フィーチャ レイヤーのストリーミングの制御

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic でのみサポートされています。 Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。 の今後のリリースで提供される予定です。

ArcGIS Server ストリーム サービスから作成されたストリーミング フィーチャ レイヤーは、データ更新が行われるたびにストリーミングを行います。 これは、大量のデータや不定期に変更されるデータを含むリアルタイム データ フィードを視覚化する際に役立ちます。 たとえば、複数の車両が位置情報を送信しており、車両の現在地を常に監視する必要がある場合などです。

Map Viewer Classic にストリーミングしているフィーチャ レイヤーを追加すると、ストリーミング コントロールを使用し、サービスがレイヤーに送信するデータをフィルターすることができます。 特定のマップ範囲内のデータだけがレイヤーに送信されるよう、空間フィルターを適用します。 属性フィルターを使用し、レイヤーに送信されるデータを制限することもできます。 たとえば、センサーから取得した大気汚染度情報を送信するサービスに接続する場合に、粒子物質濃度が一定の閾値を超えた、地域内のセンサーに絞り込んで情報を表示する場合などで。

Map Viewer Classic 内でフィーチャのストリーミングを制御するには、以下の手順に従います。

  1. Map Viewer Classic[コンテンツ] ウィンドウで、ストリーミングされるフィーチャ レイヤーの横の矢印をクリックします。
  2. レイヤーに空間フィルターを適用するには、[ストリーミング コントロール] をクリックし、適用する空間コントロールを選択します。
    • [ストリーミングの停止] または [ストリーミングの開始] - ストリーミングを停止すると、レイヤーは Map Viewer Classic への描画を停止し、レイヤー内のデータはストリーミングを再開するまで更新されません。
    • [観測データを現在のマップ エリアに制限] または [すべての観測データを表示] - 特定のマップ範囲内にあるデータだけがレイヤーに送信されるよう、空間フィルターを適用します。 空間フィルターを適用する範囲にズームし、[観測データを現在のマップ エリアに制限] を適用します。 縮小しても、その範囲内でのみフィーチャが更新されます。 このようにフィルターを適用すると、データをより簡単に可視化できるとともに、不要なデータがネットワーク経由で送信されることを回避できます。

      マップを所有しており、この空間フィルターを保存したい場合は、[保存] をクリックします。

      レイヤー全体を再表示するには、[すべての観測データを表示] をクリックします。

    • [前の観測データを消去] - マップからフィーチャを消去し、ストリーミングを再開するには、このオプションを使用します。 観測データを現在のマップ エリアに制限している場合は、フィーチャはそのエリアでのみ引き続きストリーミングされます。
  3. レイヤーに属性フィルターを適用するには、[フィルター] にポイントし、フィルターの条件式を定義します。