マップ、アプリ、グループの埋め込み

マップ、アプリ、またはマップやアプリのグループを共有する方法の 1 つに、ブログや組織の Web サイトなどの Web ページにそれらを埋め込むというものがあります。 ArcGIS Online では、必要なコード、追加する機能、およびレイアウト オプションを提供しています。

マップの埋め込み

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic (旧名称 Map Viewer) でのみサポートされています。 新しい Map Viewer (旧名称 Map Viewer Beta) の今後のリリースで提供される予定です。

Map Viewer Classic で開いているパブリック マップを埋め込むには、すぐに使用できる HTML コードをコピーして Web サイトに貼り付けます。 必要な場合は、コードをコピーする前にマップの埋め込みビューを構成できます。 マップのサイズの選択、マップ オプションの選択、マップ上の位置へのシンボルの追加、およびテーマの選択が可能です。

  1. Map Viewer Classic で、保存済みのマップを開いて [共有] をクリックします。
  2. マップがすべての人と共有 (パブリック) されていることを確認します。
  3. [Web サイトに埋め込む] をクリックします。

    このオプションを利用できない場合は、マップがパブリックでないため、そのマップを埋め込むことはできません。 マップの所有者であり、組織外部との共有が組織で許可されている場合は、そのマップのステータスをパブリックに変更できます。

  4. マップにプレゼンテーションが含まれる場合は、[何を埋め込みますか?] の下に 2 つのオプションが表示されます。 [マップ] をクリックすると、マップを埋め込むことができます。 プレゼンテーションのみを埋め込む場合は、[プレゼンテーション] をクリックします。
  5. 必要に応じ、次の手順に従ってマップを構成します。
    • マップ サイズを選択します。
    • マップに含めるオプションのボックスをオンにします。オプションには、ズーム コントロール、ホーム ボタン、ベースマップ セレクター (ギャラリーを選択するか、有効/無効を切り替え)、大きなマップを表示するためのリンク、スクロール ズームを無効化するリンク、縮尺記号、場所検索 (現在のマップ表示範囲で検索する場合はオン)、マップの詳細情報、凡例 (アクティブなパネルをマップ詳細または凡例から選択)、およびプレビュー画像 (アプリの読み込み時にマップの画像を表示) があります。 プレビューに、マップでのオプションの表示位置が示されます。
      ヒント:

      大きなマップを表示するオプションを含める場合、大きなマップは埋め込まれたアプリの独自のページに表示されます。 リンクの名前は、HTML コードの View larger map を編集して変更できます。

    • マップ上の特定の位置にシンボルを追加します。 [シンボルの追加] タブを使用して位置を選択し、シンボルのタイトル、ポップアップの説明、およびシンボルとして表示する画像の URL を入力します。 最適な結果を得るには、画像は幅 120 ピクセル/高さ 120 ピクセル以下である必要があります。 それ以外のサイズの場合は、きちんと収まるように調整されます。 使用できる画像形式は PNG、GIF、および JPEG です。
    • テーマを選択します。
  6. 表示されている HTML コードをコピーします。
  7. マップを表示したい Web ページにそのコードを貼り付けます。
  8. コード内で、マップの URL を見つけて、組織の URL を ArcGIS パブリック URL (https://arcgis.com) に置き換えます。 たとえば、組織の URL が https://acme.maps.arcgis.com の場合は、acme.maps.arcgis.comarcgis.com に置き換えます。

    これにより、組織外のユーザーがマップにアクセスできるようになります。

    注意:

    組織が匿名アクセスを許可している場合、組織の URL を ArcGIS パブリック URL に置き換える必要はありません。

アプリの埋め込み

Web サイトに、マップではなくアプリを埋め込むことができます。 アプリの埋め込みは、さまざまなシナリオで役立ちます。 次のような例があります。

  • 構成したアプリ機能をすべて含む ArcGIS 構成可能なアプリArcGIS Configurable Apps テンプレート (たとえば [基本ビューアー] テンプレート) を使用して作成したアプリを表示できます。
  • Geoform アプリを Web サイトに埋め込むことで、データ収集を改善します。
  • ルート案内テンプレートから作成されたアプリを埋め込んだり ArcGIS Web AppBuilder のルート案内ウィジェットを使用することで、World Routing Service のような認証情報が埋め込まれたプレミアム サービスを含むマップを表示できます。

