調査にマップを含める

Survey123 はフォーム中心のデータ収集アプリです。 調査を開始すると最初にフォームが表示されます。 マップはオプションです。 調査で場所の情報を収集するには、ジオポイント、ジオトレース、またはジオシェープの質問を調査に追加します。

マップは小さなサムネイルとしてフォームに表示されますが、クリックすると全画面表示に拡大されます。 全画面表示モードでは、マップをタップして場所を選択できます。

Survey123 Connect にある [マップ] タブでは、調査に使用されるマップの多くのデフォルトにアクセスできます。 これには、座標形式、ズーム レベル、ホーム位置の設定などがあります。 また、調査のすべてのマップの質問に対してデフォルトのベースマップを設定するには、下のマップで [ベースマップ] ボタンをクリックします。

座標形式

Survey123 は、さまざまな形式で位置の値を表示できます。 調査の形式は Survey123 Connect のマップ設定で指定でき、位置の表示に反映されます。 これは、値を手動で入力する場合は適用されません。この場合、度分 (10 進) のみを使用できます。 これは、調査に記録される値にも影響しません。この値は、度 (10 進) でのみ記録されます。

次の座標タイプを使用できます。

  • 度分
  • 度 (10 進)
  • MGRS
  • USNG
  • UTM/UPS

ホーム位置

調査に指定されたホーム位置は、デバイスの位置が見つからない場合に返されます。 調査のマップ ページを使用している場合、[ホーム] ボタン Home を選択すると、ホーム位置に戻ることができます。 Survey123 Web サイトも、個々の調査結果を表示または印刷するときに、ホーム位置のデフォルトとして指定されたズーム レベルを使用します。

調査でのオンライン マップの使用

Survey123 Connect の調査マップ設定で選択したデフォルトのマップは、調査のデフォルトとして使用されるオンライン ベースマップを決定します。 このデフォルトのベースマップは、Survey123 フィールド アプリで、調査のマップ ページの [ベースマップ] ボタンを選択することで変更できます。

使用できるベースマップのリストに、ArcGIS 組織サイトの共有ベースマップが表示されます。 その他のオンライン マップを調査にリンクすることができます。 Survey123 フィールド アプリで使用するすべてのマップで、Web メルカトル球体補正投影法を使用する必要があります。

調査の場所の質問について [基本] マップ タイプと [標準] マップ タイプから選択できます。 デフォルトは [標準] で、大半のデバイスで推奨されています。 Survey123 ConnectSurvey123 フィールド アプリでは、[標準] マップ タイプ使用時に以下がサポートされます。

  • ラスター タイル サービス
  • Web マップ
  • マップ サービス
  • イメージ サービス
  • ベクター タイル サービス
  • Web マップ サービス (WMS)
  • Web マップ タイル サービス (WMTS)
  • タイル パッケージ (TPKX または TPK)
  • ベクター タイル パッケージ (VTPK)
  • モバイル マップ パッケージ (MMPK)
注意:

組織内のすべての調査のデフォルト マップおよびマップ ギャラリーは、管理者が Survey123 Web サイトの [組織] ページで、組織の通常のデフォルトとは別に設定できます。 詳細については、「組織サイトの調査と設定の管理」をご参照ください。

マップを表示する際にパフォーマンスの問題が発生するデバイスでは [基本] マップ タイプを使用できます。 [基本] マップ タイプを使用している場合、オフライン使用では最大 2 GB までのラスター タイル サービスとタイル パッケージ (TPK) のみを使用できます。 以前の Android デバイスと iOS デバイスでは [基本] マップ タイプがデフォルトです。[設定] > [マップ] の順に移動し、[マップ タイプ][基本] を選択することで、フィールド アプリと Survey123 Connect でこれらを手動で選択することもできます。

