レイヤーのコピーと保存

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic でのみサポートされています。 Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。 の今後のリリースで提供される予定です。

レイヤーのプロパティはレイヤーの所有者 (または管理者) が定義します。 他のユーザーが所有しているレイヤーを含むマップを作成した場合は、マップ内のレイヤーのコピーを作成すると、コピーしたレイヤーに対して異なるプロパティを構成することができます。 コンテンツを作成する権限がある場合は、レイヤーを新しいアイテムとして [マイ コンテンツ] に保存すると、自分のレイヤー構成を他のマップで利用できるようになります。

  • コピー - ソース レイヤーの構成に影響を及ぼすことなくレイヤーの構成をカスタマイズするには、Web マップ内のレイヤーのコピーを作成します。 これにより、ソース レイヤーを参照するレイヤーが Web マップ内に作成されます。*

    このコピーは、コピーを作成する Web マップでのみ使用できます。

  • コピーの保存 - レイヤー構成の変更を他の Web マップで使用できるようにする場合は、レイヤーのコピーを保存します。 これにより、レイヤー アイテムが [マイ コンテンツ] に作成されます。 この新しいレイヤー アイテムも引き続きソース レイヤーを参照する点に注意してください。*

    レイヤーのコピーを保存する利点は、構成の変更をコピーに保存して、変更されたその構成を含むレイヤーのコピーを他の Web マップで使用できることにあります。

注意:

* フィーチャ コレクションまたはマップ メモ レイヤーをコピーすると、ソース レイヤー内のデータがコピーされます。 ソース レイヤーへの参照は維持されません。 ただし、次に示すすべてのレイヤー ソース タイプでは、レイヤーのコピーが、ソース レイヤーに含まれているデータを参照します。

  • ArcGIS Server レイヤー
  • ホスト フィーチャ レイヤー
  • タイル レイヤー
  • ルート レイヤー
  • WFS、WMS、または WMTS レイヤー

レイヤーのコピーの構成を変更しても、ソース レイヤーの構成には影響ありません。 コピーを削除した場合、ソース レイヤー内の元のデータは失われませんが、レイヤー構成は失われます。 ソース レイヤーの所有者がソース レイヤーを削除するか、アクセスを削除する (つまり、ソース レイヤーへのアクセスを可能にするためのソース レイヤーの共有を停止する) と、データはコピーで使用できなくなり、マップに表示されなくなります。

ソースのホスト フィーチャ レイヤーへの参照を維持していないホスト フィーチャ レイヤーからデータのコピーを作成するには、ホスト フィーチャ レイヤーからデータをエクスポートし、そのデータを含むファイルをダウンロードして、独立したホスト フィーチャ レイヤーとしてそのファイルをアップロードし、公開します。 このワークフローを使用するには、ソースのホスト フィーチャ レイヤーからのエクスポートを他のユーザーに許可するよう (所有者が) 構成する必要があり、ユーザーにはホスト フィーチャ レイヤーを公開するための権限が必要です。

レイヤーのコピー

マップ内のレイヤーに対して異なるプロパティを構成したい場合は、そのレイヤーをコピーします。 たとえば、病院の到達圏で集約されたヘルスケア データ レイヤーには、多くの種類の病気の属性が含まれていると考えられます。 このレイヤーのコピーを作成して、データを鬱病の比率でシンボル化できます。 また、このレイヤーの別のコピーを作成して、データをアルツハイマー病の比率でシンボル化できます。 これらのレイヤーを保存した場合、別のマップで再利用できます (データは、用途に合わせてすでにシンボル化されています)。 レイヤーのコピーを作成するのに、そのレイヤーの所有者である必要はありません。

コピーできるのは、ArcGIS Server レイヤー、マップにインポートしたファイル、ホスト フィーチャ レイヤー、タイル レイヤー、マップ メモ、ルート レイヤー、WFS レイヤー、WMS レイヤー、および WMTS レイヤーです。 ベースマップ、Web 上の CSV ファイル、GeoRSS、または KML はコピーできません。

編集可能なフィーチャ レイヤーをコピーする場合、コピーされたレイヤーも編集可能になります。 コピーに対して行われた編集によって、ソース データが変更されます。 ソース レイヤーの所有者が、編集する機能を削除した場合、コピーは編集できなくなります。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
    注意:

    コンテンツを作成する権限を持っていない場合、[マップの変更] をクリックしてレイヤーをコピーできます。

  2. Map Viewer Classic を開き、[詳細] をクリックして、[コンテンツ] をクリックします。
  3. コピーするレイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[コピー] をクリックします。

    レイヤーのコピーがマップ コンテンツに追加されます。 これで、このレイヤーのプロパティを構成し、そのレイヤーを新しいアイテムとして保存できます。

レイヤーの保存

コンテンツを作成する権限を持っている場合、ArcGIS Server レイヤー、マップにインポートしたファイル、ホスト フィーチャ レイヤー、ホスト タイル レイヤー、マップ メモ、ルート レイヤー、WFS レイヤー、WMS レイヤー、および WMTS レイヤーを新しいアイテムとして [マイ コンテンツ] に保存し、そのレイヤーを他のマップで使用できます。 ベースマップ、GeoRSS、KML、または Web 上の CSV ファイルは保存できません。 ファイルからインポートしたレイヤーまたはマップ メモを保存する場合、実際のデータが保存されます。

保存したレイヤーを [マイ コンテンツ] からMap Viewer Classicに追加すると、レイヤーの表示プロパティを変更することができます。 例として、スタイルの変更ポップアップの構成表示範囲の設定更新間隔の設定凡例でのレイヤーの非表示フィルターの適用などがあります。 これらの変更をアイテムのプロパティとして保存すると、そのレイヤーがマップに表示されるときに、そのプロパティが適用されるようになります。

注意:

マップに保存された構成は、アイテムに保存された構成をオーバーライドします (アイテムに保存された構成は、引き続きアイテムに保存され、マップ作成者がアイテムの構成を上書きしていない他のマップで使用できます)。

レイヤーのコピーを保存するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. Map Viewer Classic を開き、[詳細] をクリックして、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 保存するレイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[レイヤーの保存] をクリックします。
  4. レイヤーを初めて保存している場合や、レイヤーのコピーを保存している場合、レイヤーの構成を使用して新しいアイテムをサイトに作成します。
    1. タイトルを入力します。
    2. 組織がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、マップの検索に役立てることができます。 また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
    3. タグとレイヤーを説明するサマリーを入力します。
    4. レイヤーの保存先となる [マイ コンテンツ] 内のフォルダーを選択します。
    5. [アイテムの作成] をクリックします。
  5. 設定したプロパティの構成を持つ新しいアイテムが [マイ コンテンツ] に追加されます。

このトピックの内容
  1. レイヤーのコピー
  2. レイヤーの保存