査の media フォルダーで指定し、選択肢リストの名前の値が SVG ファイルの地域のパス ID と一致する必要があります。 詳細については、「SVG ファイルの操作」をご参照ください。

Select one の質問に対する image-map の表示設定
注意:

[image-map] の表示設定は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

複数の選択肢

表示設定を [minimal] に設定すると、複数の選択肢の質問がドロップダウン メニューに表示されます。

表示設定を [horizontal] に設定すると、複数の選択肢の質問の選択肢が等幅の列に水平に表示されます。

[compact] の表示設定は [horizontal] の表示設定と似ていますが、列の幅の決定方法が異なるので、選択肢の表示領域が狭くなる可能性があります。

[compact] の表示設定の最大列数は、ハイフンで区切って数値を入力することで指定できます。 たとえば、[compact-3] では質問が最大 3 列に制限されます。

[compact][horizontal-compact] の表示設定は同じです。 Survey123 Web アプリでは、これらの表示設定は列を使用せず、間隔なしで行に並んだ複数の選択肢の質問の選択肢ラベルに適合します。

表示設定を [image-map] に設定すると、複数の選択肢の質問は [media::image] 列で参照される画像として表示されます。このとき、画像の選択可能な地域が選択肢となります。 これが動作するには、この表示設定で SVG ファイルを調査の media フォルダーで指定し、選択肢リストの名前の値が SVG ファイルの地域のパス ID と一致する必要があります。 詳細については、「SVG ファイルの操作」をご参照ください。

注意:

[image-map] の表示設定は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

検索

単一選択肢の質問と複数選択肢の質問も [search] 表示設定をサポートします。これを使用することで、調査の [media] フォルダーか、既存のフィーチャ レイヤーまたはテーブルの CSV テーブルの値を選択肢リストに含めることができます。 [search] 表示設定を使用する場合も、choices ワークシートの入力を含める必要があります。ただし、それぞれの選択肢をリストする代わりに、既存のフィーチャ レイヤーまたはテーブルからフィールド名を参照します。

次の例では、[us_states] という名前の選択肢リストが choices ワークシートに定義されており、選択名とラベルの両方で [STATE_NAME] フィールドを使用します。

survey ワークシートの選択肢リストの検索

次の例では、この選択肢リストは、他の選択肢リストと同じ方法で survey ワークシートで参照されます。ただし今回は、選択肢を取得する既存のフィーチャ レイヤーを参照する、search 表示設定の式が含まれます。

survey ワークシートの選択肢リストの検索

search 表示設定の式は次のように作成します。変数はカンマで区切ります。

search(tableName, searchType, searchColumn, searchText, filterColumn, filterText)

tableName パラメーターは、調査の media フォルダーの CSV ファイルの名前 (例: airports) か、名前を先頭に付けたフィーチャ レイヤーまたはマップ サービス レイヤーの URL を使用し、Survey123 が内部的にテーブルを参照できるようにします。 このテーブル名はホスト レイヤーの名前と一致する必要はありませんが、Survey123 が内部的に検索を参照する方法であるため、調査で使用されるその他すべてのテーブル名や CSV ファイルとは異なる必要があります。 必要に応じ、フィーチャ レイヤーまたはマップ サービス レイヤーの REST エンドポイントにクエリ リクエスト パラメーターを追加し、検索動作を構成できます。 次の例では、resultRecordCount パラメーターにフィーチャ レイヤー URL が追加され、選択肢リストに最初の 10 件のクエリ結果が入力されます。検索は、airports という名前で内部に格納されます。

"airports?url=https://services1.arcgis.com/e7dVfn25KpfE6dDd/arcgis/rest/services/Airports2/FeatureServer/0&resultRecordCount=10"