[基本] マップ タイプを使用している場合、デフォルトで次のオンライン ベースマップを使用できます。

  • 道路地図 (World Street Map)
  • 衛星画像 (World Imagery)
  • 地形図 (World Topographic Map)
  • 米国地形図 (USA Topographic Map)
  • OpenStreetMap
  • OpenStreetMap Humanitarian

body::esri:style 列の map パラメーターを使用して、個々のマップの質問に対してデフォルトのベースマップを設定できます。 たとえば、map="World Topography" では、調査の読み込み時に地形図 (World Topography) ベースマップを使用するようマップの質問を設定します。 または、マップのアイテム ID を使用して map パラメーターを設定することもできます (例: map=de26a3cf4cc9451298ea173c4b324736)。 この方法で複数のマップを設定するには、名前またはアイテム ID を | 記号のペアで区切ります (例: map="World Topography"||de26a3cf4cc9451298ea173c4b324736)。 これにより、最初のマップがデフォルトとして使用され、アプリが最初のマップにアクセスできない場合は 2 番目のマップをフォールバックとして使用され、アプリが 2 番目のマップにアクセスできない場合は 3 番目のマップが使用されます。 このパラメーターは、[リンクされたコンテンツ] を通じて調査にリンクされたオンラインまたはオフライン マップで使用できます。

調査へのオンライン マップのリンク

調査のユーザーが利用できるオンライン マップを作成するには、オンライン マップを調査にリンクする必要があります。 この操作は Survey123 Connect で実行できます。

  1. Survey123 Connect で調査を開きます。
  2. [リンクされたコンテンツ] タブを開きます。
  3. [コンテンツのリンク] をクリックして、[マップ パッケージ] を選択します。 指定ユーザー アカウントに共有されているすべてのマップ サービスとパッケージを含むウィンドウが表示されます。
  4. オンライン マップを選択し、[OK] をクリックします。

このリンクはインスタントであり、調査を使用するために再公開する必要はありません。 Survey123 フィールド アプリでは、質問の全画面マップ ビューを即座に参照できます。ベースマップ セレクターから、新たにリンクしたオンライン マップを選択します。

オンライン マップと調査の手動による関連付け

調査でオンライン マップを使用するには、調査の .info ファイルに URL を含める必要があります。 オンライン マップを調査にリンクする前述の手順を行うと、この URL が追加されます。 必要に応じて、.info ファイルを直接編集することで、オンライン マップと調査を手動で関連付けることもできます。 ArcGIS に調査をアップロード済みの場合は、編集可能な .info ファイルがすでに存在しています。 ArcGIS に調査をまだアップロードしていない場合は、次の情報を使用して .info ファイルを作成できます。

オンライン マップを参照するには、タイル テンプレートの URL を入力する必要があります。 次に、テンプレートの URL の例を示します。

  • OpenStreetMap
    http://tile.openstreetmap.org/${z}/${x}/${y}.png
  • Esri デフォルト ベースマップ
    http://services.arcgisonline.com/ArcGIS/rest/services/World_Topo_Map/MapServer/tile/{{z}}/{{y}}/{{x}}.png
  • Esri カスタム ベースマップ
    http://tiles.arcgis.com/tiles/e7dVfn25KpfE6dDd/arcgis/rest/services/MyCustomMap/MapServer/tile/${z}/${y}/${x}

次のコード スニペットでは、Esri のデフォルトのオンライン ベースマップを調査の .info ファイルに追加しています。

{
    "displayInfo": {
        "map": {
            "mapTypes": {
                "append": false,
                "includeLibrary": false,
                "mapSources": [
                    {
                        "name": "Imagery",
                        "url": "https://servicesdev.arcgisonline.com/ArcGIS/rest/services/World_Imagery/MapServer/"
                    }
                ]
            }
        }
    }
}

調査でのオフライン マップの使用

調査ではオフライン マップを使用できますが、調査の作成者による多少の準備が必要です。 オフライン マップは .tpkx ファイル、.tpk ファイル、.vtpk ファイル、または .mmpk ファイルのいずれかです。 詳細については、「オフラインで使用するベースマップの準備」をご参照ください。