計測 (Map Viewer Classic)

注意:

新しい Map Viewer を使用できるようになりました。 アプリ ランチャーで開くと、起動できます。 詳細については、Map Viewer のヘルプ ドキュメントをご参照ください。

マップを使用しているとき、ポリゴンの面積やラインの長さを計測したり、ポイントの座標を調べたりできます。Map Viewer Classic は、データが投影座標系を使用している場合でも (楕円体ベースの測地線計算を使用して) 最短距離を計算します。 それぞれの計測の前後に、計測単位を変更できます。 管理者は、計測ツールを含むマップのデフォルトの単位を設定している可能性があります。 ユーザーは、自分のプロフィールを更新することで、表示される単位を変更できます。

計測の実行

  1. Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [計測] 計測 をクリックし、[計測] ツールバーを表示して、いずれかの計測オプションを使用します。 結果が [計測] ウィンドウの下部に表示されます。
    • マップ上の面積を計測するには、[面積] 面積 をクリックし、計測するエリアのすべての頂点についてマップを 1 回ずつクリックします。 ダブルクリックすると、距離の計測が完了します。
    • マップ上のラインを計測するには、[距離] 距離 をクリックし、測定するラインのすべての頂点についてマップを 1 回ずつクリックします。 ダブルクリックすると、距離の計測が完了します。
    • マップ上のポイントの座標を取得するには、[位置] 位置 をクリックしてから、座標を取得する位置でマップをクリックします。

単位の変更

  1. Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [計測] 計測 をクリックして [計測] ツールバーを表示します。
  3. ドロップダウン リストから計測単位を選択します。 計測後に単位を変更する場合、現在の結果が新たに選択された単位に変換されます。

計測中のマップの移動

計測の対象となるものが、現在のマップ範囲内に完全に含まれていないことがあります。たとえば、道路や土地区画が表示範囲を超えている場合などです。 距離や面積の累積値を維持しつつ、計測をしながらマップを移動するには、マウスのボタンを押したまま (または同等の操作を実行し) 、目的の方向へマップの画面を移動します。 マップをクリックし、計測を再開します。