追加のパラメーターはオプションですが、検索結果を絞り込むために使用できます。

パラメーター説明

searchType

実行される検索のタイプを制御し、検索対象のテーブルがフィーチャ レイヤー内の空間テーブルであるか、または CSV またはフィーチャ テーブルの非空間テーブルであるかに応じて、異なる値を使用します。 空間テーブルの場合、使用できる検索タイプは intersectscontainscrossesenvelope_intersectsindex_interceptsoverlapstoucheswithin です。 詳細については、「空間リレーションシップ」をご参照ください。 非空間テーブルの場合、サポートされる検索タイプは containsstartswithendswithmatches です。

searchColumn

searchText パラメーターのテキストを検索する列を指定します。 これらの列は、テーブル自体から取り出されたものです。 さらに、フィーチャ レイヤーの空間テーブルは、@geopoint@geotrace@geoshape 列を検索できます。

searchText

検索対象で、かつ searchColumn パラメーターで返されるテキストが含まれます。

さらに、フィルター パラメーターを検索式に追加することで、選択肢リスト値をさらに絞り込むことができます。

パラメーター説明

filterColumn

filterText パラメーターで指定されたテキストの一致を検索する列を設定します。 検索クエリは、このテキストを含む結果のみを返します。 filterColumn パラメーターおよび filterText パラメーターは、一緒に使用される必要があります。

filterText

filterColumn パラメーターが指定した列で検索対象となっているテキスト。 filterColumn パラメーターおよび filterText パラメーターは、一緒に使用される必要があります。

次に、search 表示設定のオプション パラメーターの一部を含む検索式の例を示します。 前の質問を検索テキストとして使用し、CSV ファイルの内容を選択肢リストに設定します。

search('csvName', 'matches', 'breed', ${DogQuestion})

注意:

表示設定が [autocomplete] の select_one の質問と同じように、表示設定が [search] の質問が Survey123 Web アプリに表示されます。

マップの質問

表示設定を [press-to-locate] に設定すると、ジオポイントの質問は、ユーザーが質問と対話したときにのみ位置情報の値を受け付けます。フォームがロードされるとすぐに位置情報を取得するという、デフォルトの動作は行われません。 ジオトレースやジオシェイプの質問は、最初にマップと対話するときにポイントを捕捉することなく、ユーザーの位置を中心に合わせます。

注意:

[press-to-locate] の表示設定は Survey123 フィールド アプリでのジオトレースとジオシェープの質問ではサポートされていません。

ジオポイント

表示設定を [hide-input] に設定すると、Survey123 Web アプリで表示されるジオポイントの質問は、デフォルトの座標入力ボックスではなく、読み取り専用の座標値で表示されます。

ジオポイントの質問に対する hide-input の表示設定
注意:

[hide-input] の表示設定は Survey123 フィールド アプリでサポートされていません。

画像

表示設定を [signature] に設定すると、signature を取得するためのポップアップが画像の質問に表示されます。

画像の質問に対する signature の表示設定

ポップアップと同じ寸法で signature が .jpg 画像添付ファイルとして保存されます。 デフォルトでは、ポップアップの幅はデバイスの画面と同じになり、高さは 200 ピクセルに固定されています。 ポップアップの最大幅を設定するには、[parameters] 列で max-pixels 値を定義します (例: max-pixels=400)

[default] 列で画像を指定して、signature のカスタム背景を設定することもできます。 ポップアップの縦横比はデフォルト画像の寸法によって決まります。

ポップアップの幅は以下のなかで最も小さいものと同じになります。

  • max-pixels
  • デフォルト画像の幅
  • デバイスの画面の幅

デフォルト画像が指定されている場合を除き、高さは 200 ピクセルになります。

signature 表示設定を使用して調査をデザインする場合は、すべての対象デバイスの画面サイズを考慮に入れるようにしてください。

[body::esri:style] 列の footerText パラメーターを使用して、signature の質問のポップアップに対してフッター テキストを指定できます。 値を指定せずに footerText パラメーターを使用すると、signature の下に質問のガイダンス ヒントが表示されます。 これは、footerText=@[hint] を使用して質問のヒントに変更できます。 フッター テキストで使用されるヒントまたはガイダンス ヒントは、質問の名前の下にあるデフォルトの場所には表示されません。 ヒントの詳細については、「ヒント」をご参照ください。

