ウォーターマーク

テキストまたは画像のウォーターマークを Survey123 フィールド アプリのカメラで撮った新しい写真に適用できます。ウォーターマークは、デバイス上の既存の写真に適用することはできません。

注意:

この機能は、Survey123 Web アプリでは使用できません。

ウォーターマークの位置

ウォーターマークが表示される位置は、[bind::esri:parameters] 列に入力したウォーターマーク パラメーターで制御されます。使用できるパラメーターは次のとおりです。

  • watermark
  • topLeftWatermark
  • topCenterWatermark
  • topRightWatermark
  • leftCenterWatermark
  • centerWatermark
  • rightCenterWatermark
  • bottomLeftWatermark
  • bottomCenterWatermark
  • bottomRightWatermark

たとえば、watermark="@[latitude longitude:dms]" は画像の右下隅に緯度と経度を印刷し、topLeftWatermark="@[latitude longitude:dms]" は左上隅に同じ値を印刷します。

1 つのステートメントに複数のパラメーターを使用して、同じ画像に複数のウォーターマークを追加できます。

ウォーターマークの内容と書式

ウォーターマーク パラメーターは、プロパティの組み合わせとともに使用して、ウォーターマークの内容と書式を定義できます。

ヒント:

プロパティの組み合わせの中にスペースが含まれる場合は、watermark パラメーターの後をすべて二重引用符で囲む必要があります。

また、上位のウォーターマーク ステートメントのコンポーネントとして、別のフィールドから値を参照することはできません。代わりに、別の質問にある必要な値を抽出し、同じ質問の [calculation] 列で、すべての変数を含むウォーターマーク ステートメントの本文を作成する必要があります。この値は、画像の質問の [bind::esri:parameters] 列で参照できます。例については、Survey123 Connect にあるウォーターマークのサンプル調査をご参照ください。このような計算されるウォーターマーク ステートメントに二重引用符は必要ないので注意してください。

すべてのウォーターマーク パラメーターのプロパティを次の表に示します。

プロパティ説明

テキスト

フリー テキストの入力。改行を示すには \n を使用します。このプロパティは、テキストが最初のパラメーターとして指定されている場合は暗黙的で、定義する必要はありません。

watermark="Example Text"

color

ウォーターマークのテキストの色。これは、16 進数の値または標準色の名前を受け入れます。指定しない場合、これはデフォルトで青に設定されます。

watermark="Example Text&color=white"

outlineColor

テキストのアウトラインの色。これは、16 進数の値または標準色の名前を受け入れます。指定しない場合、これはデフォルトでテキストと同じ色に設定されます。

watermark="Example Text&outlineColor=white"

outlineWidth

テキストのアウトライン (ピクセル)。指定しない場合、これはデフォルトで 1 に設定されます。

watermark="Example Text&outlineWidth=3"

haloColor

ウォーターマークを囲むハローの色。これは、16 進数の値または標準色の名前を受け入れます。指定しない場合、これはデフォルトで補色に設定されます。

watermark="Example Text&haloColor=white"

サイズ

テキストのサイズ (ピクセル)。

watermark="Example Text&size=12"

font

使用するフォントの名前。指定しない場合、これはデフォルトでフィールド アプリのフォントに設定されます。

注意:

すべてのフォントがすべてのデバイスで使用できるわけではないことに注意してください。使用するデバイスによって作成されたウォーターマークを確認して、ウォーターマークが意図どおりに表示されるようにしてください。

watermark="Example Text&font=Arial"

bold

ブール値。true に設定すると、ウォーターマークのフォントが太字になります。

watermark="Example Text&bold=true"

italic

ブール値。true に設定すると、ウォーターマークのフォントが斜体になります。

watermark="Example Text&italic=true"

margin

画像のエッジからの余白 (ピクセル)。

watermark="Example Text&margin=5"

画像

テキストの代わりにウォーターマークの役割を果たす画像。これには、調査のメディア フォルダー内にある画像のファイル名が必要です。

watermark=&image=example.png

imageSize

ウォーターマークの画像のサイズ (ピクセル)。指定しない場合、ソース画像のサイズが使用されます。

watermark=&image=example.png&imageSize=50

ヒント:

ウォーターマーク内の画像は、ウォーターマーク ステートメントに指定された他のパラメーターやテキストに関係なく、指定されたスペースに揃えられます。

画像をウォーターマークとして使用している場合、調査の Survey123 Connect[オプション] タブで画像サイズ オプションを使用することを検討してください。これは、写真とウォーターマークの両方の品質に影響します。

場所と時間

ウォーターマークの一般的な使用例は、写真が撮られた場所の表示です。この書式は、さまざまな方法で設定できます。

ヒント:

撮影場所が重要な写真を撮る場合は、画面の右上隅にある場所アイコンの点滅が停止するまで待機してください。これは、場所が取得されたことを示します。場所が取得されない場合、場所の読み取り値は空白になります。

デフォルトでは、@[latitude] および @[longitude] のプレースホルダーを使用すると、写真が撮られた場所が度 (10 進) で表示されます。次の例では、これらを別々の行に配置しています。

watermark="Lat @[latitude]\nLon @[longitude]"

プレースホルダー @[latitude longitude] または @[longitude latitude] を使用して、両方の値を一度に表示することもできます。

経度と緯度に異なる書式を使用するには、プレースホルダー内で書式を宣言し、コロンで区切ります。

  • 度分 (10 進) の場合は @[longitude:ddm]
  • 度/分/秒の場合は @[latitude:dms]

追加のプレースホルダーを使用して、詳細情報を表示したり、まったく異なる座標系を使用したりできます。

  • @[mgrs] - Military Grid Reference System
  • @[usng] - United States National Grid
  • @[utm] - ユニバーサル横メルカトル図表
  • @[altitude]
  • @[speed]
  • @[direction] - 写真が撮影されたときにデバイスが移動している方向
  • @[accuracy] もしくは @[horizontalAccuracy]
  • @[compass] - コンパスの方位

ウォーターマークは、写真が撮られた日付と時間を同様に表示することもできます。プレースホルダー @[date]@[time]@[dateTime] は、デバイス クロックからの時間値を返します。また、@[timestamp] プレースホルダーを使用して、位置センサーから取得した時間を代わりに表示することもできます。ただし、このプレースホルダーを使用する場合、写真が位置情報を取得していることを確認する必要があります。

日付と時刻にはさまざまな書式を使用できます。構文は緯度と経度の場合と同じです。使用できる書式は 2 つあります。

  • @[dateTime] または @[dateTime:long] は、Monday, 22 April 2019 5:02:11 PM のような結果を返します。
  • @[dateTime:short] は、22/04/2019 5:02 PM のような結果を返します。

また、コロンの後にカスタムの日付形式を代わりに使用して、日付と時刻の値に独自の書式を実装することもできます。これらの日付形式に使用される書式設定は、XForm 標準とは異なり、Qt 標準の書式設定を使用します。たとえば、@[datetime:d MMM yyyy HH:mm] のようなプレースホルダーは、22 April 2019 17:02 のような結果を返します。

制限事項

ウォーターマークを使用する際の制限事項は次のとおりです。

  • [annotate] 表示設定を使用した画像のウォーターマークはサポートされていません。
  • リバース ジオコーディングはウォーターマークでサポートされていません。
  • iOS では、[制限なし] の画像サイズはウォーターマークをサポートしていません。画像は、最長エッジが 1920 ピクセルに縮小されます。