フィーチャの結合

注意:

現在、この機能は Map Viewer Classic でのみサポートされています。 Map Viewer の今後のリリースで提供される予定です。 の今後のリリースで提供される予定です。

フィーチャの結合 フィーチャの結合ツールは、空間および属性リレーションシップに基づいて、一方のレイヤーまたはテーブルから他方のレイヤーまたはテーブルに属性を転送します。 必要に応じて、結合されたフィーチャの統計情報も計算できます。

ワークフロー図

フィーチャの結合のワークフロー図

あるアナリストは都市全体の犯罪データを持っています。 これらの犯罪の影響を解析および調査するために、アナリストは犯罪の発生場所と都市のさまざまな管轄区域 (学区、警察の巡回区域、近隣地区など) との関係を理解する必要があります。 フィーチャの結合ツールを使用することで、場所に関する詳細情報を各犯罪に紐付けて、さまざまな管轄区域への影響を詳細に調査および解析できます。

ヒント:

ArcGIS Living Atlas of the World の州および郡のレイヤーには人口データが含まれており、犯罪データに結合させることができます。

使用上の注意

フィーチャの結合ツールは、一方のレイヤーから他方のレイヤーに情報を移したり追加できるように設計されています。 転送される情報は、定義された空間リレーションシップのタイプに基づいているか、2 つのデータセット間で共有されている共通の属性に基づいています。

ヒント:

ドロップダウン メニューで [解析レイヤーの選択] を選択すると、Map Viewer Classic に存在しないレイヤーをツール ウィンドウに追加できます。

フィーチャを結合する際は、空間リレーションシップ、属性リレーションシップ、またはこれら 2 つの組み合わせに基づいてフィーチャを結合できます。

オプション説明

空間リレーションシップの選択 [空間リレーションシップの選択]

フィーチャが互いに結合しているかどうかを判断する空間リレーションシップ。 使用可能なリレーションシップは、結合されるレイヤーのジオメトリのタイプ (ポイント、ライン、エリア) によって決まります。 使用可能な空間リレーションシップを次に示します。

  • 正確に一致する
  • 交差する
  • 完全に含む
  • 完全に含まれる
  • 一定距離内にある

照合するフィールドの選択 [照合するフィールドの選択]

フィーチャが互いに結合しているかどうかを判断する属性リレーションシップ。 フィーチャは、結合レイヤーのフィールド値がターゲット レイヤーのフィールド値に等しい場合に一致します。

結合方法は、結合レイヤーの複数のフィーチャがターゲット レイヤーに対して同じリレーションシップを持っていることが判明した場合に、ターゲット レイヤーと結合レイヤーの結合をどのように処理するかを決定します。 次の 2 つの結合方法の中から選択できます。

  • [1 対 1 の結合] - このオプションを選択すると、結合レイヤー内の 1 つのフィーチャが、ターゲット レイヤー内の各フィーチャに結合されます。 結合に使用される、結合レイヤーからのレコードは、[統計情報の追加] パラメーターまたは [保持するレコードの定義] パラメーターによって決定されます。 [統計情報の追加] が選択されている場合、ターゲット レイヤー内のフィーチャごとに、すべての一致するレコードが集計されます。 デフォルトでは、集計されたレコードの個数も追加されます。 [保持するレコードの定義] が選択されている場合、ターゲット フィーチャごとに、結合レイヤーからの一致するレコードが 1 つだけ使用されます。 結合レイヤー内の最初に一致するレコードを保持するか (デフォルト)、特定のフィールドに最高値か最低値がある一致するレコードを維持する (ソート順) かを選択できます。 ソート順式では、数値フィールド (最大/最小値のオプション) または日付フィールド (最も新しい/古い値用のオプション) が必要です。
  • [1 対多の結合] - このオプションを選択すると、一致するフィーチャがすべてターゲット レイヤーに結合されます。 結果レイヤーには、ターゲット フィーチャの複数レコードが含まれます。

[すべてのターゲット フィーチャを保持する] は、出力に一致するフィーチャのみを含めるか、ターゲット レイヤーのすべてのフィーチャを含めるかを決定するために使用されます。 このオプションをオフにすると (デフォルト)、ターゲット レイヤーと結合レイヤーの間で一致するフィーチャのみが出力に返されます (内部結合)。 オンにすると、ターゲット フィーチャが結合レイヤーに一致しない場合でも、ターゲット レイヤーのすべてのフィーチャが出力に返されます (左外部結合)。