表示設定を [multiline] に設定すると、画像の質問で単一の画像の質問内に複数の画像を使用することができます。 この表示設定は、両方の表示設定をスペース区切りで設定することで (multiline annotate など)、他の画像表示設定と組み合わせることができます。

[constraint] 列で count-selected 関数を使用し、送信できる画像の数を制御できます。 たとえば、count-selected(${image_question}) <= 5 は送信できる画像の数を最大で 5 つに制限します。

表示設定を [new-front] または [new-rear] に設定すると、画像の質問でデバイスの前面カメラまたは背面カメラのみをデフォルトで使用するよう限定できます。 これらの表示設定タイプは、表示設定をスペースで区切ることで (例: new-front annotate)、[annotate] と組み合わせることができます。

注意:

[signature] の表示設定に適用される場合、Survey123 Web アプリでは複数行、max-pixels パラメーター、またはデフォルトがサポートされません。

[new-front] および [new-rear] 表示設定は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

pulldata("@exif") 関数は複数行画像の質問では使用できません。 同じ質問に送信された複数の画像から EXIF (Exchangeable Image File) 形式のデータを抽出するには、repeat の使用を検討してください。

draw と annotate

表示設定を [draw] に設定すると、画像の質問に、スケッチできるキャンバスを読み込むボタンが表示されます。 描画ツールのパレットでは、描画ツールを切り替えたり、各ツールの設定 (テキストのサイズ、ライン、幅、色など) を制御したりできます。 キャンバス インターフェイスの詳細については、「draw と annotate」をご参照ください。 ニーズに合った描画ツールやアノテーション ツールを構成するために、カスタム パレットを作成できます。 詳細については、「draw と annotate のパレット」をご参照ください。

画像の質問に対する draw の表示設定

表示設定を [annotate] に設定すると、画像の質問にはデバイスのカメラを開くボタンが表示され、グラフィックスやテキストにアノテーションを追加できる写真を撮影できます。 描画ツールのパレットでは、描画ツールを切り替えたり、各ツールの設定 (テキストのサイズ、ライン、幅、色など) を制御したりできます。 キャンバス インターフェイスの詳細については、「draw と annotate」をご参照ください。 ニーズに合った描画ツールやアノテーション ツールを構成するために、カスタム パレットを作成できます。 詳細については、「draw と annotate のパレット」をご参照ください。

画像の annotate 表示設定
ヒント:

Survey123 3.13 以降、EXIF データはソース画像からアノテーション付きの画像にコピーされます。

あるいは、ユーザーがデバイスのストレージの既存の画像や、マップのスナップショットにアノテーションを追加できるよう許可することもできます。 そのためには、該当する質問の [body::esri:style]method=browsemethod=cameramethod=map のいずれかに設定します。 [annotate] の表示設定のデフォルトの動作は、method=camera を指定するのと同じです。 複数のオプションをカンマで区切って指定することで (method=camera,browse など)、ソース 画像に対して複数のオプションを指定する質問を設定できます。

[draw][annotate] を使用した画像の質問はデフォルトと計算の動作が異なります。 調査のメディア フォルダー内にある画像のファイル名がデフォルト値または計算の結果として使用される場合、画像はキャンバスの初期の背景として使用されます。 [annotate] の場合、この画像は指定された画像に置き換えられ、ユーザーが明示的に画像の指定を拒否したか、画像を指定した後にリセットした場合にのみ表示されます。

注意:

画像の解像度を設定するには、[parameters] 列で max-pixels 値を定義します。 [draw] の質問で max-pixels=1000 と設定すると、キャンバスが 1000x1000 ピクセルの正方形の画像に設定されます。 [annotate] の質問で max-pixels=1000 と設定すると、指定された画像の縦横比を維持したまま、画像の長辺が 1000 ピクセルに設定されます。 max-pixels が設定されなければ、画像のサイズは Survey123 Connect の調査の [オプション] の画像サイズ設定によって定義されます。

