メディア マップ

メディア マップ テンプレートを使用すると、マップ ナビゲーション ツール、時間アニメーション、スワイプで、マップの可能性を最大限に引き出すことができます。 時間対応データを表示したり、アニメーション表示することで、経時的な変化をハイライト表示します。 このアプリは、Web ページまたはスタンドアロン アプリの小さなスペースに収まるように設計されています。マップでのスクロールを無効にするオプションを設定し、ポインターを合わせたときに表示されるようポップアップを構成して埋め込み用に最適化します。 また、印刷ツールを有効にすると、ユーザーがエクスポート用のファイルにマップを保存できます。 (詳細については、「メディア マップの使用」に関するブログ記事をご参照ください)。

このテンプレートを選択し、以下に示すようなユース ケース向けにアプリを作成します。

  • タイトルおよび説明、またはスプラッシュ画面を持つ情報ウィンドウを含めることにより、マップに説明テキストを設定して、ユーザーにメッセージが伝わるようにします。
  • アプリに、凡例、レイヤー リスト、ベースマップ切り替え、概要マップ、スワイプ、タイム スライダーなど、一般的なマップのツールを提供します。
  • アプリのユーザーに 2 つのベースマップを選択させることで、異なる側面を体験させることができます。

データ要件

メディア マップ アプリには、特定のデータ要件はありません。

アプリの機能

このアプリ向けに構成できる主な設定と機能を、以下のリストに示します。

  • ポップアップのホバー - マップのフィーチャにポインターを合わせたときに表示される属性情報に、ユーザーが簡単にアクセスできます。
  • ロケーター マップ - 広範なエリア内のアプリのマップ エリアで差し込みマップを表示します。
  • 拡大鏡 - マップの一部を拡大します。
  • 標高断面 - マップで選択できる入力ライン フィーチャ全体の標高グラフを生成します。または、ツールを使用して単一セグメント ラインまたは複数セグメント ラインを描画することで標高断面を作成することもできます。
  • ブックマーク - マップのズームと画面移動を行い、そのマップに保存された設定済み範囲のコレクションに焦点を当てます。
  • 計測ツール - マップ内の距離と面積を計測するツールを提供します。
  • スクロールの無効化 - アプリの利用者のスクロール中にマップがズームされないようにします。
  • ナビゲーション境界 - ナビゲーションの境界を使用するか、スクロール機能を無効にして、マップ内のエリアにフォーカスを当てたままにします。
  • ベースマップの切り替え - 別のベースマップに切り替えることでマップの外観を変更します。
  • スワイプ ツール - マップの 2 つのレイヤーを同時に表示して比較します。
  • レイヤー効果 - さまざまな視覚効果を得るためにレイヤーをフィルタリングします。
  • 印刷およびスクリーンショット - 印刷またはスクリーンショットとして保存できるよう、アプリから画像を生成します。
  • URL パラメーター - ユーザーがアプリの URL に追加できるカスタム URL パラメーターに基づく定義済みの方法でアプリを表示します。 たとえば、区画情報を含むフィーチャ レイヤーがマップに含まれている場合は、カスタムのパラメーター名 (parcel など) を指定し、そのパラメーターをレイヤーとフィールドに関連付けることができます。 ユーザーが特定の区画を見つけるには、カスタム検索としてそのパラメーターをアプリの URL に追加します (index.html?parcel=3045 など)。
  • 時間 - 時間経過によるデータの変化をアニメーション表示する構成可能なタイム スライダーを提供します。

Instant Apps のすべてのテンプレートには、ホーム ボタン、ズーム コントロール、凡例、マップまたはデータの検索機能のための設定があります。


このトピックの内容
  1. データ要件
  2. アプリの機能