1 対多の結合と 1 対 1 の結合の例
1 対 1 の属性結合と 1 対多の属性結合の例 ([すべてのターゲット フィーチャを保持する] をオン/オフにした場合) を示します。 この例では、1 対 1 の結合に、デフォルトのレコード、Occupants の合計、および Occupants の最大値が含まれています。

[現在のマップ範囲を使用] がオンの場合、現在のマップ範囲に表示されるフィーチャだけが解析されます。 オフの場合、ターゲット レイヤーと結合レイヤーのすべてのフィーチャが、現在のマップ範囲内になくても解析されます。

[結果をホスト フィーチャ レイヤー ビューとして作成] を使用すると、ソース データの変更に応じてデータを最新の状態に保つことができます。 結合が含まれるホスト フィーチャ レイヤー ビューは読み取り専用になり、解析とストレージのクレジットは消費しません。 統計情報が出力の一部として含まれている場合、ホスト フィーチャ レイヤー ビューに、統計情報を含む追加のテーブル レイヤーが含まれます。 ターゲット レイヤーの添付ファイルは、ターゲット レイヤーの添付ファイルが有効化されていて GlobalID フィールドが存在する場合は維持されます。 ホスト フィーチャ レイヤー ビューの詳細については、「制限事項」をご参照ください。

ヒント:

解析を実行して消費されるクレジットの量を確認するには、[クレジットの表示] をクリックします。

制限事項

[1 対 1 の結合] 操作が指定されている場合のみ、要約統計量が計算されます。

結合は、フィールド タイプが ObjectID であるフィールドを使用して作成することはできません。 ObjectID フィールドから取得された値を結合に使用する必要がある場合は、整数フィールドを作成し、ObjectID 値に基づいてそのフィールドを計算できます。

次のすべての条件を満たす場合、解析結果からホスト フィーチャ レイヤー ビューを作成できます。

  • 両方のレイヤーの所有者。
  • 両方のレイヤーがホスト フィーチャ レイヤー。
  • 属性結合を実行している。

結果をホスト フィーチャ レイヤー ビューとして保存する場合、[現在のマップ範囲を使用] は使用できません。

[フィーチャの結合 (Join Features)] ツールの詳細

方程式

標準偏差は、次の方程式を使用して計算されます。

標準偏差の方程式

ここで、

  • N = 観測数
  • xi = 観測データ
  • = 平均

計算

[1 対 1 の結合] 操作で使用されている指定の空間または属性リレーションシップを満たしているフィーチャに限り、統計情報が計算されます。 数値フィールドの統計情報のみを計算できます。 統計情報を追加すると、Join Count フィールドが追加されます。このフィールドには、ターゲット フィーチャごとに集計された一致するレコードの数が表示されます。 上記のテーブルでは、Type フィールドの [Apartments] の値に関して、Occupants フィールドで数値統計情報が計算され、Building_Name フィールドで文字列統計情報が計算されています。

数値統計情報タイプがアパートの入室者の結果

合計

130 + 8 + 250 = 388

最小

次のうちの最小:

[130, 8, 250] = 8

最大

次のうちの最大:

[130, 8, 250] = 250

平均

388/3 = 129.333

標準偏差

標準偏差
= 121.0014
注意:

すべての統計情報計算から NULL 値が除外されます。 たとえば、10、5、および NULL 値の平均値は 7.5 です ((10+5)/2)。

類似のツール

フィーチャの結合を使用して、空間および属性リレーションシップに基づき、一方のレイヤーまたはテーブルから他方のレイヤーまたはテーブルに属性を転送します。 その他のツールは、類似した少し異なる問題を解決するのに効果的です。

Map Viewer Classic の解析ツール

レイヤーへの情報付加ツールを使用して、ポイント、ライン、またはエリア データの位置情報に関連付けられた人々、場所、およびビジネスに関する人口統計データと景観データを提供します。

ArcGIS Pro の解析ツール

フィーチャの結合では、空間結合テーブルの結合要約統計量 ツールの機能を実行できます。