ノートブックの共有

自分で作成したノートブックを、他のアイテムと同じ方法で共有することができます。 デフォルトでは、自分のノートブックにアクセスできるのは自分だけです。他のユーザーの検索結果には表示されず、どのグループにも属しません。 共有権限によっては、アイテムを共有できます。

注意:

ノートブックを共有すると、他のユーザーがノートブックを開き、実行できるようになります。 ただし、ノートブックに対する変更内容は、そのユーザーが所有する新しいコピーとして保存されます。 そのユーザーの変更内容は、自分のノートブックには保存されません。

共有するノートブックの準備

ノートブックを共有する前に、ノートブックの整合性、安全性、アクセス性を維持しながら、他のユーザーがノートブックを正常に開いて実行できることを確認します。

  • ノートブックにはユーザー名やパスワード、認証情報などの個人情報は保存しないでください。 このコンテンツを含むノートブックを共有すると、他のユーザーにも公開されます。 ユーザー名とパスワードを使用して GIS に接続する必要がある場合、コードにはユーザー名だけを含めて、パスワードは対話形式のダイアログ ボックスで求められてから入力することを推奨します。 パスワードを使用しないで GIS に接続するオプションについては、「さまざまな認証方式の使用」をご参照ください。
  • ノートブックに追加したアイテムも、メンバーがノートブックで表示し、使用できるようにするために共有する必要があります。 ノートブックを共有する前に、ノートブックの各アイテムの共有プロパティを確認します。
  • ノートブックのユーザー ワークスペースからファイルを使用できます。 ただし、組織の他のユーザーとノートブックを共有する場合は、[マイ コンテンツ] にファイルをアップロードしてから、それらのアイテムをノートブックに追加します。 自分のノートブックを表示するメンバーと、これらのアイテムを共有します。
  • Advanced ノートブック ランタイムを使用するノートブックの場合、ノートブックを共有したときにそのノートブックを開いて実行できるのは、Advanced ノートブック権限を持つユーザーだけです。 ランタイムを変更する手順については、「ノートブックのランタイムの指定」をご参照ください。

ノートブック エディターからのノートブックの共有

ノートブック エディターから直接、ノートブックを共有できます。

  1. ノートブック エディターの上部リボンで、[共有] をクリックします。

    [ノートブックの共有] ウィンドウが開き、ノートブックの現在の共有設定が表示されます。

  2. このウィンドウで [共有] をクリックして共有ウィンドウを開きます。
  3. [共有] ウィンドウで、共有レベルを選択し、[保存] をクリックします。

    ウィンドウに新しい共有設定が表示されます。

ノートブックの共有設定は、[コンテンツ] ページまたはノートブック エディター自体で更新できます。 どちらもアイテムの [共有] ダイアログ ボックスを開くので、そこで設定を行って、共有オプションを保存できます。

コード スニペットの共有

所有する他のアイテムと同じ方法で、スニペットが格納されているノートブック コード スニペット ライブラリを共有することで、コード スニペットを共有できます。 コード スニペット ライブラリを共有することで、コードのスニペットを共有して、他のユーザーが各自のノートブックに挿入できるようになります。 スニペット ライブラリを共有しても、ノートブック全体は共有されず、他のユーザーがスニペットを編集することはできません。

ライブラリが共有されていても、ライブラリ内のコード スニペットは自動的には共有されません。 ライブラリ内のスニペットを共有するには、ライブラリの共有レベルを継承するようにスニペットが設定されている必要があります。 コード スニペット ライブラリは、ライブラリの共有レベルを継承するように設定されたスニペットを最大 100 個まで含めることができます。

ライブラリの共有レベルを継承するようにスニペットを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ノートブック エディターの上部のリボンで、[コード スニペット] をクリックします。
  2. 共有されているコード スニペット ライブラリを参照し、これを展開してスニペットを表示します。
  3. ライブラリで共有するスニペットの [共有] ボタンをクリックします。
  4. [共有] ウィンドウで、[継承] を選択して、[保存] をクリックします。

    コード スニペットがコード スニペット ライブラリと同じ共有レベルを継承するようになりました。

共有ノートブックでの操作

共有されているノートブックを開くと、そのノートブックのコピーが作成されて開きます。 そのノートブックを共有しているメンバーは、新しく作成されたノートブックのコピーの所有者になります。このコピーは、そのメンバー自身のコンテナーで実行され、独自の処理リソースを使用します。 ノートブックに対する変更内容は、新たに作成されたノートブックのコピーに対してのみ反映されます。

組織のコンテンツで共有ノートブックを検索するか、ノートブックが共有されているグループからノートブック アイテムにアクセスできます。 ノートブックをプレビューしてコンテンツを表示し、アイテム詳細ページからノートブックを開きます。

共有されたノートブックは、信頼しているソースからのみ開くようにしてください。 共有ノートブックのコードは、自分の認証情報を使用して、自分の代わりに実行されます。 セルを実行する前に、共有ノートブックのすべてのセルを個別に確認することをお勧めします。共有ノートブックを最初に開くときは、[すべて実行] オプションを使用しないでください。

共有されたノートブックは、自分がアクセス権を持たないファイルを参照することがあります。このファイルは、自分と共有されていないアイテムのものか、作成者自身のユーザー ワークスペースに存在しているものです。 このようなエラーが表示された場合は、作成者にご確認ください。