画像の表示

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic でのみサポートされています。 Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。 の今後のリリースで提供される予定です。

Map Viewer Classic を使用して、Web マップ内の画像の表示を変更できます。 マップの作成者は、マップ内の画像の表示方法を決定します。 マップ イメージ レイヤー、ArcGIS Server イメージ サービス、およびホスト イメージ レイヤーの表示設定を変更することができます。

マップにイメージ レイヤーを追加すると、マップはイメージ レイヤーのデフォルトの表示設定を最初に使用します。 表示設定の変更では、画像の表示、画像の表示順序、画質などを変更できます。

画像の表示

イメージ レイヤーの表示オプションは、レイヤーおよびレイヤーのソースに含まれているラスターまたはイメージ データのタイプによって異なります。 各表示オプションは、レンダラーと呼ばれます。 たとえば、[ストレッチ] レンダリングは、シングルバンド ラスターのピクセル値のヒストグラムを使用して連続データの表示を強化します。 また、[分類] レンダリングを使用すると、ピクセル値の範囲をクラスにグループ分けして、各クラスに色を割り当てることができます。

ArcGIS Enterprise イメージ サービスは、場合によっては処理テンプレートとともに公開され、事前に定義されたレンダラーとしてマップに表示されます。 これらのケースでは、あらかじめ定義されたレンダリングの 1 つを選択するか、画像表示オプションで [ユーザー定義のレンダラー] を選択して独自の表示設定を入力できます。

表示設定を変更する場合、マップで使用できるレンダリング オプションおよびシンボル オプションは、入力データによって異なります。

RGB コンポジット

赤、緑、青 (RGB) のカラー合成を使用して画像データをレンダリングすることで、マルチバンド画像の複数のバンドの情報を使用して、画像内の特定フィーチャをハイライト表示することができます。 たとえば、赤、緑、青のチャンネルに赤、緑、青のセンサー バンドが入力される自然色合成を使用して、自然に見えるように画像をレンダリングすることができます。 また、その他の色の組み合わせを使用して、森林植生、水域、あるいは都市部をハイライト表示することができます。

[RGB コンポジット] シンボルを使用して画像表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示を調整するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示] をクリックします。
  4. イメージ レイヤーが、テンプレートが事前定義されたイメージ サービスの場合は、[レンダラー] ドロップダウン メニューから [ユーザー定義のレンダラー] を選択します。
  5. [RGB コンポジット] で、赤、緑、青のチャンネルで表示したいバンドをそれぞれ選択します。
  6. 必要に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • [ストレッチ タイプ] ドロップダウン メニューから、ストレッチ タイプを選択します。
    • [ダイナミック レンジ調整] ボックスをオンにし、値の範囲を現在の表示ウィンドウ内の値に制限して、選択したストレッチ操作を実行します。 このオプションは、画像レイヤーにグローバル統計がない場合は、常にオンになります。
    • [ガンマ] スライダーでガンマ値を変更して画像の中間値をストレッチしますが、極端に高い値と低い値は一定に保たれます。

    使用可能なコントラスト補正は、表示される値の範囲を決定します。

  7. [適用] をクリックして、画像表示オプションをレイヤーに適用し、[リセット] をクリックしてデフォルトの表示オプションに戻ります。または、[閉じる] をクリックして、選択内容を保存せずに [画像表示] タブを閉じます。

ストレッチ

連続データにストレッチを適用すると、さまざまなカラー ランプを適用してイメージ レイヤーのコントラストを強化することができます。 ストレッチは、連続データセットの特定フィーチャをより明確にしたい場合に有効です。 たとえば、ストレッチを使用して、デジタル標高モデル (DEM) で標高が高いエリアを低いエリアと対比して明確に表示することができます。

[ストレッチ] シンボルを使用して画像表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示を調整するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • [レンダラー] ドロップダウン メニューから、[ストレッチ] オプションを選択します。
    • イメージ レイヤーが、あらかじめ定義されたテンプレートを持つイメージ サービスの場合は、[レンダラー] ドロップダウン メニューから [ユーザー定義のレンダラー] を選択し、[シンボルのタイプ] ドロップダウン メニューから [ストレッチ] を選択します。
  5. [ストレッチ タイプ] ドロップダウン メニューから、ストレッチ タイプを選択します。