どちらの方法で画像解像度を設定しても、質問に対してデフォルト画像を指定することで上書きされます。その場合、デフォルト画像の解像度が適用されます。 これは、送信されたすべての画像で標準解像度を使用するための方法です。 アノテーション用としてマップのスナップショットを提供した場合も、他の画像解像度の設定が上書きされます。このとき、画像は、表示可能なキャンバス エリアのサイズに設定されます。

Spike イメージ

画像の質問は、Survey123Spike と統合する表示設定をサポートしています。Spike は、ikeGPS が開発したレーザー計測ソリューションで、写真からオブジェクトの計測値と位置を取得できます。 表示設定を [spike][spike-full-measure]、または [spike-point-to-point] に設定すると、iOS および Android デバイスで、画像の質問に Spike モバイル アプリを開くボタンが表示されます。

画像の質問に対する spike の表示設定

Spike アプリとレーザー デバイスを使用して撮影された写真を使用すると、オブジェクトの座標と距離を記録し、エリアやラインを描画して写真内のオブジェクトの寸法を計測することができます。 計測のマークアップが付いた写真は調査に添付され、座標や計測値などの写真のメタデータが記録可能になります。 関連付けられている Spike と計測値のメタデータは、標準の EXIF (Exchangeable Image File) タグを使用して、画像ファイルに記録されます。 その後、EXIF 情報を抽出して、他のフィールドの入力に使用できます。

Spike の表示設定は、画像に保存される値の範囲が異なります。 [spike] の表示設定は距離と位置のみを計測しますが、[spike-full-measure] の表示設定は距離、位置、面積、長さを計測します。 [spike-point-to-point] の表示設定は、P2P で始まるプロパティ名によって示される、この表示設定タイプ専用の一連の値を取得します。

これらの EXIF タグの詳細については、「Spike 統合」をご参照ください。 Spike の詳細については、Spike Web サイトをご参照ください。

注意:

Spike 統合は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

Integer

表示設定を [distress] に設定すると、整数の質問が苦痛の尺度として表示されます。 苦痛の尺度は 10 ポイントの尺度で、ストレス、苦痛、幸福感などの感情を測定するために使用されます。

整数の質問に対する distress の表示設定

表示設定を [spinner] に設定すると、整数の質問に値を 1 つずつ増減するボタンが表示されます。 ボタンを選択すると、ボタンを離すまで増加 (または減少) が繰り返されます。

表示設定を [numbers] に設定すると、ハイライト表示された整数の質問が、値入力用のカスタムのテンキーとともに表示されます。 このキーボードには、値をプラスまたはマイナスにするボタンも含まれています。

整数の質問に対する numbers の表示設定

表示設定を [calculator] に設定すると、ハイライト表示された整数の質問が、値の入力および修正用のカスタムの計算機とともに表示されます。

整数の質問に対する calculator の表示設定
注意:

[distress][spinner][numbers][calculator] の各表示設定は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

小数

表示設定を [spinner] に設定すると、小数の質問に値の最小桁が 1 ずつ増減するボタンが表示されます。 ボタンを選択すると、ボタンを離すまで増加 (または減少) が繰り返されます。

小数の質問に対する spinner の表示設定

デフォルトを使用して質問の小数部分の桁数を定義すると、spinner もこれを固守します。 次に、spinner でさまざまな小数値を処理する方法の例を示します。

  • 1.0 を 1.1、1.2、1.3、1.4 に増分
  • 3.07 を 3.08、3.09、3.10、3.11 に増分
  • 2.000000 を 1.1、2.000001、2.000002、2.000003 に増分

