凡例の表示 (Map Viewer Classic)

注意:

新しい Map Viewer を使用できるようになりました。 アプリ ランチャーで開くと、起動できます。 詳細については、Map Viewer のヘルプ ドキュメントをご参照ください。

凡例には、マップ上の地理データを表しているシンボル、色、スタイルの意味が表示されます。 凡例は、マップ上のシンボルの例と説明文が含まれたラベルで構成されています。 凡例には、マップ シンボルの例を示すための「パッチ」が含まれています。 多くの場合、凡例パッチはマップ シンボルに適合するポイント、直線、四角形、またはカラー ランプです。 レイヤーの作成者が、凡例パッチをカスタマイズしていることがあります。たとえば、一部の領域を他の形状のパッチで表現したり、川を直線ではなく曲線で描画したりしている場合です。

マップの凡例を表示するには、次の手順を実行します。

  1. 凡例を表示するマップを Map Viewer Classic で開きます。
  2. [詳細] をクリックしてから、[凡例] 凡例 をクリックします。

    サイド ウィンドウに凡例が開き、現在のマップの縮尺や時間範囲で表示される各レイヤーに関する情報が表示されます。 すべてのレイヤーに凡例情報が含まれているわけではありません。

凡例に含まれているレイヤーの非表示

場合によっては、レイヤーを凡例内に表示したくないことがあります。 たとえば、マップで国の失業率に焦点を当てる場合は、凡例に雇用シンボルのみを表示し、マップに含まれている道路シンボルや他の参照データは表示したくないことがあります。 レイヤーを所有している場合、アイテムとともに凡例プロパティを保存して、マップの凡例に含まれるレイヤーをデフォルトで非表示にすることができます。

  1. 凡例内のレイヤーを非表示にするマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 凡例に表示しないレイヤーを参照して選択し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックした後、[凡例を非表示にする] をクリックします。
  4. これまで非表示になっていたレイヤーを凡例に表示するには、凡例に表示するレイヤーを参照して選択し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックした後、[凡例を表示] をクリックします。
  5. レイヤーを所有していて、マップの凡例に含まれるレイヤーをデフォルトで非表示にする場合は、[レイヤーの保存] をクリックします。

コンテンツ ウィンドウでの凡例の表示/非表示

レイヤーに凡例が含まれている場合は、レイヤー名の下にある [コンテンツ] ウィンドウに凡例を表示できます。 必要に応じて、非表示にすることもできます。

  1. 凡例を含むレイヤーが挿入されているマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。

    デフォルトでは、レイヤー名の下に凡例が表示されます。

  3. [コンテンツ] ウィンドウで凡例を非表示にするには、[凡例を非表示] 凡例を非表示 をクリックします。
  4. [コンテンツ] ウィンドウで凡例を表示するには、[凡例を表示] 凡例を表示 をクリックします。

凡例の表示に関する注意事項

  • ベースマップ、マップ イメージ レイヤー、マップ メモ レイヤー、および外部からアクセスできないレイヤーには、凡例情報は含まれません。
  • マップ レイヤーの凡例と Map Viewer Classic 内の凡例は一致しないことがあります。 通常、この問題は、Map Viewer Classic 内の凡例がレイヤー内のシンボルと同期しなくなったときに発生します。 たとえば、レイヤーの作成者がサービスでシンボルを変更しても、Map Viewer Classic には引き続き前のシンボルが表示されます。 一般的に、Map Viewer Classic には、30 分間経過した後に最新の凡例が表示されます。 レイヤーの作成者は、Map Viewer Classic に凡例の更新を反映させるためにマップ サービスの REST キャッシュをクリアしなければならないことがあります。 レイヤーの作成者は、レイヤーを変更することで (レイヤーの名前変更や並べ替えなど)、凡例に対する更新を反映させることができます。