    次のオプションを利用できます。

    • [なし] - 追加の画像補正は実行されません。
    • [最小値と最大値] - 画像の全範囲の値を表示します。 必要に応じて統計テーブルの値を編集し、追加の編集を行います。 これは、[ダイナミック レンジ調整] チェックボックスがオフになっている場合にのみ使用できます。
    • [標準偏差] - 標準偏差の指定した数値間の値を表示します。
    • [割合クリップ] - 表示する値の範囲を設定し、最大および最小のピクセル値をストレッチから除外します。 2 つのテキスト ボックスを使用して、上と下の割合を編集します。
  6. [ストレッチ タイプ][なし] 以外のオプションに設定されている場合は、必要に応じて、以下のいずれかまたは両方の操作を行います。
    • [ダイナミック レンジ調整] ボックスをオンにし、値の範囲を現在の表示ウィンドウ内の値に制限して、選択したストレッチ操作を実行します。 このオプションは、画像レイヤーにグローバル統計がない場合は、常にオンになります。
    • [ガンマ] スライダーでガンマ値を変更して画像の中間値をストレッチしますが、極端に高い値と低い値は一定に保たれます。
  7. イメージ レイヤーがシングルバンド画像またはラスターの場合は、必要に応じて、[カラー ランプ] ドロップダウン メニューからカラー ランプを選択します。
  8. [適用] をクリックして、画像表示オプションをレイヤーに適用し、[リセット] をクリックしてデフォルトの表示オプションに戻ります。または、[閉じる] をクリックして、選択内容を保存せずに [画像表示] タブを閉じます。

個別値

一意の値を使用した画像のレンダリングは、主題データやカテゴリ データの表示に役立ちます。 この表示オプションは、ラスター属性テーブルを使用して公開されたシングルバンド イメージ レイヤーでのみ使用できます。 データセット内の 1 つ以上の属性フィールドに基づいてレンダリングする一意の値を基準にすることができます。 ラスター属性テーブルでそれぞれのフィールドに赤、緑、青の値が指定されている場合、データセットは、デフォルトでそれらの色を使用して表示されます。 この表示オプションは、多くの場合、土地被覆やリスク ゾーンなどの主題データとともに使用されます。

[個別値] シンボルを使用して画像表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示を調整するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • [レンダラー] ドロップダウン メニューから、[個別値] オプションを選択します。
    • イメージ レイヤーが、事前に定義されたテンプレートを持つイメージサービスの場合は、[レンダラー] ドロップダウン メニューから [ユーザー定義のレンダラー] を選択し、[シンボルのタイプ] ドロップダウン メニューから [個別値] を選択します。
  5. [フィールド] ドロップダウン メニューから、マップするフィールドを選択します。
  6. [カラー ランプ] ドロップダウン メニューから、カラー ランプを選択します。
  7. 必要に応じて [ラベル] 列のテキストと [シンボル] 列の色を編集します。
  8. [適用] をクリックして、画像表示オプションをレイヤーに適用し、[リセット] をクリックしてデフォルトの表示オプションに戻ります。または、[閉じる] をクリックして、選択内容を保存せずに [画像表示] タブを閉じます。

分類

分類オプションでは、指定した数のクラスにピクセル値またはセル値を分類し、各クラスを指定された色で表示できます。 このオプションは、シングルバンド イメージ レイヤーでのみ使用できます。 たとえば、気温ラスターを気温が低い、中程度、または高い地域に分類し、色を追加してクラスを区別することができます。 イメージ レイヤーに連続データが含まれ、ヒストグラムが計算されていない場合は、分類レンダラーが選択されたときに計算されます。

[分類] シンボルを使用して画像表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示を調整するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • [レンダラー] ドロップダウン メニューから、[分類] オプションを選択します。
    • イメージ レイヤーが、事前に定義されたテンプレートを持つイメージサービスの場合は、[レンダラー] ドロップダウン メニューから [ユーザー定義のレンダラー] を選択し、[シンボルのタイプ] ドロップダウン メニューから [分類] を選択します。
  5. [フィールド] ドロップダウン メニューから、ピクセルの分類に使用するフィールドを選択します。