表示設定を [numbers] に設定すると、小数の質問が、値入力用のカスタムのテンキーとともに表示されます。 このキーボードには、値をプラスまたはマイナスにするボタンも含まれています。

表示設定を [calculator] に設定すると、ハイライト表示された小数の質問が、値の入力および修正用のカスタムの計算機とともに表示されます。

表示設定を [thousands-sep] に設定すると、小数の質問に対する回答に桁区切り記号が表示されます。 これは、調査の回答の一部として送信される値には影響しません。アプリで表示されるだけです。 区切り記号はデバイスのロケールで設定され、[ドラフト][送信箱][受信トレイ][送信済み] フォルダーから調査を開くときや、回答がデフォルトまたは計算で設定されるときにのみ適用されます。 桁区切り記号は、値を手動で入力する際には表示されません。

小数の thousands-sep の表示設定
注意:

[spinner][numbers][calculator][thousands-sep] の各表示設定は Survey123 Web アプリでサポートされていません。

レンジ

表示設定を [no-ticks] に設定すると、範囲の質問は行なしで表示され、範囲スライダー上の位置か最小値と最大値が示されます。 これによって質問の動作は変わりません。表示のみが変わります。 [range] 質問タイプの詳細については、「範囲」をご参照ください。

バーコード

表示設定を [minimal] に設定すると、バーコードの質問が、スキャナーを起動するボタンとともに表示されます。 バーコードの質問の値を含むテキスト ボックスは表示されません。 [barcode] 質問タイプの詳細については、「バーコード」をご参照ください。

バーコードの最小表示設定
注意:

[barcode] 質問タイプは Survey123 Web アプリでサポートされていません。

グループ

begin group の質問の表示設定を [compact] に設定すると、質問群が起動時に折りたたまれた状態で表示されますが、ユーザーはこれを展開することができます。 この機能は、読んだり操作したりするのが困難な長文の調査に便利です。 この表示設定は、グループの開始の質問で定義されます。

折りたたんだグループと展開したグループ

[minimal] の表示設定は、グループの質問に何の影響もありません。

begin group の質問の表示設定を [table-list] に設定すると、共通の選択肢リストを持つグループ内の select_one の質問はテーブル形式で表示されます。このとき、1 行目は選択肢リストのラベル、左側の列は質問のラベルになります。

select_one の質問のグループのテーブル リストの表示設定

[settings] シートの [style] 列を [pages] に設定し、begin group の各質問の表示設定を [field-list] に設定すると、各グループが調査の別々のページに表示されます。 アプリの下部で進む、または戻るボタンを使用してページを参照できます。これらのボタンを長押しして、調査の先頭または末尾に移動できます。 ページ番号を選択して書き込み可能なフィールドに変換したり、新しいページ番号を入力したりすることもできます。 この方法は、調査の表示を細分化して整理し、読み込み時間を短縮するのに最適です。

注意:

[pages] スタイルを設定する場合、調査内の各質問は、[field-list] 表示設定を使用するグループ内にある必要があります。

単一の調査の複数ページ

[settings] シートの [style] 列を fixed-griddynamic-grid に設定すると、含まれる質問をグリッド内に表示するように調査内のグループを設定できます。

固定グリッド スタイルによって、表示設定が非表示になっている質問も含めて、質問ごとにプレースホルダーが作成されます。 関連する条件を満たす場合は質問が表示されます。条件を満たさない場合、フォームで質問が表示される場所に空白のスペースが表示されます。

動的グリッド スタイルでは、関連する条件に応じてフォーム上の質問とグループを移動して、デバイスの画面でスペースをフル活用できます。

[settings] ワークシートのグリッド レイアウト スタイルは調査全体に適用されるグローバル設定です。 グループまたは繰り返しにグリッド レイアウト スタイルを個別に適用して、調査の部分ごとに異なるスタイルを使用することもできます。 グローバル設定をオーバーライドするには、グループまたは繰り返しの質問の [body::esri:style] 列に以下のいずれかを入力します。

