アプリ テンプレートの選択

ArcGIS Instant Apps では、マップやデータを操作するための目的主導型のアプリを作成する際に使用できる、以下のアプリ テンプレートのコレクションを提供しています。 アプリ テンプレートにはそれぞれ目的があり、マップまたはシーンの表示、コンテンツの比較、ルート案内の取得、コンテンツのギャラリーの探索、近傍探索などが可能です。 テンプレートのデフォルト設定を使用してアプリを作成することも (ほとんどのアプリの場合)、テンプレートをもとにアプリを作成してから構成可能な設定を変更し、ユーザー、データ、目的に合わせてアプリをカスタマイズすることもできます。

ヒント:

アプリの選択でサポートが必要な場合は、ホーム ページ[作成] タブにある [ご提案] パネルを使用して、目標、アプリの対象ユーザー、使用するコンテンツに関する質問への回答に基づいてテンプレート ギャラリーをフィルタリングします。

  • 3D ビューアー - シーンを操作します。 スライドや検索など、シーンをナビゲートするためのオプションのツールで、対象エリアをデュアル表示します。
  • 添付ファイル ビューアー - ページを移動してレイヤーのフィーチャを一度に 1 つずつ参照し、画像、ビデオ、および PDF の添付ファイルを閲覧できる、属性データを編集するためのオプションがあるアプリをユーザーに提供します。 このビューアーは、ArcGIS Field MapsArcGIS Survey123 などの ArcGIS アプリを使用して収集したデータと画像を表示するのに適しています。
  • 基本 - 凡例やブックマークなどの標準オプションとともにマップまたはシーンを表示します。
  • カテゴリ ギャラリー - アプリ、マップ、レイヤーのギャラリーを作成して、対話形式でギャラリー内のコンテンツをフィルタリングできます。 アプリの作成者は、グループ コンテンツをテーマまたはトピックに分類してから、フィルタリング オプションとしてユーザーに公開することができます。
  • チャート ビューアー - バー チャート、ライン チャート、パイ チャート、ヒストグラム、散布図を表示してマップを補完します。 横に並べるか積み重ねて表示できるチャートは最大 3 つですが、マップ内で作成されるすべてのチャートにアクセスして表示できます。
  • カウントダウン - 指定したフィールドの値でランク付けされた場所のリストがマップまたはシーンに表示されます。 ランク付けされた場所のサマリーと、フィーチャの順序の情報を提供します。 アプリ ユーザーはフィーチャ情報をピンで固定して、ランク付けされたリスト内の別のフィーチャと比較対照することができます。
  • 展示 - マップまたはシーンのさまざまなビューを表示するスライドのコレクションを作成することで、連続的な対話形式のプレゼンテーションを作成します。 スライドごとに、レイヤーの表示設定とベースマップを変更したり、特定のフィーチャのポップアップを含めたり、レイヤー フィルターを適用したり、タイトルとメモを提供したりできます。 該当する場合は、マップからブックマークをインポートしてスライドを作成できます。
  • 画像ビューアー - 時間と空間を経て画像を視覚化し、探索します。
  • 対話形式の凡例 - 凡例に定義されている目的のカテゴリまたは範囲をクリックして、マップ内に注目のフィーチャ レイヤー ビューを作成します。 これにより、ユーザーは包括的にマップを探索したり、最も関連性の高いカテゴリに注目したりすることができるようになります。
  • メディア マップ - 基本的なツールとマップ ナビゲーションを限定するためのオプション セットを備えた対話形式のマップを表示します。 必要に応じて、対話的スライダーを追加して、時間対応のデータをアニメーション表示できます。 このアプリは、Web ページの小さな埋め込みスペースに収まるように設計されるか、またはスタンドアロン アプリとして設計されます。
  • ミニマリスト - ズーム スライダーと縮尺記号だけを含むマップを表示します。マップに使用できる画面サイズを最大にします。 アプリには、サイド パネルに凡例、説明、レイヤー リスト、およびポップアップ情報を表示するオプションが含まれています (その他のオプションを含む同様のアプリについては、「サイドバー」をご参照ください)。
  • 近傍 - 指定した住所の近くにある関心度の高い場所を検索できるようにサポートします。 このアプリは、人々が、指定した住所または地名の検索距離内にある関心の対象となるタイプの場所 (学校など) を検索する際に役立ちます。 必要に応じて、距離値を編集して検索範囲を調整し、指定の場所までの距離を取得することができます。
  • ポートフォリオ - 一連のマップやアプリ、その他のコンテンツ (画像、PDF、埋め込み Web ページなど) を提示します。 トピックが共通する多数のマップとアプリのシンプルなインタラクティブ表示を作成するのに最適です。
  • サイドバー - 最小限のツールまたは多数のツールとオプションのサイド パネル (その他のツールと情報 (凡例、説明、レイヤー リストなど) および属性テーブル、ポップアップ情報、データの編集/フィルタリング/操作のためのツールを開くためのオプションが表示される) を含むマップを表示します。
  • スライダー - 履歴、ライブ、未来のデータを任意の時間間隔で表示します。 アプリ ユーザーは、タイム スライダーを再生または移動して、数値または経時的な変化に基づいてデータをアニメーション表示し、データがどのように展開するかを確認できます。
  • ゾーン ルックアップ - 特定の場所または住所と交差しているゾーンや地区を簡単に特定することができます。 このターゲットを絞ったアプリでは、周辺エリア内の位置と対象フィーチャを詳しく調査できます。