    ピクセル値フィールド Value は、デフォルト フィールドです。

  6. [方法] ドロップダウン メニューから、ピクセルの分類に使用する分類方法を選択します。

    次のオプションを利用できます。

    • [自然分類] - クラスの閾値は、データ値の差が比較的大きい隣接したフィーチャ ペアを検出することにより、統計的に決定されます。
    • [等間隔] - クラスの数を指定すると、セル値の範囲が均等なサイズのクラスに分割されます。
    • [等量] - 各クラスに同じ数のセルが含まれます。
    • [指定間隔] - セル値の範囲を分割する間隔を指定します。クラスの数は自動的に計算されます。
    • [手動間隔] - クラス テーブルにピクセル値の範囲を入力することで、クラスの閾値を手動で作成します。
  7. [等級] テキスト ボックスに、作成するピクセル値のグループ数またはクラス数を指定します。
  8. [カラー ランプ] ドロップダウン メニューから、カラー ランプを選択します。
  9. 必要に応じて [ラベル] 列のテキストと [シンボル] 列の色を編集します。

    クラス テーブルでピクセル値を編集すると、ピクセル値の範囲を手動で指定しているので、[方法] の選択内容は自動的に [手動間隔] に変わります。

  10. [適用] をクリックして、画像表示オプションをレイヤーに適用し、[リセット] をクリックしてデフォルトの表示オプションに戻ります。または、[閉じる] をクリックして、選択内容を保存せずに [画像表示] タブを閉じます。

カラー陰影起伏

標高データを含むイメージ レイヤーでは、カラー陰影起伏がサポートされます。 このオプションは、組み込まれたカラー ランプをテレインの陰影起伏に適用することによってテレインの表現を生成します。これは、テレインの変化をハイライト表示する場合に役立ちます。 たとえば、陰影起伏を適用して、デジタル標高モデル (DEM) で標高が高いエリアを低いエリアと対比して明確に表示することができます。

[陰影図] シンボルを使用して画像表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示を調整するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • [レンダラー] ドロップダウン メニューから、[陰影図] オプションを選択します。
    • イメージ レイヤーが、事前に定義されたテンプレートを持つイメージサービスの場合は、[レンダラー] ドロップダウン メニューから [ユーザー定義のレンダラー] を選択し、[シンボルのタイプ] ドロップダウン メニューから [陰影図] を選択します。
  5. [陰影起伏タイプ] を選択して、関連する設定を調整します。
    • [1 つの光源方向] 陰影起伏タイプにより、以下の設定を変更できます。

      • 光源方位 - 水平線に沿った太陽の相対的な位置。
      • 光源高度 - 水平線からの太陽の仰角。
      • Z 係数 - 視覚的効果のために標高単位を変換する、または高さ強調を追加するときに使用する縮尺係数。
      • スケーリング - ピクセル サイズ乗数および係数。Z 係数がカラー陰影起伏をスケーリングする方式を決定します。

    • [複数の光源方向] 陰影起伏タイプにより、[Z 係数] および [スケーリング] の設定を変更できます。
  6. [カラー ランプ] ドロップダウン メニューから、カラー ランプを選択します。
  7. [適用] をクリックして、画像表示オプションをレイヤーに適用し、[リセット] をクリックしてデフォルトの表示オプションに戻ります。または、[閉じる] をクリックして、選択内容を保存せずに [画像表示] タブを閉じます。

カラーマップ

カラーマップのシンボルは、カラー マップとともに公開されたイメージ レイヤーでサポートされます。 カラーマップ内で Red、Green、Blue の値を使用して、シングルバンド イメージ レイヤーを表示します。 また、各クラスにラベルを割り当てることもできます。

[カラーマップ] シンボルを使用して画像表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示を調整するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示] をクリックします。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • [レンダラー] ドロップダウン メニューから、[カラーマップ] オプションを選択します。
    • イメージ レイヤーが、事前に定義されたテンプレートを持つイメージサービスの場合は、[レンダラー] ドロップダウン メニューから [ユーザー定義のレンダラー] を選択し、[シンボルのタイプ] ドロップダウン メニューから [カラーマップ] を選択します。
  5. 新しい凡例を生成するときの必要に応じて [ラベル] 列を変更します。
  6. [適用] をクリックして、画像表示オプションをレイヤーに適用し、[リセット] をクリックしてデフォルトの表示オプションに戻ります。または、[閉じる] をクリックして、選択内容を保存せずに [画像表示] タブを閉じます。