  • layout=dynamic-grid
  • layout=fixed-grid

グループの幅の表示設定を w の後にグリッドの分割に使用する列数を記述して設定します。 たとえば、w4 はグリッドの各行を 4 つの列に分割します。 幅パラメーターはグループまたは繰り返し内の質問にも適用されて、親のグループまたは繰り返しの列のうち、質問が何列分を占めるかを制御します。 質問の記述幅をグループに設定された列数にすると、次の質問は新しい行に表示されます。 これらの幅は、他のほとんどの表示設定とともに設定できます。

以下の例では、水温、溶存酸素、pH、伝導率の幅表示設定がそれぞれ w1 で、試水場所の幅表示設定が w2 になっています。

グリッド内の質問のグループ

以下の例では、グループに 3 列分の幅があります (w3)。 最初の繰り返しでは 2 つの列が定義されており、親列 2 列分の幅を占めています (w2:2)。 2 つ目の繰り返しでは 2 つの列が定義されており、親列 1 列分の幅を占めています (w2:1)。

スプレッドシートのグループ内で入れ子になっている繰り返し質問

以下の画像は、入れ子になった繰り返しがフォームのグループでどのように表示されるかを示したものです。

フォームのグループ内で入れ子になっている繰り返し質問
注意:

table-list の表示設定は select_multiple の質問や、選択肢リストのメディアをサポートしていません。

theme-grid グループ内に配置した表示設定 table-list は機能しません。

以前まで、dynamic-grid スタイルは theme-grid と呼ばれていました。 下位互換性のために theme-grid スタイルは引き続きサポートされています。ただし、新しい調査では dynamic-grid か fixed-grid のどちらかのスタイルを使用することをおすすめします。

グリッド レイアウト スタイルは Survey123 Web アプリでサポートされていません。

グリッド レイアウト スタイル グループでは borderColor がサポートされていません。

ファイル

表示設定を [multiline] に設定すると、ファイルの質問で単一のファイルの質問内に複数のファイルを使用することができます。 [constraint] 列で count-selected 関数を使用し、送信できるファイルの数を制御できます。 たとえば、count-selected(${file_question}) <= 5 は送信できるファイルの数を最大で 5 つに制限します。

ファイルの multiline の表示設定

繰り返し

begin repeat の質問の表示設定を [minimal] に設定すると、繰り返し可能な質問群が起動時に表示されなくなります。 繰り返しの質問を表示するには、[追加] ボタンをクリックします。 繰り返しの質問を、調査で完了する必要がない場合に便利です。 この表示設定は、繰り返しの開始の質問で定義されます。

繰り返しの質問に対する minimal の表示設定

繰り返しが [minimal] に設定されており、繰り返し回数がゼロの場合は、その繰り返しのコントロールとこれらのコントロールのラベルが非表示になります。

begin repeat の質問の表示設定を [compact] に設定すると、繰り返し可能な質問群が起動時に折りたたまれた状態で表示されますが、ユーザーはこれを展開することができます。 この機能は、読んだり操作したりするのが困難な縦に長い大きな調査に便利です。 この表示設定は、繰り返しの開始の質問で定義されます。

他の表示設定とは異なり、繰り返しでは minimal と compact の両方を同時に使用できます。その場合は、表示設定を [minimal compact] に設定します。 これにより、繰り返しの質問を折りたたんだ状態 (compact) と非表示 (minimal) で表示できます。

[settings] シートの [style] 列を [pages] に設定し、begin repeat の各質問の表示設定を [field-list] に設定すると、繰り返し可能な各質問群が調査の別々のページに表示されます。 この動作はグループの場合と同じです。

[settings] シートの [style] 列を [fixed-grid][dynamic-grid] に設定すると、含まれる質問をグリッド レイアウト内に表示するように調査内のグループを設定できます。 この動作はグループの場合と同じです。

注意:

グリッド レイアウト スタイルは Survey123 Web アプリでサポートされていません。