パブリック Web マップを埋め込む際に、[Web サイトに埋め込む] オプションを使用して、アプリを Web サイトに埋め込むことができます。 マップの代わりにアプリを埋め込むには、以下の手順で、生成済みの HTML コードを変更します。 この手順を使用して、ArcGIS Online のホスト Web アプリや Web AppBuilder アプリを埋め込むことができます。

  1. ArcGIS Online でマップおよび Web アプリを作成します。
  2. アプリのアイテム ページの [概要] タブ、またはアプリ起動時のブラウザーのアドレス バーから、アプリの URL をコピーします。
  3. Map Viewer Classic で、アプリの作成に使用されたマップを開き、[共有] をクリックします。
    注意:

    現在、この機能は Map Viewer Classic (旧名称 Map Viewer) でのみサポートされています。 新しい Map Viewer (旧名称 Map Viewer Beta) の今後のリリースで提供される予定です。

  4. マップがすべての人と共有 (パブリック) されていることを確認して [Web サイトに埋め込む] をクリックします。

    このオプションを利用できない場合は、マップがパブリックでないため、そのマップを埋め込むことはできません。 マップの所有者であり、組織外部との共有が組織で許可されている場合は、そのマップのステータスをパブリックに変更できます。

  5. マップの埋め込みに必要なサイズを選択します。
  6. 表示された HTML コードから、次の操作を行います。
    1. src= の後から ></iframe> の前までの部分のコードを削除し、コピーしたアプリの URL を貼り付けます。 たとえば、"https://acme.arcgis.com/apps/Embed/index.html?webmap=4cc9f0ba8e8c4d68b50c01c17efd4730" を削除して "https://acme.arcgis.com/apps/View/index.html?appid=6b6a075eca8d4899958fb273710a6806" に置き換えます。
    2. 組織の URL を ArcGIS パブリック URL (https://arcgis.com) に置き換えます。 たとえば、組織の URL が https://acme.maps.arcgis.com の場合は、acme.maps.arcgis.comarcgis.com に置き換えます。これにより、組織外のユーザーがアプリにアクセスできるようになります。

      注意:

      組織が匿名アクセスを許可している場合、組織の URL を ArcGIS パブリック URL に置き換える必要はありません。

      コードの変更部分は以下のようになります。

      <iframe width="500" height="400" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" 
      src="https://arcgis.com/apps/View/index.html?appid=6b6a075eca8d4899958fb273710a6806"></iframe>
  7. HTML コード ブロック全体を、Web サイトの構成にコピーして貼り付けます。
    ヒント:

    また、URL パラメーターを使用して、埋め込もうとしているアプリの外観と操作性や機能を制御することもできます。

マップのグループと Web アプリの埋め込み

ArcGIS Online を使用してグループを埋め込むときに、レイアウトおよびグループ アイテムの表示方法を選択します。 埋め込むことができるのはパブリック グループのみで、マップと Web アプリだけが埋め込まれたギャラリーに表示されます。

  1. 埋め込むパブリック グループを開きます。
  2. [概要] タブで、[埋め込み] ボタン 埋め込み をクリックします。

    このオプションを利用できない場合は、グループがパブリック グループでないため、グループを埋め込むことはできません。 グループの所有者であり、組織外部との共有が組織で許可されている場合は、グループのステータスをパブリックに変更できます。

  3. グループ アイテムのレイアウトを選択します。
  4. マップと Web アプリの表示方法として、埋め込まれたギャラリー上、事前定義されたギャラリー アプリの新しいウィンドウ内、または構成済みアプリのウィンドウ内のいずれを選択します。
    1. アイテムを新しいウィンドウに表示する場合は、事前定義されたギャラリー アプリを選択します。
    2. アイテムを構成済みアプリの新しいウィンドウに表示する場合は、アプリの URL を入力します。
  5. 表示されている HTML コードをコピーします。
  6. [完了] をクリックします。
  7. グループを表示する Web ページにコードを貼り付けます。
  8. コード内で、ギャラリーの URL を見つけて、組織の URL を ArcGIS パブリック URL (https://arcgis.com) に置き換えます。 たとえば、組織の URL が https://acme.maps.arcgis.com の場合は、acme.maps.arcgis.comarcgis.com に置き換えます。

    これにより、組織外のユーザーがギャラリーにアクセスできるようになります。

    注意:

    組織が匿名アクセスを許可している場合、組織の URL を ArcGIS パブリック URL に置き換える必要はありません。