事前に定義されたテンプレートの使用

イメージ サービスから生成されるイメージ レイヤーは、多くの場合、データセットに関連付けられた 1 つ以上の処理テンプレートを使用して作成されます。 処理テンプレートとは、ラスター データセットに関連付けられた、既定の表示設定またはラスター関数チェーンのことです。 たとえば、ArcGIS Living AtlasSeafloor Temperature (°C) イメージ レイヤーは、カートグラフィック レンダリング、摂氏から華氏へ変換するレンダリング、摂氏からケルビンに変換するレンダリングを使用して公開されます。 これらは、別々のイメージ サービスではなく、すでに適用されているさまざまな処理オプションを使用して表示できる 1 つのイメージ サービスです。 事前に定義されたテンプレートを使用してイメージ レイヤーを表示するよう選択できます。

注意:

イメージ サービスのユーザーは、イメージ サービスを使用して作成されたテンプレートを表示することしかできません。

事前に定義された処理テンプレートを使用して画像を表示するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 表示を調整するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示] をクリックします。
  4. [レンダラー] ドロップダウン メニューから、イメージ レイヤーのレンダリングに使用する事前に定義された処理テンプレートを選択します。
  5. [適用] をクリックして、画像表示オプションをレイヤーに適用し、[リセット] をクリックしてデフォルトの表示オプションに戻ります。または、[閉じる] をクリックして、選択内容を保存せずに [画像表示] タブを閉じます。

画像の表示順序

モザイク データセットから公開されたイメージ サービスには、1 つまたは複数の画像が含まれています。 これらの画像はリアルタイムでモザイク化され、サービスを参照するときに 1 つの画像のように動作します。 たとえば、ArcGIS Living AtlasUSA NAIP Imagery: Natural Color イメージ レイヤーは、モザイク データセットから公開されます。

Web マップでこれらのタイプのイメージ レイヤーを操作する際、画像の順序とオーバーラップ領域の解決方法を変更できます。 画像の順序とは、複数の画像が同じ領域にある場合の画像の選択方法を指します。 また、画像がモザイク レイヤーでオーバーラップする領域の表示方法も決定できます。

モザイク データセットのイメージ レイヤーの画像の表示順序を変更するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 画像の順序を変更するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション をクリックして、[画像表示順序] をクリックします。
  4. [画像表示順序] ウィンドウで、画像の優先順位付けに使用する方法を指定します。

    使用できるオプションは次のとおりです。

    • [縮尺のみ] - このオプションを使用すると、画像の縮尺によって画像の順序が優先順位付けされます。 同じ縮尺の画像の場合、画像属性内の ObjectID によって表示順序が決定されます。
    • [属性]- 画像の順序を決定する属性を選択します。 その属性で最も高い値を持つ画像が一番上に表示されます。 たとえば、最近の画像を表示する場合、取得日に基づいて画像を表示できます。 取得日を選択するには、カレンダーを使用します。 この他に、できる限り鮮明に画像を得るために、雲量の割合を示す属性もよく使用されます。
    • [ビューの中心に最も近い画像の中心] - 利用者がモザイクされたラスター レイヤーを閲覧すると、表示される画像が変化します。 中心が画面の中央から距離的に最も近い画像が一番上に表示されます。 これは、利用者が固定的な視点からフィーチャを表示したい場合に便利な機能です。
    • [最も北西が上に表示されるように指定された順序] - 順序は、モザイクされたラスター レイヤーの北西隅から、各画像の中心までの距離に基づいて決定されます。 これは静的な表示になるため、モザイクをローミングするときに画像を変更しない場合に便利です。
    • [ビューの中心に最も近いセンサーの位置]- 歪みが最も小さい画像が表示されます。 センサーが画像をキャプチャするとき、画像の真上にあるポイントは天底ポイントとして知られ、歪みが最も小さい傾向があり、建物の傾きなどの効果が最小限に抑えられます。 天底ポイントが画面の中央から距離的に最も近い画像が一番上に表示されます。
    • [定義済みのシームライン] - 利用者がこのオプションにアクセスできるようにするには、シームラインを事前に作成しておく必要があります。 画像は、既存のシームラインに基づいて優先順位付けされます。 このオプションを選択した場合、重なり合うピクセルを解決するために [ピクセルのブレンド値] を使用する必要があります。
    • [画像のリスト] - 少数の画像を対象とする場合、カンマ区切りのリストを使用して、表示する順序に明示的にリストできます。 この方法は、画像の表示設定の制限を無視し、1、2、5、7、9 など、リストされた画像を任意の縮尺で強制的に表示します。
    注意:
    イメージ サービス内の画像は、特定の縮尺で表示されます。 表示設定の範囲は、画像属性の最小ピクセル サイズ (MinPS) と最大ピクセル サイズ (MaxPS) に対応します。 この表示設定は、[画像のリスト] オプションが選択されている場合を除き、常に適用されます。
  5. 必要に応じて、[順序の反転] ボックスをオンにして、優先順序を反転します。
  6. 重なり合うピクセルを解決する方法を指定します。

