Skip To Content

集水域の作成

集水域の作成 [集水域の作成] ツールは、入力レイヤーの各ポイントの集水域を作成するツールです。

備考:

[集水域の作成] ツールはクレジットを消費しません。

ワークフロー図

[集水域の作成] ツールのワークフロー図

  • Nova Scotia Salmon Association は、大西洋サーモンの個体数を増やす試みに取り組んでいます。[集水域の作成] ツールを使用すると、選択したダムで魚道を建設すると、どのくらいの生息地からアクセス可能になるかを判断することができます。

    詳細なワークフローについては、「サケの移動のための河川の接続」レッスンをご参照ください。

  • 河川、湖沼、海、その他の水路につながっている雨水排水管が数多く存在し、雨水排水管への流入物が下流の地域で汚染物質となる可能性があります。[集水域の作成] ツールを使用すると、雨水排水管を流れる水がどこから来ているかを識別することができます。

    全体のワークフローについては、「ゴミや排水で海を汚さないで!」レッスンをご参照ください。

使用上の注意

1 つのポイント フィーチャを入力する必要があります。ポイントは、入力ドロップダウン メニューを使用して読み込むか、[描画] ツールを使用して作成することができます。集水域は、各ポイントに対して計算されます。

[最近隣の流出点までの距離を検索] を使用すると、排水ライン上に直接配置されていないポイントを訂正することができます。距離は、[マイル][ヤード][フィート][キロメートル]、または [メートル] を使用できます。入力ポイントの正確な場所を使用するには、検索距離をゼロに指定します。

結果は、集水域と調整された入力ポイントを含む 2 つのレイヤーです。集水域レイヤーには、ポイントと同じ属性および他の 4 つのフィールドが含まれています。

  • PourPtID - 入力ポイント フィーチャからの一意の ID フィールド。
  • Area Square Kilometers または Area Square Miles - 集水域の面積。エリア フィールドの単位は、プロファイル単位設定によって異なります。
  • Description - 解析で使用されるソース データベースを説明します。US30m は、米国本土を表す 30m NHDPlusV2.1、北緯 60 度と南緯 56 度の間にある地域およびカナダとアラスカにある北緯 60 度の一部の地域を表す 90m HydroSHEDS から派生したものです。
  • DataResolution - 解析に使用されたデータ ソリューション解像度。

[現在のマップ表示範囲を使用] をオンにすると、現在のマップ範囲のフィーチャのみを使用して集水域を計算します。オフの場合、入力レイヤーのすべてのフィーチャが、現在のマップ範囲内になくても解析されます。

制限事項

  • 入力フィーチャはポイント フィーチャでなければなりません。
  • 入力のフィーチャの上限は、1,000 です。

集水域の作成 の詳細

[集水域の作成] ツールは、ホストされたデジタル標高モデル (DEM) を使用して、集水域を作成します。使用される DEM の解像度は、解析の場所によって異なり、結果レイヤーの DataResolution フィールドに記録されます。

関連性のある集水域を得るには、入力ポイントが排水管路上に配置されている必要があります。[最近隣の排水管までの距離を検索] オプションを使用すると、入力ポイントを検索距離内の最近隣の排水管まで移動することができます。検索距離を指定しない場合、ツールは控えめな検索距離を計算して使用します。

解析目的の場合、排水管路は、標準的な水文解析モデルを使用して Esri によって事前に計算されています。検索距離内に排水管路がない場合、最も大きな累積流量を含む検索距離内の場所が使用されます。

類似のツール

排水管路沿いの 1 つ以上のポイントに基づいて上流の流出寄与域、つまり集水域を識別するには、[集水域の作成] を使用します。その他のツールは、類似した少し異なる問題を解決するのに効果的です。

Map Viewer解析ツール

ポイントから下流のフロー パスを識別しようとしている場合は、[下流解析] ツールを使用します。

ArcGIS Pro 解析ツール

[集水域の作成] は、水文解析ツールセットと類似の機能を使用して、完全なワークフローを実行します。