    使用できるオプションは次のとおりです。

    • [最高の優先度のみ] - 優先順位付け方法で設定された優先度が最高である画像のピクセル値を表示します。
    • [ピクセルの最小値] - 最も低いピクセル値を表示します。
    • [ピクセルの最大値] - 最も高いピクセル値を使用します。
    • [ピクセルの平均値] - 平均のピクセル値を表示します。
    • [ピクセルのブレンド値] - オーバーラップ領域にブレンド オプションを使用すると、シームラインに沿って継ぎ目がスムーズに作成されます。
  7. [適用] をクリックして、変更した内容を保存します。

画質

ダイナミック イメージ レイヤーの画質を変更できます。 画質を変更するには、イメージ レイヤーのレンダリングに使用する圧縮アルゴリズムを変更する必要があります。 画質が高くなるほどファイルが大きくなり、処理速度に影響します。 3 つの画質オプションがあり、いずれを使用するかは、要件と転送量によって異なります。

イメージ レイヤーの画質を変更するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. 画質を変更するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション[画質] の順にクリックします。
  4. スライダーを使用して、圧縮レベルを選択します。

    次のオプションを利用できます。

    • [性能] - 50% 品質の JPEG 形式に圧縮します。 元の画像の寸法が 1,034 x 721 (約 2 MB) とすると、このオプションを使用して送信されるサイズはわずか 62 K になります。 ネットワークの転送量が少ない場合は、このオプションをお勧めします。 このオプションは透過表示をサポートしていないため、データのない領域は黒で表示されます。
    • [品質] - 現在の表示に NoData のピクセルが存在する場合は PNG32、透明なピクセルがない場合は 95% 品質の JPEG 形式に圧縮します。 元の画像の寸法が 1,034 x 721 で透明なピクセルがないとすると、このオプションを使用して送信されるサイズは 277K になります。
    • [バランス] - 現在の表示に NoData のピクセルが存在する場合は PNG32 形式、透明なピクセルがない場合は 75% 品質の JPEG 形式に圧縮します。 元の画像の寸法が 1,034 x 721 で透明なピクセルがないとすると、このオプションを使用して送信されるサイズは 99K になります。
  5. [適用] をクリックして、変更した内容を保存します。

イメージ レイヤーのフィルター

複数の画像を含むイメージ レイヤーの場合は、属性を使用して、表示される画像をフィルター処理できます。 フィルター処理は、モザイク データセット、または画像コレクションから生成された ArcGIS Enterprise ホスト イメージ レイヤーから公開された ArcGIS Enterprise イメージ サービスでサポートされます。

[フィルター] ウィンドウまたは [画像フィルター] ウィンドウを使用して、フィルター処理を行います。

  • [フィルター]ダイアログ ボックスでは、画像の全範囲に対して、属性に基づいてイメージ レイヤーをフィルター処理して、フィルター処理の基準に一致するすべての画像を表示します。
  • [画像フィルター]ウィンドウでは、属性に基づいてイメージ レイヤーをフィルター処理して、対象地理範囲で該当するすべての画像を返します。 検索対象の地理範囲は、マップに表示されている範囲に限られます。

    フィルターを使用すると、選択された画像が [画像フィルター] ウィンドウに返されます。サムネイルまたは属性を表示するよう結果を構成し、選択内容を絞り込みます。 選択した後は、レイヤーを作成して、[コンテンツ] ウィンドウに追加できます。

フィルター

特定の基準を満たす画像をすべて表示するには、イメージ レイヤーの全範囲に対し、次の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. フィルター処理するイメージ レイヤーを参照し、[フィルター] フィルター をクリックします。
  4. 定義式を作成します。
    • 式では <Field_name> <Operator> <Value, Field or Unique> の一般的な形式が使用されます。 <Field_name> メタデータ属性はフィルタリングに使用され、<Operator> 属性は設定を制限します。 演算子の選択肢は、選択した属性によって異なります。
    • 1 つの式、複数の式、あるいは 1 つ以上の式のセットを作成できます。 1 つのセットとは式のグループです。たとえば、次の画像ように Acquisition Date が 3/17/2000 の後で 9/30/2000 の前の画像を表示することができます。 式のセットを作成するには、[セットの追加] をクリックします。
    • 式が複数ある場合、式の [すべて][一部] のどちらに合致するレイヤー内のフィーチャを表示するかを選択します。 [すべて] の場合、指定した条件がすべて真である必要があります。 [一部] の場合、式の中で 1 つだけが真であれば、フィーチャが表示されます。 式の [すべて] または [一部] は、個々の式、式のセット、またはフィルターを構成するすべての式に適用できます。
    • 式のフィールドの部分で [フィールド] ドロップダウン矢印をクリックして、リストからクエリ対象のフィールドを選択します。
    • 式の演算子の部分で [演算子] ドロップダウン矢印をクリックして、リストから演算子を選択します。
    • 特定の値に基づいてフィルターする場合は、[値] を選択して、フィールドに値を入力します。 入力ボックスは、フィールド タイプに応じて異なります。
    • 2 つのフィールド間で値を比較する場合は、[フィールド] を選択し、ドロップダウン矢印をクリックして、式のフィールドを選択します。
    • 式で選択したフィールド内の特定の値に基づいてフィルターする場合は、[個別値] を選択し、フィールドから一意の値を選択します。 このオプションが使用できない場合、制約が適用されている可能性があります。
      注意:

      個別値フィルターは、日付フィールドにはサポートしていません。

    • フィルター内の式を削除するには、式の右側にある [削除] ボタン 削除 をクリックします。
  5. [フィルターの適用] をクリックすると、フィルター内の式で定義されるフィルター処理された画像が表示されます。

画像フィルター

現在の表示範囲と属性情報を使用して画像を選択するには、次の手順を実行します。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. マップの対象地域にズームします。
  4. [コンテンツ] ウィンドウで、フィルター処理するイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション[画像フィルター] の順にクリックします。
  5. [画像フィルター] ウィンドウの [属性] ボックスを使用し、画像のフィルター処理に使用する属性と値を選択します。

    結果の画像は、[画像フィルターの結果] ボックスに表示されます。

  6. あるいは、画像の選択時に以下のツールを使用することもできます。
    • [フィルターの結果の構成] - カードに表示される情報を構成します。 それぞれの結果に関連付けられたサムネイルを表示するオプションと、表示するフィールドを最大 4 つ選択できます。
    • [すべて選択] - 結果から画像の最大許容数を選択するか、1 回のクリックですべての画像の選択を解除します。 選択した画像の最大数は、サービスの [最大モザイク画像数] プロパティで決定されます。
    • [画像の並べ替え] - フィルター内で選択された属性フィールドに基づいて、結果を昇順/降順に並べ替えます。
    • [選択した画像にズーム] - 選択した画像の範囲にズームします。
  7. 完了したら、表示したい画像を結果から選択し、[新しいレイヤーとして追加] オプションをクリックして新しいレイヤーを保存し、マップの [コンテンツ] ウィンドウにレイヤーとして追加します。

    新しいレイヤーが [コンテンツ] ウィンドウに追加されます。

  8. [終了] をクリックして [画像フィルター] ウィンドウを閉じ、Map Viewer Classic[コンテンツ] ウィンドウに戻ります。
注意:

[画像フィルター] ウィンドウは、レイヤーの [フィルター] ダイアログ ボックスと連携して動作します。 画像レイヤーにレイヤー フィルターが設定されている場合、[画像フィルター] オプションはフィルター クエリを優先し、そのクエリのサービスから返された画像のみを使用します。 これにより、対象地理範囲の選択肢をさらに絞り込むことができます。

多次元フィルター

イメージ レイヤーが多次元の場合、多次元フィルターを使用して、マップに表示する変数とディメンション値を指定できます。 たとえば、ArcGIS Living AtlasSea Surface Temperature (°C) イメージ レイヤーは多次元イメージレイヤーです。

多次元フィルターを適用するには、次の手順に従います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. フィルター処理する多次元レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション[多次元フィルター] の順にクリックします。
  4. ドロップダウン メニューから、変数を選択して表示します。

    [デフォルト] を選択して、サービスに構成されている変数を使用します。 [デフォルト] は、クライアント側の変数のフィルタリングがないことを表します。 これは、サーバーのデフォルトの変数が処理テンプレートを使用して構成されているか、または複数の変数から取得された処理結果を使用して構成されている場合です。

  5. ディメンションをオンにして変数を定義し、カレンダーまたはドロップダウン メニューを使用して変数を選択します。
    注意:

    時間やその他のディメンションのアニメーションをレイヤーから無効にしてから、対応するディメンションを設定して、指定値または範囲を表示します。

  6. [適用] をクリックして、多次元フィルターを適用します。

ベクトル場データのスタイルの変更

U-V または大きさおよび方向の情報を持つイメージ サービスは、矢印などのベクター シンボルを使用してシンボル化できます。 シンボルのサイズと色は大きさを表します。 角度はフロー方向を表します。

ベクトル場データの表示を変更するには、以下の手順を行います。

  1. サイン インしていることを確認して、Map Viewer Classic でマップを開きます。
  2. [詳細] をクリックし、[コンテンツ] をクリックします。
  3. [コンテンツ] ウィンドウでベクトル場レイヤーを参照し、[スタイルの変更] スタイルの変更 をクリックします。
  4. 次の変更を行います。
    • [シンボル] - データの表示に使用するシンボルのタイプを選択します。 オプションには、[単純なスカラー][単一の矢印][風向き記号][ビューフォート風力階級][海流 (4 クラス)]、[海流 (9 クラス)][分類された矢印] があります。 [単純なスカラー] を除くすべてのシンボルでは、シンボルのサイズまたは色がデータの大きさを表し、シンボルの回転角度がフロー方向を表します。 各シンボルの説明がドロップダウン メニューに表示されます。
    • [方向は次のフローを表す] - 気象または海洋学上の設定におけるシンボルの方向を表示する場合に選択します。 気象学者は、大気が流れてくる方向を基にデータを表示します。 一方、海洋学者は水が流れていく方向を基にデータを表示します。
    • [シンボルの密度] - スライダーを移動させて密度を変更することで、観測するパターンの縮尺を変更します。 スライダーを低密度の方へ移動させると、各シンボルが表すエリアが拡大するため、パターンも拡大します。 高密度に設定すると、各シンボルが表すデータのエリアが縮小されるため、局所のパターンが表示できます。
    • [シンボルの縮尺] - スライダーを最大と最小間で移動させることで、シンボルの縮尺を変更します。 高度な設定を使用すると、さらに正確な縮尺範囲を設定できます。
    • [高度な設定] - 大きさを変換し、最小および最大範囲を設定することで、シンボルに正確な範囲を設定します。 サイズには変換された大きさの単位が使用されるため、これらの設定はシンボルの最小および最大サイズに影響を及ぼします。 最小および最大値を設定して、表示されるデータの範囲を制限します。 範囲外のデータは、最小および最大値を使用してシンボル化されます。
  5. [適用] をクリックして、変更した内容を保存します。

時間とディメンションのアニメーションの構成

時間またはそれ以外のディメンションが有効になったイメージ レイヤーは、適切な設定を使用してアニメーション化できます。

アニメーションと設定の有効化

時間ディメンションが適用されたイメージ レイヤーでは、タイム スライダーと時間設定を使用し、時間経過に沿った画像のアニメーション表示をコントロールできます。 イメージ レイヤーで時間アニメーション オプションを有効にしておく必要があります。

ディメンションのアニメーションと設定の有効化

時間以外のディメンションを持つイメージ レイヤーについては、ディメンション スライダーを使用して、アニメーション表示するディメンションを選択できます。 一般的なディメンションには、高さ、深度、圧力があります。 たとえば、ArcGIS Living AtlasHYCOM - Sea Water Salinity イメージ レイヤーは、複数の時間に加え、複数の深度の塩分濃度を示します。

  • [ディメンション] - アニメーションで変数を表示するディメンションを設定します。
  • [アニメーションの逆再生] - ディメンション アニメーションを逆方向から再生します。 アニメーションは最大ディメンション値から最小ディメンション値に表示することも、逆にすることもできます。
  • [範囲の定義] - ディメンション スライダーを使用して値の範囲を設定します。 一度に 1 つのスライスのみを使用するには、このボックスをオフにします。
  • [再生速度] - アニメーション速度を設定します。
  • [ディメンション範囲] - このボックスはデフォルトでオンになっており、すべてのスライスを表示に使用できます。 始点および終点として特定の値を入力する場合は、このボックスをオフにします。
  • [間隔] - 時間アニメーションの時間ステップと似ていますが、単位は時間ではなくディメンションです。 たとえば、さまざまな深度の変数を視覚化する場合、[間隔] を 100 メートルに設定して、100 メートルごとの深度を表すレイヤーを表示します。

ディメンション スライダーとアニメーション オプションを使用および構成するには、次の手順に従います。

  1. 多次元イメージ レイヤーをマップに追加します。
  2. 必要に応じて [コンテンツ] ウィンドウでイメージ レイヤーを参照し、[その他のオプション] その他のオプション[ディメンション アニメーションの有効化] の順にクリックします。
  3. ディメンション スライダーを使用して、マップに表示するディメンション値を選択します。
  4. [再生/一時停止] をクリックすると、各ディメンション値でイメージ レイヤーのアニメーションが再生されます。
  5. [前へ] または [次へ] をクリックすると、特定のディメンション値による表示に変わります。
  6. アニメーションの設定を変更するには、[構成] ボタンをクリックして、以下のオプションのいずれかを変更します。
    • [ディメンション] - アニメーションで変数を表示するディメンションを設定します。
    • [アニメーションの逆再生] - ディメンション アニメーションを逆方向から再生します。 アニメーションは最大ディメンション値から最小ディメンション値に表示することも、逆にすることもできます。
    • [範囲の定義] - ディメンション スライダーを使用して値の範囲を設定します。 一度に 1 つのスライスのみを使用するには、このボックスをオフにします。
  7. [再生速度] - アニメーション速度を設定します。
  8. [ディメンション範囲] - このボックスはデフォルトでオンになっており、すべてのスライスを表示に使用できます。 始点および終点として特定の値を入力する場合は、このボックスをオフにします。
  9. [OK] をクリックして変更を適用するか、[キャンセル] をクリックして、変更内容を保存せずに [ディメンションの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。

テーブル オプション

モザイク データセットから生成されたイメージ レイヤーのテーブルを表示することができます。 このテーブルには各画像のメタデータがあります。これを使用して、フィルター処理のときに使用するカテゴリを決定できます。 このテーブルを使用すると、次のことを実行できます。

  • [選択したレコードを表示] または [すべてのレコードを表示] - レイヤーまたはテーブルから選択したレコードだけを表示するか、またはすべてのレコードを表示します。
  • [選択した場所の中心] - レイヤー内の選択したレコードを中央に配置します。
  • [選択セットの解除]- 現在の画像の選択セットを解除します。 それらの画像は引き続きマップ上に表示され、テーブル内にも存在します。
  • [列の表示/非表示] - テーブル内で表示する列を選択します。
  • [フィルター] - 属性検索を使用し、表示画像を絞り込みます。
  • [表示画像の選択] - マップ上に表示される画像を選択します。
  • [すべての画像を表示] - レイヤーからのすべての画像をマップ上に表示します。
  • [選択した画像を表示] - 選択した画像のみを表示します。

多数の画像から構成されるイメージ サービスを使用する場合、1 枚または数枚までの画像を指定して表示します。 表示する画像を段階的にフィルターし、必要な画像の表示をロックし、他の画像が選択されないよう表示をリセットします。

このワークフローを実行する手順を以下に示します。

  1. まず、フィルターを適用する方法、テーブルを使用して [表示可能な画像の表示] をする方法、またはテーブルが表示されたときにマップ上でクリックする方法で、イメージ レイヤーをフィルター処理します。 画像をフィルターしたら、[テーブル オプション] を使用し、選択したレコードを表示します。
  2. テーブル内のレコードをクリックし、選択肢を絞り込みます。 Ctrl キーを押しながらクリックして、複数の項目を選択します。 テーブル オプションを使用し、[選択レコードを表示] をもう一度選択します。
  3. [選択した画像を表示] を使用し、画像をロックします。
  4. [すべての画像を表示] を選択してリセットし、すべての画像を表示します。

凡例

イメージ サービスが ArcGIS 10.2 以降のサーバー以降で公開されている場合、マップに凡例を表示できます。 凡例はデフォルトで表示されますが、凡例を表示しないオプションもあります。